モリッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モリッシー
Morrissey-Alexander-Film-.jpg
基本情報
出生名 スティーヴン・パトリック・モリッシー
Steven Patric Morrissey
生誕 (1959-05-22) 1959年5月22日
出身地 イギリスの旗 イギリス
ジャンル オルタナティヴ・ロックインディ・ロック
職業 歌手作詞家詩人
担当楽器 ヴォーカル
活動期間 1977–present
共同作業者 ザ・スミスビリー・ジョー・アームストロング、スージー・スー、ダミアン・デンプシー
公式サイト Itsmorrisseysworld.com
モリッシー

モリッシーMorrissey 1959年5月22日 - )、本名スティーヴン・パトリック・モリッシーは、イギリス北部・マンチェスター出身のミュージシャンである。1980年代ザ・スミス1982年 - 1987年)のボーカリスト・詩人(作詞者)として活動する。サッチャー政権下で不況に喘ぐ若者たちに絶大なる人気を博した。バンド解散後は、ソロ活動を続けている。

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第92位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第30位[1]

来歴[編集]

ザ・スミス時代[編集]

ザ・スミス解散後[編集]

モリッシーはザ・スミス解体後、間を置かずソロでの制作を開始した。バンドの解散からわずか半年後にスミスのアルバム『ストレンジウェイズ・ヒア・ウィ・カム』のプロデューサー・スティーブン・ストリートと、ザ・ドゥルッティ・コラムのギタリストで同じマンチェスター出身のヴィニ・ライリーと共にアルバム『ビバ・ヘイト』をリリース。「憎悪万歳」というタイトルはザ・スミス末期の状況に言及したものである[2]。このアルバムは、チャート1位を獲得した。

ディスコグラフィー[編集]

*日付は英国での発売日を示す。「英」とはイギリスの「UK Albums Chart」の、「米」はアメリカの「Billboard 200」の、「日」は「オリコン・アルバムチャート」におけるチャートの最高位を示す。「ゴールド等認定」については、イギリスの「BPI」における記録である。

スタジオ・アルバム[編集]

アルバム ゴールド等認定・備考
1 1988 ビバ・ヘイト Viva Hate
  • 発売日:1988年3月14日
  • レーベル:HMV、Sire
1 48 65
  • ゴールド (10万枚)
  • アメリカでもゴールド認定 (50万枚)
  • ソロデビュー・アルバム
2 1991 キル・アンクル Kill Uncle
  • 発売日:1991年3月5日
  • レーベル:HMV 、Sire
8 52 58
  • シルバー (6万枚)
3 1992 ユア・アーセナル Your Arsenal
  • 発売日:1992年7月27日
  • レーベル:HMV 、Sire
4 21 71  
4 1994 ヴォックスオール・アンド・アイ Vauxhall and I 1 18 98
  • ゴールド
5 1995 サウスポー・グラマー Southpaw Grammar
  • 発売日:1995年8月28日
  • レーベル:RCA 、Sire
4 66 38
  • シルバー
6 1997 マルアジャスティッド Maladjusted 8 61 -  
7 2004 ユー・アー・ザ・クワーリー You Are the Quarry 2 11 140
  • プラチナ (30万枚)
8 2006 リングリーダー・オブ・ザ・トーメンターズ 

Ringleader of the Tormentors

  • 発売日:2006年4月3日
  • レーベル:サンクチュアリ
1 27 139
  • ゴールド
9 2009 イヤーズ・オブ・リフューザル Years of Refusal
  • 発売日:2009年2月17日
  • レーベル:Decca/Polydor,Attack/Lost Highway
3 11 110  
10 2014 ワールド・ピース・イズ・ノン・オブ・ユア・ビジネス〜世界平和など貴様の知ったことじゃない World Peace Is None Of Your Business
  • 発売日:2014年7月15日
  • レーベル:ハーヴェスト/キャピトル・ミュージック・グループ
2 14 74  

ライブ・アルバム[編集]

アルバム ゴールド等認定
1 1993 ベートーベン・ワズ・デフ Beethoven Was Deaf
  • 発売日:1993年5月10日
  • レーベル:HMV
13 - -  
2 2005 ライヴ・アット・アールズ・コート Live at Earls Court
  • 発売日:2005年3月29日
  • レーベル:サンクチュアリ
18 119 -  

コンピレーション・アルバム[編集]

アルバム ゴールド等認定・備考
1 1990 ボナ・ドラッグ Bona Drag
  • 発売日:1990年10月25日
  • レーベル:HMV 、Sire
9 59 74
  • デビュー・アルバムに収録されていない、初期の楽曲を中心に構成
  • シルバー
  • アメリカでは、ゴールド認定 (50万枚)
2 1995 ワールド・オブ・モリッシー World of Morrissey 
  • 発売日:1995年2月
  • レーベル:パーロフォン 、Sire
15 134 -  
3 1997 ザ・ベスト・オブ・モリッシー Suedehead: The Best of Morrissey
  • 発売日:1997年9月8日
  • レーベル:EMI
25 - -
  • Viva Hate から Vauxhall and I までの楽曲を集めたベスト盤
4 1998 My Early Burglary Years - - -
  • 米国内編集盤
5 2000 The CD Singles: '88- '91
  • 発売日:2000年6月19日
  • レーベル:EMI
- - -
  • シングル曲を集めた10枚組BOXセット
6 The CD Singles: '91- '95
  • 発売日:2000年9月17日
  • レーベル:EMI
- - -
  • シングル曲を集めた9枚組BOXセット
7 2001 The Best of Morrissey
  • 発売日:2001年11月6日
  • レーベル:ライノ
- - -  
8 2008 モリッシー★グレイテスト・ヒッツ Greatest Hits
  • 発売日:2008年2月17日
  • レーベル:デッカ
5 178 221
  • 新曲2曲を含むヒット・シングル集

映像作品[編集]

  • ヒューメリスト HULMERIST  (1990年
  • シング・ユア・ライフ Sing Your Life  (1991年
  • ザ・マラディー・リンガーズ・オン The Malady Lingers On  (1992年
  • ライヴ・イン・ダラス Live In Dallas  (1993年
  • イントロデューシング・モリッシー Introducing Morrissey  (1996年
  • オイ・エステバン Oye Esteban  (2000年
  • フー・プット・ジ M イン・マンチェスター? Who Put the M in Manchester? (2005年

コラボレーション[編集]

他ミュージシャンへの評価[編集]

モリッシーは、その知名度に、他ミュージシャンへの批評で知られる。

「横柄なセックス・ピストルズは、調子っぱずれの音楽とかろうじて聴き取れる歌詞にもかかわらず、ライヴを観に来たわずかな客を会場の通路で踊らせた。ぼくは彼らが成功するのを見たい。成功すれば、彼らもあの“ベッドから抜け出したような小汚い衣装”を買い換えることができるのではないだろうか?」

「ザ・キュアーは『クソ』という言葉の新たな代名詞」で、ロバート・スミスについて「文句ばかり言うやつ」と非難した。

(音楽トーク番組『エイト・デイズ・ア・ウィーク』において)「ジョイ・ディヴィジョンはそこまで意識してたバンドってわけでもなかったんだけど、今は彼らの良さがわかるよ」

VH1の視聴者投票で、U2の『One』が、2位のスミスの『How Soon Is Now?』を破って英国最高の歌詞に選ばれたことについて、マンチェスターで行われたコンサートで、「新聞によるとソングライターとしての才能は僕よりボノが上だとさ。まぁ、彼はすごいのかもな。でも誰が本気でそう思ってるんだろう?」と辛辣に言い放っている。

「彼らの洗練されたナンセンスは、彼らがどれほど浮かれて想像力に欠けているかを強調することに成功している」

「彼は常に全力で自分の私的な生活について話してくる。誰も興味を持っていないのに。どこかに行ってしまえばいいと思う」「エルトン・ジョンの生首を僕に献上してくれ……これは唯一、非『ミート・イズ・マーダー』的行為だ。もし彼の首が皿に乗って供されればね」

「マドンナはすべてをバカげた不快なものにする力がある。どうしようもない程に女らしい。マドンナは他の何よりも管理売春に近い存在だ」

「彼らは俺にはとっても退屈なんだ。ノエルに神の御加護を。あいつは『ボブズ・フル・ハウス(イギリスのクイズ番組)』にいつでも出れそうだけど、もう少し反抗や怒りのある何かを彼には求めているよ」

「現在サイはほぼ絶滅しそうだが、これは地球温暖化や生息地の縮小のせいじゃない。ビヨンセのハンドバックが原因だ」

「ザ・ラモーンズは、意義や重要性が皆無であり、何も言うことはないし、さっと綺麗に忘れ去られるべきだ」(ただし、モリッシーは後述の通り、好きなアルバムにラモーンズを挙げており、ライヴでもカヴァーしている)

(文通相手に対して)「驚きはしないが、本当にケイト・ブッシュのことが良いと思うのか? 俺が彼女について最も良いと思うところといったら、我慢できないところだ。あの声! あんなのはゴミだ! 坊やもいずれわかるだろう」

「エアロスミスは、ストーンズを年金暮らしにさせるインパクトと冬を越えるまでバンドが続くための濃いメイクが特徴だが、アメリカのダンス・シーンのバンドの一つに過ぎない。彼らの音楽はごちゃごちゃした混乱の類で、ヴォーカルのスティーヴン・テイラーは、マイクで歯を磨こうとしているようにしか聴こえない」

(亡くなったプリンスに対して)「プリンスは長年のヴィーガンであり、畜殺場の全廃を強く訴えてきた提唱者だ」「エリザベス2世よりずっと『ずっと王家らしく気高い』存在であり、彼女よりはるかに哀悼されるだろう」

(自身がアークティック・モンキーズの成功を批判したことを批判された際に)「<South By Southwest>でアークティック・モンキーズについて語ったことが、NMEやThe Timesで手厳しく報道されたのは遺憾だ。僕はアークティック・モンキーズをとても気に入ってるし、あの発言は親切心から懸念を口にしただけなんだ。何であれ、彼らの成功を突然すぎるとか、何の下積みもないってことを僕が言うのは間違ってた。スミスにも全く同じことが起こったんだからね。僕が言うべきことじゃない」

(亡くなったリードに対して)「ルー・リードの死に対する悲しみを表す言葉はない。 彼は僕の生涯ずっとそこにいたんだ。彼はこれからも僕の心に迫り続けるだろう」

「彼が歯も磨かずに、普段着のままステージに上がる姿はかっこいいと思う。僕には絶対そんなこと出来ないからね」「マイケルの声はとても田舎じみたジョン・デンバーのようだ。実際彼の本名は『ジョン』だった」

人物[編集]

関連書籍[編集]

日本公演[編集]

1991年

  • 8月27日 福岡 サンパレス
  • 8月28日 大阪 大阪城ホール
  • 9月1日 名古屋 センチュリーホール
  • 9月2日 東京 日本武道館
  • 9月3日 神奈川 横浜アリーナ

1995年

  • 12月13日 東京 新宿リキッドルーム
  • 12月14日 神奈川 クラブチッタ川崎
  • 12月16日 東京 恵比寿ガーデンホール
  • 12月17日 東京 東京ベイNKホール

2002年

  • 8月17日 大阪 サマーソニック・フェスティバル
  • 8月18日 東京 サマーソニック・フェスティバル

2012年 <Morrissey Japan Tour 2012>

  • 4月19日 仙台 Zepp Sendai
  • 4月21日 川崎 Club Citta’
  • 4月23日 東京 Zepp Tokyo
  • 4月24日 東京 Zepp Tokyo
  • 4月26日 福岡 Zepp Fukuoka
  • 4月27日 広島 Blue live
  • 4月30日 大阪 Zepp Namba
  • 5月2日 名古屋 Zepp Nagoya
  • 5月3日 東京 恵比寿ガーデンホール

脚注[編集]

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ Viva Hate - Morrissey | AllMusic
  3. ^ Interlude (Morrissey with Siouxsie)”. Passionsjustlikemine.com. 1-09-2018時点のオリジナルよりアーカイブ。21-08-2018閲覧。
  4. ^ https://nme-jp.com/news/75601/

参考文献[編集]

外部リンク[編集]