ジョニー・マー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョニー・マー
Johnny Marr
Johnny Marr University of Salford 2012 crop.jpg
2012年
基本情報
出生名 John Martin Maher
生誕 (1963-10-31) 1963年10月31日(53歳)
イングランドの旗 イングランドマンチェスター
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
インディー・ポップ
職業 ミュージシャン
作曲家
ギタリスト
担当楽器 ギター
ヴォーカル
ハーモニカ
キーボード
ピアノ
ハーモニウム
マンドリン
シンセサイザー
活動期間 1982年-
レーベル Various
共同作業者 ザ・スミス
エレクトロニック
ジョニー・マー&ザ・ヒーラーズ
モデスト・マウス
ザ・ザ
ザ・クリブス
公式サイト http://johnny-marr.com/
ジョニー・マー

ジョニー・マー(Johnny Marr、1963年10月31日 - )はイギリスギタリストマンチェスター生まれ。身長173cm。

オアシスノエル・ギャラガーや元スウェードバーナード・バトラーなどといった多くのギタリストに影響を与えた。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第51位。

略歴[編集]

アイルランド系移民の子として生まれる[1]。両親はアイルランドキルデア州出身である。

マーク・ボランロリー・ギャラガーパティ・スミスらの影響を受けながらミュージシャンとしてのキャリアを積み[2][3]1982年ザ・スミスを結成。

ザ・スミスは英国内で絶大な人気を獲得したが、人気絶頂の最中であった1987年にバンドを脱退。結果としてザ・スミスは解散してしまう。

その後も活動を続け、1987年末にプリテンダーズに在籍してツアーに参加し[4]1989年から1993年までザ・ザのメンバーとなり1989年の『Mind Bomb』[5]、1993年の『Dusk』[6]と2枚のアルバムに参加している。

1989年にはニュー・オーダーバーナード・サムナーとスーパーグループエレクトロニックを結成する。ペット・ショップ・ボーイズニール・テナントらを迎えてシングルを出すほか1990年代に3枚のアルバムを発表した[7]

その他セッション・ミュージシャンとして、楽曲提供者として、プリテンダーズ、ペット・ショップ・ボーイズ、ビリー・ブラッグブラック・グレープベックオアシスらと活動している。

またその後2000年には、リンゴ・スターの息子ザック・スターキーや解散中であったクーラ・シェイカーのベーシストなどとジョニー・マー&ザ・ヒーラーズも結成し、プロデュース業も数多くこなしている。

2006年米国のロックバンド、モデスト・マウスのレコーディングに参加しアイザック・ブロックとも曲の共作を行ったことをきっかけに[8]、正式メンバーとして加入しライブにも参加することが発表された[9]。同時に、オレゴン州ポートランドに移住している。

2008年、英国のジャーマン三兄弟によるロックバンド、クリブスに正式に加入した。マーがこのバンドのファンであり、互いに曲のアイデアを交換しているうちに、結局バンドに加わるようになった。2009年のアルバム『Ignore The Ignorant』にも参加した[10]

2010年公開のクリストファー・ノーラン監督の映画『インセプション』において、ハンス・ジマー作曲のサウンドトラックでギタリストとして参加。

2013年、1stソロアルバム『ザ・メッセンジャー』発売。

2014年、2ndソロアルバム『プレイランド』発売。

プレイスタイル[編集]

ソングライター志向の彼は「ギタリストはあくまで伴奏者である」というポリシーを持つ。テクニックをひけらかすのではなく、曲に相応しいフレーズさえ弾けば良く、無駄な音は一音たりとも弾くべきではない、とのこと。流麗なバッキングリフはメロディラインとは別な旋律を奏でており、彼の「ギター1本でフィル・スペクターを演奏する」という意気込みを文字通り体現するかのようなギタープレイである。また、「ハウ・スーン・イズ・ナウ」のようなエフェクティヴなプレイに於いても才能を見せつけ、非常に引き出しの多いプレイヤーでもある。一言で言えば、様々なアイデアをギターによって表現することに長けたミュージシャンである。

ディスコグラフィー[編集]

発言集[編集]

  • 作曲について
「曲を書くことはそんな難しいことじゃない。それが仕事だからね」
  • ギタリストとしての成功について
レス・ポールが言っていたけど、ラジオで流れている自分のプレイを母親が聴いてそれが息子のだと分かるようになれば、ギタリストとしては一人前だと。僕もそれでいいんだと思うよ」
「今振り返ってみればいくつかいい曲もあるけど、ほとんどがクソだね。ザ・ジャムなんかクソだった。ちょうど僕が自分のプレイについてまじめに考え始めた時期だけど、連中ときたらいかにヘタクソに曲を演奏するかを競い合っているような感じだった。ほとんど得るものはなかったね」

 「真に革新的な人なら誰でも、取り入れたものに対して自分なりの“捻り”を加えるだろうし、そうしてこそ、それらのものは新しく生まれ変わるんだ。」

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Johnny Marr: Marr's attacks”. The Independent (London). (2003年10月1日). http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/features/johnny-marr-marrs-attacks-601125.html 2010年3月27日閲覧。 
  2. ^ Johnny Marr: The Music That Made Me”. billboard.com (2013年2月23日). 2015年2月3日閲覧。
  3. ^ JOHNNY MARR PLAYS RORY GALLAGHER’S STRAT”. Fender (2013年2月28日). 2015年2月3日閲覧。
  4. ^ Strong, Martin C. (2000). The Great Rock Discography (5th ed.). Edinburgh: Mojo Books. pp. 767–769. ISBN 1-84195-017-3
  5. ^ Mind Bomb - The The | AllMusic
  6. ^ Dusk - The The | AllMusic
  7. ^ Electronic | AllMusic
  8. ^ Isaac Brock Collaborating With Johnny Marr
  9. ^ Rolling Stone: Rock Daily Exclusive: Modest Marr!
  10. ^ Cribs announce new album title and tracklisting - video”. 2010年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]