マーク・ボラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーク・ボラン
Marc Bolan
Marc Bolan Truck Off 1974 by Ian Dickson.jpg
1974年のUKツアーより
基本情報
出生名 Mark Feld
生誕 (1947-09-30) 1947年9月30日
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドンハックニー
死没 (1977-09-16) 1977年9月16日(29歳没)
ロンドン・バーンズ
ジャンル グラム・ロック
ハード・ロック
サイケデリック・ロック
フォーク・ロック
ポップ・ロック
職業 ミュージシャンシンガーソングライターギタリスト
担当楽器 ギターボーカルベースシンセサイザーパーカッションオルガン
活動期間 1965年 - 1977年
レーベル A&M
EMI
リプリーズ
マーキュリー
共同作業者 T・レックス
ジョンズ・チルドレン
著名使用楽器
ギブソン・レスポール
ギブソン・フライングV
フェンダー・ストラトキャスター

マーク・ボランMarc Bolan(ボランBolanは、ボブ・ディランBob Dylanを短縮した造語)、1947年9月30日 - 1977年9月16日)は、イングランド出身のロックミュージシャンシンガーソングライター。本名マーク・フェルドMark Feld)。

ロックバンドT・レックス」 のボーカルギタリスト1970年代に流行した音楽ジャンル「グラムロック」の代表的アーティストとして活躍した。2020年、同バンド名義で「ロックの殿堂」入り[1]

履歴[編集]

盟友ミッキー・フィン

1947年ロンドンで生まれる。父親はロシア/ポーランド系のユダヤ人(アシュケナジム)であった[2]

1965年ソロデビュー。1967年ジョンズ・チルドレンにギタリストとして加入するも、3か月で脱退。その後、スティーブ・ペレグリン・トゥックとアコースティック・デュオ「ティラノザウルス・レックス」を結成。

後に、パートナーをミッキー・フィンに変えてエレクトリック路線に変更し、1970年に「T・レックス」に改名してからヒット曲を連発。1970年代に、グラム・ロックムーヴメントの第一人者として活動する。代表曲には「ゲット・イット・オン」「メタル・グゥルー」「チルドレン・オブ・ザ・レボリューション」「イージー・アクション」「20センチュリー・ボーイ」「ザ・グルーバー」「トラック・オン」「ライト・オブ・ラブ」などがある。

1977年9月16日、ロンドン郊外のバーンズにおいて自動車事故で世を去った。自動車愛人のグロリア・ジョーンズ(はジューン・チャイルド)が運転しており、ボランは助手席に乗車していた[3]。事故は車が大破するほど大きかった。ボランの死の状況については様々な説が流布したが、2015年9月17日付の英国ガーディアン紙は「ボランは即死」(Marc Bolan was killed instantly)[4] と記述し、流説を明確に否定した。なお、グロリア・ジョーンズも、あごの骨折と顔面にかなりの負傷を負っている。

オカルトに凝っていた時期があり、また「僕は30歳まで生きられないだろう」と冗談めかして語っていたと言う話は有名である。結果的に彼が亡くなったのは、30歳の誕生日の2週間前であった [1]

その他[編集]

  • 日本のロックバンド・筋肉少女帯の楽曲「電波Boogie」(アルバム『サーカス団パノラマ島へ帰る』収録)の歌詞に、伝聞形ではあるがボランが登場している。
  • グロリアとの間には一人息子のロラン・ボランがいて、彼もミュージシャンとして活動している。ボランの遺産は、正妻のジューン・チャイルドが相続したために、グロリアとロランには何も残されなかったが、ボランの友人だったデビッド・ボウイがロランのために援助することを表明していた。
  • 最晩年の1977年には自身が司会を務めるTV番組「Marc」がスタートし、当時のイギリスの人気アーティストが数多く出演した。合計6回分が収録されたが、第4回の放映から2日後にマークは交通事故死した。ちなみに最終回にはデヴィッド・ボウイが出演し、番組の最後は彼とマークが共に演奏し、ボウイが歌い出そうとする途中で終わるというものだった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロックの殿堂、今年の殿堂入りアーティストが決定”. SPICE (2020年1月16日). 2020年5月10日閲覧。
  2. ^ Paul Du Noyer on Marc Bolan of T.Rex”. Pauldunoyer.com. 2017年6月28日閲覧。
  3. ^ マーク・ボランの元恋人、T・レックスの殿堂入り決定直前にボランが夢に現れる”. BARKS (2020年1月17日). 2020年5月10日閲覧。
  4. ^ http://www.theguardian.com > ... > Pop and rock

参考[編集]

外部リンク[編集]