ラフ・トレード・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフ・トレード・レコード
設立 1978
設立者 Geoff Travis
ジャンル ポストパンクオルタナティブロック、レゲエ、アフリカ、フリージャズ、パンク
イギリスの旗イギリス
本社所在地 ロンドン
公式サイト http://www.roughtraderecords.com

ラフ・トレード・レコード(Rough Trade Records)は、イギリスインディペンデントレコード・レーベルである。

ジェフ・トラヴィス(Geoff Travis)が1976年にロンドン西部に開店したラフ・トレード・ショップを母体として1978年に創設され、1982年にショップから独立した。アルバム"Meat Is Murder"が全英アルバムチャートの1位を記録するなど複数のヒット作を放ったザ・スミスがグループを解散するまでレーベルの財政を支えていた。[1] 1991年に破産し活動休止を余儀なくされたが2000年に再開。2007年7月にはサンクチュアリ・レコードが保有していたラフ・トレード株をベガーズ・グループが買収し、同グループの傘下に入った。

ラフ・トレードは、1970年代後半から1980年代前半にかけてヨーロッパポストパンクオルタナティブ・ロックのアーティストを中心にリリースしていたが、以降は、フリージャズレゲエ、アフリカ等のアーティストもリリースした。初期に在籍していたアーティストにヤング・マーブル・ジャイアンツスクリッティ・ポリッティ、日本のプラスチックスらがいた。また、レーベル最初のLPはスティッフ・リトル・フィンガーズのデビューアルバム「インフレーマブル・マテリアル」である。

ジェフ・トラヴィスは後に、ワーナー・レコードと共同でブランコ・イ・ネグロ・レコードを立ち上げている。

アーティスト[編集]

現在のアーティスト
過去に在籍した主なアーティスト

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「ザ・スミス・ストーリー 心に茨を持つ少年」