ダンスロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダンスロック
現地名 Dance-rock
様式的起源
文化的起源 1970年後期 - 1980年初期のアメリカとイギリス
使用楽器
派生ジャンル
関連項目
テンプレートを表示

ダンスロック (Dance-rock) は、リズム・アンド・ブルースの影響がわずかなポップ・ロックポスト・パンクと結び付いたポスト・ディスコの一ジャンルである。パンク・ロックディスコの人気低下後の1980年代前半に発祥した[2]

初期のダンスロックの例として、ジーナ・エックス英語版の「NO G.D.M.」[3]ラス・バラード英語版の「オン・ザ・リバウンド」[4]ダイナソーL英語版リキッド・リキッドをはじめとしたアーティスト[5]、2000年に発売されたコンピレーション・アルバム『Disco Not Disco』[6][7]が挙げられる。

定義[編集]

マイケル・キャンベルは、著書『Popular Music in America』で、ダンスロックについて「ポスト・パンクポスト・ディスコの融合」と定義している。また、キャンベルはロバート・クリストガウの言葉を引用し、「1980年代に様々なDJが包括的な用語として使用していたダンス志向のロック」ともしている[8]

一方で、オールミュージックはダンス・ロックについて「フィリー・ソウルディスコファンクの影響を受け、それぞれのスタイルをロックやダンスと融合させ、1980年代および1990年代にロック・ミュージシャンによって演奏された音楽」と定義し、その例としてローリング・ストーンズデヴィッド・ボウイデュラン・デュランシンプル・マインズINXSユーリズミックスデペッシュ・モードザ・クラッシュニュー・オーダーディーヴォを挙げている[9]

歴史[編集]

ダンスクラブでは「ロック・ミュージックがディスコに取って代わる」と予想されていたが、代わりにポスト・ディスコニュー・ウェイヴに加え、ポスト・ディスコが混在していた。ほどなくして、ダンス・ロックの第1陣として、ニュー・オーダープリンスヒューマン・リーグブロンディトム・トム・クラブ、ディーヴォ、ダリル・ホール&ジョン・オーツトンプソン・ツインズヘアカット100ABCデペッシュ・モードスパンダー・バレエが登場した[2]

1981年にクラフトワークはアルバム『コンピューター・ワールド』を発売してR&Bの聴衆を獲得し、アフリカ・バンバータの「プラネット・ロック英語版」やエレクトロ全般に影響を与えており、多数のクロスオーバーが生み出された[10]。時を同じくして、ダンスロックやポスト・ディスコへの関心が高まったことにより、12インチシングル盤やEP盤の人気にも繋がった[2]

その後ダンス・ロックは、ガービッジノー・ダウトロビー・ウィリアムズシザー・シスターズヤング・ラヴ英語版フランツ・フィルディナンドアークティック・モンキーズカサビアンザ・キラーズをはじめとしたオルタナティヴ・ロック・ミュージシャンに影響を与えた[9]

主なダンスロック・ミュージシャン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Modell, Josh (2014年10月13日). “Dudes on 'ludes: 15 bands named after drugs that aren't weed”. The A.V. Club. 2021年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c “The Music Steps Beyond Disco: Where The Beat Meets The Street/Danceable Rock Generates First Bevy of Crossover Stars”. Billboard (94). (19 Jun 1982). ISSN 0006-2510. 
  3. ^ “The Fader, Issues 14-15”. The Fader (Fader, Incorporated): 38. (2002). https://www.google.com/books?id=Y2-fAAAAMAAJ&q=No+GDM+gina+X++post-disco+++The+Fader&dq=No+GDM+gina+X++post-disco+++The+Fader. "[the] classic post-disco track "No GDM" by Gina X" 
  4. ^ Barnet Dogs - Russ Ballard | Songs, Reviews, Credits”. AlMusic. All Media Network. 2021年6月2日閲覧。
  5. ^ Fink, Robert (2005). Repeating Ourselves: American Minimal Music As Cultural Practice. University of California Press. p. 26. ISBN 978-0-520-24550-1. https://archive.org/details/repeatingourselv0054fink 
  6. ^ Disco Not Disco - Joey Negro | Songs, Reviews, Credits”. AlMusic. All Media Network. 2021年6月2日閲覧。
  7. ^ Battaglia, Andy (2008年). “Album Reviews: VA - Disco Not Disco (Post-Punk, Electro & Leftfield Disco Classics)”. Pitchfork Media. 2021年6月2日閲覧。
  8. ^ Campbell, Michael (2008). Popular Music in America: And the Beat Goes On. Cengage Learning. p. 359. ISBN 978-0-495-50530-3 
  9. ^ a b c d e f g h Dance-Rock Music Overview - オールミュージック. 2021年6月2日閲覧。
  10. ^ Hogan, Marc (2012年12月20日). “Kraftwerk Win Bizarre Sampling Lawsuit in Germany: ‘Planet Rock’ for All”. SPIN. 2021年6月2日閲覧。