シザー・シスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シザー・シスターズ
Scissor Sisters -Fuji Rock Festival, Japan-31July2010.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
ジャンル グラムロック
ポップ
ディスコ
オルタナティヴ・ロック
エレクトロニカ
エレクトロクラッシュ
活動期間 2001—現在
レーベル ポリドール・レコード
ユニバーサル・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
ジャイヴ・レコード
ノンサッチ・レコード
モータウン
公式サイト www.scissorsisters.com
メンバー ジェイク・シアーズ
ベイビーダディ
アナ・マトロニック
デル・マーキー
ランデイ・リアル
旧メンバー パディー・ブーム
シザー・シスターズ

シザー・シスターズSCISSOR SISTERS)は、アメリカニューヨーク出身のバンドである。どちらかといえば本国アメリカよりイギリスでの人気を誇る。

概要[編集]

ジェイクとベイビーダディが出会い、一緒に曲を書き始める。その後、ジェイクとアナがハロウィンパーティで出会う。

2001年、アナの経営するゲイバーで初ライブを行う。デルとパディーが加わり、5人編成のバンドとして活動を開始し、地元ニューヨークのインディレーベルからデビューを果たす。ニューヨークはアメリカの中でもゲイに対して寛容な地域であり、それが彼が彼らの音楽性を存分に発揮できた理由でもある。

活動の拠点としてきたクラブやダンスフロアが9.11の影響で次々に閉鎖されてしまうも、ロンドン公演の機会を得て、それがきっかけでイギリスでメジャーデビューすることとなる。

2004年1月、デビュー・アルバム『シザー・シスターズ』発表した。イギリスでは250万枚以上のセールスを記録し、2004年のUKアルバムのトップ・セラーとなった。

2005年に初来日を果たす。 フジロック・フェスティバルにおいては2006年のWHITE STAGEのトリ、2010年にはスペシャルゲストとしてGREEN STAGEのクロージング・アクトを務めている。

同性愛者としてのアイデンティティを存分に発揮した音楽性、ステージパフォーマンスは特に欧米各国で賞賛と議論の嵐となっている。9月にゲイのメッカであるサンフランシスコで行われたライブは即日ソールドアウト、追加公演ももちろん完売と大盛況であった。

2012年10月24日、ロンドンでのライヴ後、シザー・シスターズは無期限の活動休止を宣言した。

メンバー[編集]

  • ジェイク・シアーズ(Jake Shears)(ヴォーカル)
  • アナ・マトロニック(Ana Matronic)(ダンサー/シンガー)
  • ベイビーダディ(Babydaddy)(マルチ・インストゥメンタリスト)
  • デル・マーキー(Del Marquis)(ギター)
  • ランディ・リアル(Randy Real)(ドラム)

メンバー5人のうちジェイク、ベイビーダディ、デルの3人がゲイ、アナはバイセクシャルである。

旧メンバー[編集]

  • パディー・ブーム(Paddy Boom)(ドラム *2008年暮に脱退)

ディスコグラフィ[編集]

  • シザー・シスターズ- SCISSOR SISTERS (2004年)- 全英1位、全米102位
  • ときめきダンシン-TA-DAH (2006年)- 全英1位、全米19位
  • ナイト・ワーク-NIGHT WORK (2010年)- 全英2位、全米18位
  • マジック・アワー-MAGIC HOUR (2012年)- 全英4位、全米35位

日本公演[編集]

2月25日 東京UNIT、26日 大阪CLUB QUATTRO
7月29日 新潟フジロック・フェスティバル
1月25日 東京Zepp Tokyo、27日 神奈川横浜BLITZ
28日 愛知クラブダイアモンドホール、29日 大阪なんばHatch
8月1日 新潟フジロック・フェスティバル
2月8日 大阪なんばHatch、9日 東京Zepp Tokyo、10日 東京ageHa@STUDIO COAST
9月19日 東京ageHa@STUDIO COAST、20日 大阪 OSAKA BIG CAT

外部リンク[編集]