横浜BLITZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜BLITZ
Yokohama BLITZ (July 20th,2013).jpg
(2013年撮影)
情報
正式名称 横浜BLITZ
開館 2004年11月14日
開館公演 横浜BLITZ Opening Special Live TBS Presents One day PaniCrew
閉館 2013年10月14日
最終公演 クレイジーケンバンド
「"ありがとう yokohama BLITZ" CRAZY KEN BAND SHOW」
収容人員 1,700人
用途 コンサート
運営 TBSテレビ
所在地 横浜市西区みなとみらい5-1-3
位置 北緯35度27分39.8秒 東経139度37分36.8秒 / 北緯35.461056度 東経139.626889度 / 35.461056; 139.626889座標: 北緯35度27分39.8秒 東経139度37分36.8秒 / 北緯35.461056度 東経139.626889度 / 35.461056; 139.626889
アクセス 横浜高速鉄道みなとみらい線新高島駅下車(3番出口)すぐ
横浜駅東口より徒歩約7分
公式サイト BLITZ
横浜BLITZの外観
(反対側の歩道より2007年に撮影)

横浜BLITZ(よこはまブリッツ)は、神奈川県横浜市西区みなとみらい五丁目のGENTO YOKOHAMA内でかつて運営されていた、主に音楽ライブを開催するTBSテレビ運営のライブハウスである。2013年10月14日をもって閉鎖となった[1]

概要[編集]

東京放送(現:東京放送ホールディングス)は、東京都港区赤坂の自社保有地内にて赤坂BLITZを運営していたが、赤坂サカス再開発事業により2003年に閉鎖となったため、再開発工事期間中の代替施設として開業したのが本施設である。

2004年11月14日にオープン。杮落しは、PaniCrewのライブである(ちなみに、オープン直前の11月7日木村カエラCD発売イベントが行われた)。赤坂BLITZ時代に続いて、アサヒビールがサポートを行っている。

赤坂BLITZは2008年3月14日にリニューアル・オープンとなったが横浜BLITZも引き続き営業、2009年4月からは東京放送が放送持株会社制に移行する事に伴い、運営が同社が分割した文化事業を引き継いだTBSテレビに移管した。

入居している建物のGENTO YOKOHAMA横浜みなとみらい21中央地区53街区)は原則10年間の暫定施設であり借用期限は2014年11月となっていたが[2]、当会場はこれより約1年前の2013年10月14日をもって閉鎖することとなり(賃貸契約満了)、ラストはクレイジーケンバンドのライブ「"ありがとう yokohama BLITZ" CRAZY KEN BAND SHOW」で約9年の歴史に幕を閉じた[3]

なお、GENTO YOKOHAMA自体も、2015年1月25日に結婚式場の「ベイサイド迎賓館・ベイサイドガーデンクラブ」を除き営業を終了した。

施設[編集]

  • 収容人員は1Fをオールスタンディングで使用した場合、最大1,700人である。
    1Fはスタンディングで1,400人、着席で548人、2Fは着席で300人収容である。
  • 日本のライブハウスで初めてサラウンド音響システムを導入した。
  • 最寄り駅は、横浜高速鉄道みなとみらい線新高島駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]