横浜ジャックモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜みなとみらい21 > 横浜ジャックモール
横浜ジャックモール
右側がウエスト棟
右側がウエスト棟
店舗概要
所在地 220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4
座標 北緯35度27分32.1秒 東経139度37分46.1秒 / 北緯35.458917度 東経139.629472度 / 35.458917; 139.629472座標: 北緯35度27分32.1秒 東経139度37分46.1秒 / 北緯35.458917度 東経139.629472度 / 35.458917; 139.629472
開業日 1999年平成11年)10月14日開業
閉業日 2012年(平成24年)9月30日
店舗数 17店
営業時間 店舗により異なるが、10時開店が多く、20時 - 21時には閉店する店舗が多い。
商圏人口 300万人
最寄駅 新高島駅(徒歩約5分)
最寄IC みなとみらい出入口
グランモール公園の両端にかつて当施設があった(2011年12月15日撮影)
夜のジャックモール(2012年9月30日、閉館日撮影)

横浜ジャックモール(よこはまジャックモール、英称YOKOHAMA Jackmall)は、神奈川県横浜市西区みなとみらい地区(45・46街区)にかつて存在した商業施設土地の貸し出しによる暫定施設として1999年平成11年)10月14日に開業後、2012年(平成24年)9月30日に全館で営業を終了している。

概要[編集]

衣・食・住・遊をテーマとした、大型専門店とレストランから構成されるショッピングモール。「グランモール」と呼ばれる遊歩道型公園の両側(左右)に、イースト棟とウエスト棟(各2階建て)を配していた。イメージキャラクターは、トランプの精「ジェイくん」。施設名称は横浜三塔に由来する。

バブル崩壊などの影響により、みなとみらい地区の開発計画が頓挫したことから、土地の貸し出しによる暫定利用事業として1999年9月に完成した。地権者は日本郵船横浜共立倉庫清水建設が建設・運営している。原則10年後に更地にして返還する計画であり、当初は2009年10月に閉館する予定であったが、経済的要因などにより当面営業継続となった[1]。最終的には約3年間延長されて2012年9月30日に営業を終了した[2][3]

当施設にあった一部テナントは、2013年6月に開業した三菱地所による商業施設「MARK IS みなとみらい」(34街区)に再オープンしている[3]

テナント(営業時点)[編集]

以下は閉館時(2012年9月30日時点)に存在したテナントである。詳細は公式サイト「ショップのご案内」も参照。

イースト棟(45街区)

ウエスト棟(46街区)

撤退テナント[編集]

以下にかつて存在したテナントを列挙する。

跡地の再開発[編集]

跡地ではそれぞれ恒久施設の開発が行われている。45街区(東エリア)では三菱地所により企業向けの宿泊・研修施設「MUFG グローバルラーニングセンター」(三菱UFJフィナンシャル・グループ所有・高さ約43mの地上8階建て、延床面積約35,000m2)が計画され、2015年2月に完成している[4]。一方、46街区(西エリア)では清水建設によりオフィスを中心に商業店舗(低層部)等から構成された複合ビル「横浜アイマークプレイス」(高さ約65mの地上14階建て、延床面積約97,509m2)が計画され[5]2014年3月に完成している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]