トイザらス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ・ジョージア州のトイザらス郊外型店舗
マスコット「ジェフリーJr.」
岐阜市マーサ21にて)

トイザらスToys“R”Us) は、世界展開している玩具大型量販店チェーンストアである。

正式な英語表記は「Toys“R”Us」である。ただし、ウェブサイト等では「Toys"R"Us」と表記することもある。看板などのロゴは「TOYSЯUS」表記だが、2007年のロゴ刷新までは「TOYS“Я”US」だった。

社名は日本語でも英語でもよく間違われ、「トイザラス」「Toysarus」などが多い。

略史[編集]

アメリカワシントンで子供家具・洋品店を運営していたチャールズ・ラザラスが玩具専門コーナーを設けたことに始まる。社名はそのラザラスの名前とおもちゃを意味する英語・トーイから絡ませた。その後世界各地に店舗を誘致するようになる。2005年、米投資会社コールスバーグ・クラビス・ロバーツに買収された。

2012年10月21日から全米で子供向けタブレットの「タビオ(en:Tabeo)」を発売した[1]

社名・ロゴ[編集]

社名は"Toys are us."(おもちゃのことなら私たちに)の意味。なお"We are toys"にしなかったのは、創業者の姓の「ラザラス(Lazarus)」(ユダヤ系)に発音が近かったからという俗説もある。

ロゴでは R の字が左右逆になっているが、これはアルファベットを習いたての子供が R を間違って Я のように左右逆に書いてしまうことがあるところにならったもの[2]

TOYS“Я”USと書かれたロゴは1977年に採用された。2000年(日本では2001年4月)には、“Я”の背景に青い星型(★)が描かれた「スターロゴ」が採用された。

2007年に採用されたロゴでは、星がなくなり、かわりに、Яの色が黄色から(以前の星の色だった)青になり、Яの穴の部分が星型になった。また、Яの前後のクォーテーションマークがなくなった。文字の大きさは、ほぼ同じだったのがばらばらになった(特にЯが大きい)。新ロゴへの切り替えは同年10月から順次行われた。

日本では、日本法人設立に携わった藤田田が設立に際し、「R」だけを反転させた表記に倣って、「ら」だけをひらがなにした日本語表記を考案、命名した。2006年6月現在、日本トイザらスのウェブサイトなどでは、日本法人に対しては「ら」を平仮名で「トイザらス」と、アメリカ法人に対しては「ラ」を片仮名で「トイザラス」と表記している。

なお、かつての日本では片仮名で「トイズ・アール・アス」と表記されていた[3]

国際展開[編集]

トイザらスToys "R" Us, Inc. )は、アメリカ合衆国で848店舗、同国外の33カ国では、約700店舗[4]のトイザらスのフランチャイズを展開する。

ドイツのトイザらス

日本での展開[編集]

日本トイザらス株式会社
Toys "R" Us-Japan, Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 7645 2010年2月20日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
212-8566
神奈川県川崎市幸区大宮町1310番地
ミューザ川崎セントラルタワー[5]
設立 1989年11月21日[5]
業種 小売業
事業内容 おもちゃ販売
代表者 モニカ・メルツ(代表取締役社長[5]
資本金 1,000万円[5]
売上高 1,679億7,700万円(2010年1月期)
営業利益 20億200万円(2010年1月期)
純利益 13億2,400万円(2010年1月期)
純資産 283億8,800万円(2010年1月31日時点)
総資産 852億9,700万円(2010年1月31日時点)
従業員数 約7,000名[5]
決算期 1月末日
主要株主 ティーアールユー・ジャパン・ホールディングス・インク
ティーアールユー・ジャパン・ホールディングス2・エルエルシー
関係する人物 藤田田(創業者)
外部リンク http://www.toysrus.co.jp/truj/
テンプレートを表示
トイザらス八戸店
トイザらス・ベビーザらス名取りんくうタウン店
トイザらス香里園店、大型ショッピングセンター内に入居

日本トイザらス株式会社(にほんトイザらス)は、日本マクドナルド設立に寄与した藤田田1989年にアメリカ・トイザラス本部と提携して設立したフランチャイズチェーン。

1991年12月20日茨城県稲敷郡阿見町に1号店(荒川沖店-2008年8月31日閉店)を開設。折りしも当時は日米貿易摩擦の最中でもあり、大きな話題となった。2号店である奈良県橿原市の橿原店(池原観光ビル1階にテナントとして入居。現在は同市にあるイオンモール橿原内に奈良橿原店として移設され閉店)に、開店日前日の1992年1月7日に当時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュが視察に訪れたことからもわかるように、トイザらスは非関税障壁打破の目玉的存在とみなされていた。当初、橿原店は1月4日開店の予定であったが、奈良県警などと協議の結果、警備のために開店が1月8日に延期された[6]。1992年3月31日に相模原店(神奈川県)、4月14日に新宮店(福岡県)と開店が続き、日米構造協議で注目された新潟店(新潟県)が開店したのは、さらに1年以上後となった。

以来日本各地に独立店舗、およびスーパー百貨店ショッピングセンターテナントなどの形で出店し、2000年11月3日に100店舗目(としまえん店)が開店し当初からの目標であった「2000年度100店舗達成」を達成、2009年3月17日現在で150店舗を展開している。2000年代後半以降は赤ちゃん用おもちゃの専門店「ベビーザらス」(2008年10月30日現在トイザらスへの併設を含め37店舗)も展開している。関東関西などの人口集中地域では、郊外や再開発地域に出店し、店舗面積を確保している。

日本トイザらスは、1994年より写真館チェーンのスタジオアリスと提携しており、多くの店舗でスタジオアリス店と店舗面積を同居している。

動画配信も行っており、公式サイトには「アワーズスタジオ」というコーナーがある。

2010年9月14日、日本トイザらスは納入業者への不当な値引きや返品の強要による独占禁止法違反の疑いで、本社や物流センターなど数か所で公正取引委員会の立ち入り検査を受けた[7]

日本国内の店舗[編集]

2014年9月現在、山梨県島根県には店舗がない。

閉店した店舗[編集]

  • 嘉手納店 - 2003年6月22日閉店。沖縄泡瀬店(後述)へ移転。
  • 糸満店 - 2003年10月13日閉店。現在の那覇新都心店(コープあっぷるタウン内)が後継。
  • 橿原店 - 2004年2月閉店。日本第二号店。当時のアメリカ合衆国大統領、ジョージ・H・W・ブッシュが視察に訪れたが、2004年4月に開店した奈良橿原店に移転する形となった。
  • 新宮店 - 2004年2月閉店。ウエルタ新宮内にテナントとして入居していた。
  • 名張店 - 2005年8月31日閉店。
  • ポケパークストア - 2005年9月25日閉店。この店舗は開店当初の3月から半年限定でオープンした店舗。
  • 千葉中央店 - 2006年1月31日閉店。
  • 鳥栖店 - 2006年10月9日閉店。
  • 八戸ノ里店 - 2007年1月8日閉店。
  • 宇治店 - 2007年1月31日閉店。
  • 尼崎店 - 2007年5月6日閉店。跡地は同年7月6日ホビスタ尼崎が開業し、「ジオラマショップだいおらま」と「ホビーショップタムタム」が出店。
  • 神戸ハーバーランド店 - 2008年1月14日閉店。後にumieで再開店。
  • 荒川沖店 - 2008年8月31日閉店。日本第一号店。実質的には、つくば市に建設された大型商業施設「iiasつくば」に2008年10月31日開店したつくば店が後継店。
  • 名取店 - 2008年8月31日閉店。同年11月14日にベビーザらす併設の名取りんくうタウン店に移転。
  • 博多店 - 1993年12月3日開店。パピヨンプラザ内のテナントであったが2009年1月12日閉店。跡地には2009年4月4日にダイエー吉塚パピヨンプラザ店(2015年9月5日、マックスバリュ吉塚パピヨンプラザ店に名称変更)が入居した。
  • 仙台泉店 - 2011年3月の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響により閉店。
  • 都島店 - 2011年9月25日閉店。
  • 相模原店 - 2012年3月18日閉店。閉店から約1年半後の2013年9月4日にニトリモール相模原内に再出店した。
  • 札幌ファクトリー店 - 2013年1月6日閉店。
  • 札幌発寒店 - 2014年1月13日閉店。(北海道1号店)
  • 神戸住吉店 - 2013年2月11日閉店。
  • 沖縄泡瀬店 - 2013年3月31日閉店。
  • 八事店 - 2013年8月25日閉店。
  • 和歌山店 - 2014年1月13日閉店。閉店から約2ヶ月後の2014年3月16日にイオンモール和歌山内に再出店した。
  • 甲府店 - 入居していた商業施設グランパークの諸事情を考慮して2014年1月31日閉店。県内の別の場所への移転という形での再出店を計画しているが現時点での今後は未定。
  • 加古川店 - 2015年7月26日閉店。
  • 福岡ホークスタウン店 - 2015年8月30日閉店。
  • 柏店 - 2015年8月30日閉店。
  • 広島八木店 - 2016年1月4日閉店

社会貢献活動(日本国内)[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]