グランパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グランパーク
GRANDPARK
GRANPARK.JPG
店舗概要
正式名称 グランパーク
所在地 400-0043
山梨県甲府市国母5丁目8番1号
座標 北緯35度38分25.3秒 東経138度33分2.4秒 / 北緯35.640361度 東経138.550667度 / 35.640361; 138.550667
開業日 1997年11月
閉業日 2014年3月
施設所有者 甲府新都市開発→リサ・パートナーズ系列
施設管理者 甲府新都市開発→リサ・パートナーズ系列
施工 西松建設株式会社[1]
商業施設面積 10,773 m²
延床面積 29,948,59[1]
中核店舗 D・POT
店舗数 22+映画館(最多)
駐車台数 1,000
前身 D・POT(単独)
後身 ケーズデンキ甲府店
最寄駅 JR身延線国母駅
最寄IC 中央自動車道甲府昭和IC
都市環境研究所[1]

グランパーク(GRANPARK)は、山梨県甲府市にかつて存在した商業施設である。

概要[編集]

甲府国母南地区第一種市街地再開発事業[2]として1992年平成4年)に準備組合が設立。1995年(平成7年)に法定再開発事業の認可を受け、1996年(平成8年)に工事着工。1997年に竣工し、オープンを迎えた。外装は薄い桃色の派手な着色で、クリスマスシーズンになると、屋上から1階までライトを垂らし、クリスマスツリーのイルミネーションで点灯する。3階の半分、4階、さらに付近に3階建て立体駐車場平面駐車場など、計1000台収容可能の駐車スペースがあった。

本館に入居していたテナント[編集]

D・POT館[編集]

D・POT館

本館とわずかに離れた場所に建てられている黄色い建物。本館とは舗装された歩道で結ばれており、1分もあれば移動できる。「D・POT」は再開発事業前に同所にあった商業施設の名前を引き継いだものである。

以前は県下最大級を誇る規模のザ・ダイソーが1・2階にテナントとして入居していたがダイソーがグランパークから撤退した後はテナントが入らず、イベント時に使われる事が多かった。一階の一角にあった喫茶店は、ダイソーの撤退と共に閉店、テーブルとイスが無造作に積み上げられていた。

その後3階に自遊空間が入ったものの2013年に撤退。1階にあるラーメン店も2014年3月末で閉店し、すべてのテナントが撤退となった。

D・POT館に入居していた主なテナント[編集]

グランパーク東宝8[編集]

グランパーク東宝8
Granpark Toho 8
情報
正式名称 グランパーク東宝8
完成 2000年
開館 2000年12月9日
開館公演 ダイナソー
ホワット・ライズ・ビニース』他
閉館 2011年3月11日
収容人員 (8スクリーン)1,538人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTSSDDS
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 400-0043
山梨県甲府市国母5-2158
甲府グランパーク向い
アクセス 中央自動車道・甲府昭和インターチェンジから北東へ車で約2分

グランパーク本館に隣接して設置されていた東宝系のシネマコンプレックス(8スクリーン、1550席)。開館時は東宝関東興行株式会社が経営していたが、同社の合併に伴い2002年3月1日より東宝東日本興行株式会社経営に、さらに2008年3月1日よりTOHOシネマズ株式会社経営に変わった。

2000年12月9日に開館。開館時の甲府市内は人口19万人程度であったにもかかわらず、東宝東部興行の甲宝シネマ(4スクリーン)、武蔵野興業の甲府武蔵野シネマ・ファイブ(5スクリーン)と甲府シネマカリテ1・2(2スクリーン)、テアトル甲府のテアトル甲府(4スクリーン)などが存在しており、過当競争だとも言われた。郊外に存在することもあって、開館当初は同館と甲府武蔵野シネマ・ファイブを比較すると44:56とやや低調な動員であったが徐々に集客力を高め年間50万人程度を動員するまでになった[4][5]

建物はスカイ甲府(株)によるもの。ショッピングモールに隣接していたが、劇場は独立した2階建てとなっていた。1階は売店と受付、2階は劇場と言う構造。2階にも売店は存在したが1階の売店より混雑しており、映画のグッズなどは2階売店のみの販売だった。外観はピンクで、夜になるとブルーのネオンが光る。経営元がTOHOシネマズに変わってからも「vit」や「シネマイレージ」など同社の企業名を冠している劇場で行われているサービスは導入されなかった。スクリーンの大きさと客席数は劇場によって異なり、人気映画の上映の際には時間を置いて2スクリーンで上映することがあった。大作や繁忙期のアニメ映画、注目作や新作はスクリーン6で上映されることが多かったが、時間によっては人気映画でも小さいスクリーンになる場合もあった。

2008年6月21日に『きみの友だち』が封切られた際は、同作出演の石橋杏奈北浦愛、監督の廣木隆一が舞台挨拶を行った[6]。また2010年3月14日の『スイートリトルライズ』上映時は、同作の監督を務めた矢崎仁司(山梨県鰍沢町出身)と脚本を手掛けた狗飼恭子が舞台挨拶で来館している[7]

2011年3月17日に同じ商圏内のイオンモール甲府昭和にTOHOシネマズ甲府を開館することから、デジタル設備や3D上映に対する投資は行われず、経営効率化のため2011年3月13日をもって閉館することが決定した[5]。実際には同年3月11日に発生した東日本大震災の影響により十分な安全が確保できないとして同日より休館。3月13日にそのまま閉館となった。

スクリーン名 定員(座席)数 音響方式
スクリーン1 192席 SRD-EX
スクリーン2 192席 SRD-EX
スクリーン3 126席 SRD
スクリーン4 126席 SRD
スクリーン5 192席 SRD-EX、DTS
スクリーン6 350席 SRD-EX、DTS、SDDS
スクリーン7 180席 SRD
スクリーン8 180席 SRD-EX

料金[編集]

  • 一般…1800円(但し、65歳以上は1000円)
  • 大学、高校生…1500円
  • 小中学生、幼児…1000円

障害者手帳を持っていると、年齢を問わず1000円で観ることが出来た。

所在地[編集]

甲府市国母5丁目8番1号

交通[編集]

鉄道[編集]

経営問題・閉店[編集]

跡地にオープンしたケーズデンキ 甲府店

近年衰退が激しく、D・POT館1・2階にあったザ・ダイソーの閉店後は周辺にオープンした新しい商業施設に押され、本館においても様々なテナントが撤退した。このため管理会社の「甲府新都市開発」は多額の負債を抱え、2006年に甲府地方裁判所から民事執行法の適用を受けた。

負債を抱えた要因は、当初グランパーク側が提示したテナント料が高すぎるとテナントが訴え、グランパーク側がそれに応じたという所にある。また経営不振の元凶になったダイソー撤退の原因は付近にあるショッピングモールJOYに入居しているセリアに押され、利益が落ち込んだ説や、集団での小・中学生の恐喝行為など様々な憶測が飛び交っているが、その後ダイソーがショッピングモールJOYに移転(セリアと同じフロア)したことからこれらの説は自明ではない。なお、ショッピングモールJOYは2013年10月に閉鎖している。

再建のため施設が競売にかけられた結果、リサ・パートナーズの関連会社が落札し経営は継続されることとなったが、その会社も2012年に破産した[8]。その後はホームページの更新も滞り、アミューズメント施設やボウリング場、漫画喫茶などが相次いで撤退。2014年1月にはオープン以来旗艦店であったトイザらスも撤退し、これに合わせてホームページも閉鎖され、3月には全店舗が撤退し、閉鎖された。

尚、グランパークの事業費69億円のうち国や山梨県、甲府市から34億円の補助金が供出されている[9]。多額の補助金は13年後に竣工したココリでも行われており、税金を使って地域活性化のため商業施設を建てたものの店舗が相次いで撤退している点で共通している。

閉鎖後、和歌山県の精密機器メーカー「ノーリツ鋼機」が施設を購入。ノーリツ鋼機は「グランパークとして再建することはない」とし、5月より建物の解体を開始。これにより16年続いたグランパークとしての営業は幕を閉じる結果となった[10]

2014年7月にケーズホールディングスがグランパーク跡地にケーズデンキ甲府店を2015年9月頃オープンさせると発表した。大規模集客施設に指定されたことから出店に対する周辺住民等への意見を集めたのち[11]、2015年10月8日にオープンした[12]

備考[編集]

  • 雨の日はどの駐車場も混雑し、付近一帯が渋滞に巻き込まれることがしばしばある。
  • 館内ではよくBGMとしてGTPの「冷凍みかん」が流れていた。
  • 1階の旧甲府CATVテナントスペースではイベントが開催されることがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c グランパーク(1997年)”. 実績. 西松建設株式会社. 2016年11月20日閲覧。
  2. ^ 甲府国母南地区第一種市街地再開発事業(都市環境研究所)
  3. ^ グランパーク内のトイザらス甲府 今月末で閉店
  4. ^ 「映画興行界回顧/2000 シネコンラッシュに明け暮れた世紀末現象」、『AVジャーナル』第40巻第12号、文化通信社、2000年12月、 24-28頁。
  5. ^ a b 「『グランパーク東宝8』10年で幕 3月13日」『朝日新聞』2011年2月2日付朝刊、山梨全県版、第33面。
  6. ^ 山梨、初日舞台挨拶決定しました”. 映画「きみの友だち」公式ブログ. Yahoo!ブログ (2008年6月16日). 2017年5月30日閲覧。
  7. ^ 映画「スイートリトルライズ」ついに公開!”. 狗飼恭子オフィシャルブログ「緑色珈琲」. アメーバブログ (2010年3月12日). 2017年5月30日閲覧。
  8. ^ 大型倒産速報 帝国データバンク
  9. ^ 2006年6月13日、朝日新聞山梨県版
  10. ^ “グランパーク16年で幕 県外企業購入 全店撤退、取り壊し”. 山梨日日新聞. (2014年5月13日). オリジナル2014年5月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140514052619/http://www.sannichi.co.jp/local/news/2014/05/13/5.html 2014年5月13日閲覧。 
  11. ^ 大規模集客施設等の立地計画への御意見を募集します(ケーズデンキ甲府店)”. 山梨県庁 (2014年7月25日). 2014年12月27日閲覧。
  12. ^ “甲府店(山梨県甲府市) オープン” (プレスリリース), ケーズデンキ, (2015年10月8日), http://www.ksdenki.com/corp/news/2015/10/08_6911.html 2015年11月30日閲覧。 

関連項目[編集]