東京ミッドタウン日比谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京ミッドタウン日比谷
Tokyo Midtown Hibiya
東京ミッドタウン日比谷
東京ミッドタウン日比谷
東京ミッドタウン日比谷の位置(東京都区部内)
東京ミッドタウン日比谷
東京ミッドタウン日比谷
施設情報
所在地 〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目1-2
座標 北緯35度40分25.4秒
東経139度45分33.3秒
座標: 北緯35度40分25.4秒 東経139度45分33.3秒
状態 完成
着工 2015年平成27年)1月28日
開業 2018年(平成30年)3月29日

東京ミッドタウン日比谷(とうきょうミッドタウンひびや、: Tokyo Midtown Hibiya)は、東京都千代田区有楽町一丁目にある複合施設である。開発・運営事業者は三井不動産、建設工事は鹿島建設が請け負った。2018年3月29日に開業した。

概要[編集]

映画館や劇場に隣接した地区で、日比谷三井ビルディング(旧三井銀行本店)と三信ビルディング[1]の跡地を再開発し建設された。地上35階建て(高さ約192メートル)、延べ床面積は約18万9000平方メートル。賃貸オフィス(34階〜9階)や、大企業とベンチャー企業の連携を促すインキュベーション施設に加えて、商業施設部分(地上7階〜地下1階)に全60店のテナントが入る。

三井不動産はビジネスだけでなく、"日比谷地区"の文化的価値を高める拠点とする意向を表明している。野外には日比谷の賑わいの中心となる日比谷ステップ広場、4〜5階に映画館「TOHOシネマズ日比谷」、6階には日比谷公園を一望するパークビューガーデン、9階にはオフィスロビーがある。

地下のアーケードをアールデコ様式にするなど、三信ビルディングの意匠を一部取り入れている。またビルの外観に曲線を使った「ダンシングタワー」というコンセプトは、近くの内幸町にかつて存在し、舞踏会が多く開かれた鹿鳴館を意識している[2]。マスターデザインはホプキンス・アーキテクツが担当した。

建設中の仮名称は「新日比谷プロジェクト」であった。

商業フロア[編集]

商業フロア全体としてはコンセプトとして“THE PREMIUM TIME, HIBIYA”を掲げていて、 著名アーティストの監修や企業間のコラボレーションにより誕生したショップや、日本初6店舗、新業態22店舗を含む計60店舗の個性的なショップが入居している。 特に商業フロアの共用部は「劇場空間都市」をデザインコンセプトとし、従来のより少し高めの年齢層をターゲットとしていることから、落ち着いた大人の雰囲気を表現すべく、従来の大規模商業施設と異なり白ではなくクリーム色を基調としたカラーリングになっている。 また地下のアーケードは、以前の三信ビルディングをモチーフとした、モダンなデザインで構築されている。

1F
3F
4・5F
6F
  • パークビューガーデン - 日比谷公園を一望できるガーデンスペース。

TOHOシネマズ日比谷[編集]

TOHOシネマズ日比谷
TOHO CINEMAS Hibiya
情報
正式名称 TOHOシネマズ日比谷
完成 2018年
開館 2018年3月29日
収容人員 (13スクリーン)2,830人
設備 本文参照
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町一丁目1-2
東京ミッドタウン日比谷4・5F
東京都千代田区有楽町1-1-3
東京宝塚ビル地下1階
アクセス 日比谷駅直結

東京ミッドタウン日比谷開業と同時に開館した映画館で、2018年2月まで有楽町マリオン内で営業してきたTOHOシネマズ日劇の後継となるTOHOシネマズの旗艦館である。

東京ミッドタウン日比谷内には11スクリーン約2,200席を新設、さらに隣接する東京宝塚ビル地下の旧TOHOシネマズスカラ座TOHOシネマズみゆき座の2スクリーンを改装・統合したことにより、計13スクリーン2830席と都心最大級のシネマコンプレックスとしての運営を行っている。

なお、計画当初は同じく隣接するTOHOシネマズシャンテとも統合する計画だったが、シャンテのファンからの要望に応える形で、シャンテは統合せずそのまま存続している。

スクリーンの特徴[編集]

総座席数は2,830席(車椅子席27席)[3]

スクリーン 座席数 車いす席 特別仕様 音響設備 フロア
1 456 3 TCX カスタムオーダーメイドスピーカー 東京ミッドタウン日比谷4〜5階
2 98 2 デジタル5.1ch
3 98 2
4 339 2 IMAXデジタルシアター イマーシブ・サウンド
5 395 2 TCX DOLBY ATMOS(対応作品のみ)、VIVEオーディオ
6 98 2 スカルプトサウンド
7 151 2 VIVEオーディオ
8 120 2
9 257 2 スカルプトサウンド
10 98 2 デジタル5.1ch
11 98 2
12 489 2 VIVEオーディオ 東京宝塚ビル地下1階、旧TOHOシネマズスカラ座
13 106 2 デジタル5.1ch 東京宝塚ビル地下1階、旧TOHOシネマズみゆき座
  • スクリーン1は「TOHO CINEMAS PREMIUM THEATER」と位置づけられ、コンサートホールのような音響を再現する「カスタムオーダーメイドスピーカーシステム」と革製のリクライニングシート「プレミア ラグジュアリー シート」を備える。
  • スクリーン1・5・9は、プレミアボックスシートを備える。
  • スクリーン4は、IMAXデジタルシアターである。鑑賞料金と別にIMAX追加料金(500円)が必要。
  • スクリーン5・7・8・12はクリスティ・デジタル・システムズのVIVEオーディオを採用、さらにスクリーン5では対応上映作品に限りドルビーアトモスでの上映が可能となっている。
  • スクリーン6・9は、JBLによるスカルプトサウンドを採用している。

オフィスフロア[編集]

オフィスフロアは、ローンチカスタマーとしてErnst & Youngグループが日本拠点として施設オープンより1か月以上早い2018年2月から入居しており、10階にグループ専用受付を設ける他、13・15~21階に入居と計8フロアを使用している。
またその他にも、ファーストロジックや不動産コンサルティング会社のHeitmanなどが入居する他、旭化成が本社を移転することが決定している[4]

10・13・15~21F
33F
  • Heitman (ハイトマン インターナショナル LLC)
  • 三機工業
  • ファーストロジック[4]
未定

アクセス[編集]

公式サイトを基に作成。
  • 有料駐車場あり

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「三信ビル」「三井銀行本店」跡地を再開発
  2. ^ 【賢築の技 開発の妙】三井不、「芸術の街・日比谷」再興『日経産業新聞』2017年11月14日(住建・不動産面)
  3. ^ 施設紹介”. TOHOシネマズ日比谷. 2018年5月21日閲覧。
  4. ^ a b c 三井不の東京ミッドタウン日比谷ほぼ満室、旭化成など-事業費2500億円
  5. ^ EY Japanのメンバーファームが「東京ミッドタウン日比谷」に新東京オフィスを開設

外部リンク[編集]