三井アウトレットパーク 滋賀竜王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三井アウトレットパーク > 三井アウトレットパーク 滋賀竜王
三井アウトレットパーク 滋賀竜王
Mitsui Outlet Park Shiga Ryuo
MOP Shiga-Ryuo1.jpg
店舗概要
所在地 520-2551
滋賀県蒲生郡竜王町薬師1178-694
座標 北緯35度3分31.2秒 東経136度5分58.3秒 / 北緯35.058667度 東経136.099528度 / 35.058667; 136.099528座標: 北緯35度3分31.2秒 東経136度5分58.3秒 / 北緯35.058667度 東経136.099528度 / 35.058667; 136.099528
開業日 2010年7月8日
施設管理者 三井不動産商業マネジメント
敷地面積 約180,000 m²
延床面積 92,000 m²
商業施設面積 37,000 m²
店舗数 237店舗
営業時間 物販店舗 10:00-20:00
飲食店舗 11:00-21:00
駐車台数 約7,000台台
外部リンク 公式サイト
MITSUI OUTLET PARK

三井アウトレットパーク 滋賀竜王(みついアウトレットパークしがりゅうおう、Mitsui Outlet Park Shiga Ryuo)は、滋賀県蒲生郡竜王町に所在する、三井アウトレットパーク系列のアウトレットモールである。施設コンセプトは、豊かな自然環境を生かした「環境共生型アウトレットモール[1]

概要[編集]

2009年平成21年)1月19日に三井不動産が出店計画を発表し、2010年(平成22年)7月8日に開業した。京滋エリア初(関西では3施設目)のアウトレットで、三井アウトレットパーク 入間三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島に次ぎ、日本第3位の施設規模である。テナントは日本初出店が25店舗、関西初が49店舗であり、コンビニエンスストアファミリーマートはアウトレットへの出店は三井アウトレットパーク入間に次いで2店舗目。約1,700人の雇用を創出する。

付近に鉄道駅は無いが、名神高速道路 竜王インターチェンジから約500mの距離にある。想定商圏人口は高速道路を含めた90分圏内の約1,000万人以上とし、滋賀県内はもとより京都府大阪府奈良県兵庫県三重県福井県石川県岐阜県愛知県の一部をも商圏として想定している。

年間来場者数は約400万人を見込んでいるが、新名神高速道路の部分開通や第二京阪道路の全線開通および、2013年夏の第2期オープン(後述の沿革)により、更なる増加が期待されている。また、外国人観光客(特に東京と大阪を行き来する中国人・韓国人ツアー客)の利用も見込んでおり、館内放送や案内板における日・英・中・韓の4カ国語の使用や中国銀聯カード決済を可能にするといった対応[2][3]のほか、滋賀県の外国人観光客獲得戦略との連携が進んでいる[4]

2013年7月11日に第2期が増設され第1期のリニューアルと合わせ、店舗数237、延べ床面積92,000m2と日本最大級のアウトレットモールとなった。第2期の建物デザインは「FLOWERS」と呼ばれる建物3階部分に開放感ある空間が創出され、1-2階は全天候型の駐車場が増設された。

滋賀県南部では、2008年の秋から冬にかけてピエリ守山イオンモール草津フォレオ大津一里山が相次いで開業し、既存店も建て替えや増床を進めるなど、大型商業施設の競争が激化している[5]

建物概要[編集]

沿革[編集]

  • 2009年1月19日 : 三井不動産が出店計画を発表。
  • 2010年1月29日 : 三井不動産と竜王町が地域貢献基本協定を締結。
  • 2010年4月13日 : 報道関係者を対象に内覧会を開催。
  • 2010年4月29日 : テナントが決定、開業日が7月8日と発表。
  • 2010年7月6日 : 報道関係者を対象に2度目の内覧会を開催。
  • 2010年7月7日 : 一部関係者を招待しプレオープン。プレオープンの招待券は周辺地域向けの新聞広告折り込みやフリーペーパー・雑誌にも印刷された。
  • 2010年7月8日 : 竹山秀雄竜王町長や滋賀ふるさと観光大使西川貴教らによる記念式典を挙行し、グランドオープン。4,000人以上が行列をなし、午後3時までに1万6,000人の来客となった[6][7]
  • 2013年7月11日 : 第2期開オープン[8]

交通への影響[編集]

開業による周辺への影響として、名神高速道路や国道477号などの大幅な交通渋滞が懸念されている[9]。地元市町、三井不動産の担当者らは交通対策会議を設け、国道477号の拡幅工事や、アウトレットの出入口付近での信号機のない左折レーンの新設、5,000台収容の駐車場の確保など、万全の体制を整えた[10]。三井不動産・竜王町・滋賀県警察の3者の検討により、近江八幡駅野洲駅からの路線バスの運行が開始された(近江鉄道バス[11]。また福井県内(京福バス)・湖西線堅田駅江若交通)・京都市内(ヤサカ観光)からの直通バスも運行されている[12]

プレオープンでは、午前10時から午後2時30分までの間、名神高速道路 上り線 竜王IC-草津JCT間で最大15km、国道1号でも湖南市石部口-栗東市小柿付近の間で最大6kmの渋滞が発生し、谷畑英吾湖南市長は「以前から指摘してきた混乱が生じたことは極めて遺憾。市民生活を守る抜本的な対策を大至急講じてほしい」とコメントした[10]。グランドオープン当日は、1,400台分の臨時駐車場の確保や交通誘導員増員などの対応が取られ、大きな混乱は起きなかった[7]

竜王ICの東にはダイハツ工業滋賀工場があり、竜王町の税収を大きく支え(町税収入全体の4-5割がダイハツ工業からの法人町民税と固定資産税)、滋賀県経済全体の基幹的存在である[13]。地元経済界の一部では、ダイハツ工業の輸送作業への交通渋滞の悪影響が懸念されており、滋賀工場の利便性が低下すると工場閉鎖や規模縮小もあり得るとの声もある[13]。ダイハツ工業広報室は「アウトレットモール開業に伴い、周辺道路が渋滞することは想定されるものの、物流面での影響は今のところ想定していない」「(渋滞対策について)行政にお任せしている」とコメントしているが、関係者によると、町に渋滞を懸念する意は伝えているという[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三井不動産株式会社、ららぽーとマネジメント株式会社「「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」7月8日グランドオープン」、2010年4月13日、2010年7月22日閲覧。
  2. ^ 三井アウトレットパーク滋賀竜王が開業 竜王町、観光拠点に期待 - 日刊トラベルニュース(2010年7月16日付、同月22日閲覧)
  3. ^ 関西アウトレット「夏の陣」 ひしめく7施設 - 朝日新聞(2010年7月26日付)
  4. ^ 平成23年度事業報告 (PDF) (p.15「国際観光推進事業」) - びわこビジターズビューロー(2013年5月31日閲覧)
  5. ^ インサイド滋賀「県南部 相次ぐ大型店進出 不況でも人口急増魅力」 - 読売新聞(2008年12月9日付)
  6. ^ 三井アウトレットパーク滋賀竜王:初日1万6000人 /滋賀」、2010年7月9日付毎日新聞。
  7. ^ a b 滋賀・竜王アウトレット 開業初日大きな混乱なし」、2010年7月9日付読売新聞。
  8. ^ 三井不動産株式会社「「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」第2期開発計画決定 約230店舗の近畿圏最大級のアウトレットモールへ 第2期 約65店舗が2013年夏開業予定」2012年7月31日、2012年8月7日閲覧。
  9. ^ 竜王アウトレットあす開業」、2010年7月7日付読売新聞。
  10. ^ a b 竜王・アウトレット8日開業 名神道など大規模渋滞懸念」、2010年7月8日付朝日新聞。
  11. ^ 近江鉄道バス・湖国バス「三井アウトレットパーク滋賀竜王へ路線バスの運行開始」、2010年7月26日閲覧。
  12. ^ 三井アウトレットパーク 滋賀竜王「ショッピングバス情報」、2010年7月26日閲覧。
  13. ^ a b c インサイド滋賀「渋滞 ダイハツへの影響懸念」、2009年6月21日付読売新聞。

外部リンク[編集]