ビビット南船橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビビット南船橋
ViVit
Vivit.png
ビビット南船橋(2017年3月)
地図
店舗概要
所在地 273-0012
千葉県船橋市浜町二丁目2番7号
座標 北緯35度41分14.4秒 東経139度59分34.8秒 / 北緯35.687333度 東経139.993000度 / 35.687333; 139.993000 (ビビット南船橋)座標: 北緯35度41分14.4秒 東経139度59分34.8秒 / 北緯35.687333度 東経139.993000度 / 35.687333; 139.993000 (ビビット南船橋)
開業日 2004年平成16年)12月1日
正式名称 ビビット南船橋
施設管理者 三井不動産商業マネジメント株式会社
商業施設面積 約37,199 m2
中核店舗 スーパーバリューサカゼンニトリジュンク堂書店IDC大塚家具ファッションセンターしまむら
駐車台数 約1,340台
最寄駅 南船橋駅船橋競馬場駅
最寄IC 花輪IC谷津船橋IC湾岸千葉IC千鳥町出入口
外部リンク ビビット南船橋
LaLaport
テンプレートを表示

ビビット南船橋(ビビットみなみふなばし、ViVit)は、千葉県船橋市に位置するショッピングセンターである。運営会社は2021年2月よりキャピタランド・モール・ジャパンから三井不動産商業マネジメント変更されている。

概要[編集]

山一證券研修所跡地に建設され、2004年平成16年)12月1日に「ビビットスクエア」の名で開業。建設は大成建設。当初の運営はラサール インベストメント マネジメント[1]テナントスーパーマーケットホームセンター、ファッション、飲食店等で構成されていた。

当初、隣接するららぽーとTOKYO-BAYの客の流れと、また近隣の高層マンション群「東京ベイスクエア」の膝元商業施設として集客が見込まれていた。2007年春に再構築工事が行なわれ、TSUTAYAをはじめとした新たなテナントが入居した。

2010年6月に大規模な改装を行い、2010年8月には、ミスターマックスが核店舗として入店した[2]。同時期に施設のサービス改善を行い、駐車場無料サービスは2010年8月25日より1時間半まで無料に変更した。

2012年10月1日、店舗の名称をそれまでの「ビビットスクエア南船橋」から「ビビット南船橋」へ改称した[3]

2016年4月から10月にかけて施設内の総賃貸面積3分の1を入れ替えるリニューアル計画を発表。主な準核テナントとしてスーパーバリューサカゼンニトリジュンク堂書店大塚家具しまむらブックオフスーパーバザーノジマが開店し[4]、2019年1月にはポポンデッタがジュンク堂とのコラボ店舗を開業させている[5]。一方で、このリニューアルによりミスターマックスは閉店した。

主なテナント[編集]

出店店舗の詳細は公式サイト「ショップガイド」を参照。

脚注[編集]

  1. ^ “大型商業施設「ビビットスクエア」、グランドオープン”. R.E.port. (2004年12月1日). http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=5881&ScrapNumber=5881&ScrapKbn=1 
  2. ^ “暮らしのサポート館『ビビットスクエア』開業以来最大のリニューアル実施 〜2010年8月7日(土)グランドオープン!〜”. @Press. (2010年7月30日). https://www.atpress.ne.jp/news/16051 
  3. ^ ビビット南船橋 施設コンセプト
  4. ^ “ニトリ・大塚家具、同フロアに出店 千葉県内のSCに”. 日本経済新聞. (2016年5月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ16HV1_W6A510C1TI5000/ 
  5. ^ ポポンテッタ公式サイト

外部リンク[編集]