ららぽーと甲子園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ららぽーと > ららぽーと甲子園
ららぽーと甲子園
LaLaport KOSHIEN
店舗概要
所在地 663-8178
兵庫県西宮市甲子園八番町一丁目100番
座標 北緯34度43分2.7秒 東経135度21分47.6秒 / 北緯34.717417度 東経135.363222度 / 34.717417; 135.363222座標: 北緯34度43分2.7秒 東経135度21分47.6秒 / 北緯34.717417度 東経135.363222度 / 34.717417; 135.363222
開業日 2004年11月25日
施設所有者 三井不動産株式会社
施設管理者 三井不動産商業マネジメント株式会社
設計者 設計監理 大林組本店一級建築士事務所
環境デザイン RTKLインターナショナル[2]
施工者 大林組[2]
敷地面積 約86,000[1]
延床面積 約100,500[1]
商業施設面積 約60,000[1]
中核店舗 イトーヨーカ堂キッザニア甲子園
店舗数 約150店舗[1]
駐車台数 約3,000[1]
前身 阪神パーク甲子園住宅遊園
外部リンク https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/koshien/
LaLaport

ららぽーと甲子園(ららぽーとこうしえん)は、兵庫県西宮市にある三井不動産商業マネジメント運営のショッピングセンターである。

概要[編集]

三井不動産阪神パーク甲子園住宅遊園跡の地権者である阪神電気鉄道から事業用定期借地方式(20年間)によって、敷地賃借し建物を建設[3]2004年11月25日オープンした。阪神甲子園球場の南東向かいに立地する。

本施設は、敷地中央東寄りの枝川を挟んで専門店が入る西棟とイトーヨーカドーGMSとして入る東棟に分かれている。内部は、建築形状に沿って西棟中央に吹き抜けのモールが設けられ、2階建てのインナーワンモールタイプのSCとなっている[2]。また、2009年3月27日には増床部分にキッザニア甲子園が開園している[4]

2017年3月から、2011年以来の大規模改装を実施。順次、新テナント等がオープンした[1][5]

主要テナント[編集]

過去の主要テナント[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 阪神バスららぽーと甲子園西、ららぽーと甲子園南下車

自動車[編集]

注記事項[編集]

甲子園球場での試合開催日(プロ野球に限る[6])に3時間以上駐車した場合(すべての試合が終了した後に入庫または試合開始から2時間以内に出庫した場合を除く)は、本来の駐車料金に加えて特別駐車料金の6,000円を払う必要がある。これは、野球観戦目的での駐車を排除するのが目的である。従って、ららぽーと(およびイトーヨーカドー)利用目的の駐車であれば、原則として試合開始の1時間後から2時間30分後の間(ただし、時間内でも試合終了時点で適用終了)にららぽーと館内に設置の「ゼロシステム認証機」に駐車券を通すことで、特別駐車料金は免除される。キッザニア甲子園入場者も特別駐車料金は免除されるが駐車サービスを受けられる駐車場が限られている(G駐車場、ゼロシステム認証機に駐車券を通さないよう注意書きがされている)。ただし、ららぽーとやイトーヨーカドーでのショッピングやゼロシステム認証機の利用があっても、野球観戦目的での駐車と判定された場合は、特別駐車料金を徴収される。[要出典]

近隣SC[編集]

備考[編集]

1993年には、ららぽーと甲子園の場所に甲子園ドームを建設する計画が持ち上がっていた。阪神甲子園球場の老朽化が目立っていたことと、阪神パークがその時点で赤字を抱えていたことから、阪神パークを閉園してその跡地に甲子園ドームを建設するというものであったが、のちに計画見直しとなり、甲子園阪神パーク跡地に新球場を建設する計画は頓挫した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]