三井アウトレットパーク北陸小矢部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三井アウトレットパーク > 三井アウトレットパーク北陸小矢部
三井アウトレットパーク
北陸小矢部
Mitsui Outlet Park Hokuriku Oyabe
Mitsui Outlet Park Hokuriku Oyabe.JPG
店舗概要
所在地

932-8538
富山県小矢部市西中野972-1

座標 北緯36度41分21秒 東経136度52分52秒 / 北緯36.68917度 東経136.88111度 / 36.68917; 136.88111座標: 北緯36度41分21秒 東経136度52分52秒 / 北緯36.68917度 東経136.88111度 / 36.68917; 136.88111
開業日 2015年平成27年)7月16日
施設管理者 三井不動産商業マネジメント
敷地面積 約130,000 m²
延床面積 約45,000 m²
商業施設面積 約26,000 m²
店舗数 173店舗
営業時間 10:00 - 21:00
駐車台数 約2,800台
最寄駅 石動駅
最寄IC 福岡IC
外部リンク 三井アウトレットパーク 北陸小矢部
MITSUI OUTLET PARK
三井アウトレットパーク北陸小矢部の位置(富山県内)
三井アウトレットパーク北陸小矢部

三井アウトレットパーク 北陸小矢部(みついアウトレットパーク ほくりくおやべ、: Mitsui Outlet Park Hokuriku Oyabe)は、富山県小矢部市西中野にあるアウトレットモール三井アウトレットパークとしては13か所目で、北陸地方では初めてとなるアウトレットモールである。

概要[編集]

2015年7月(平成27年)7月16日に開業した同店は、2階建てのエンクローズドモール(屋内型モール)で173店舗が入居する。施設内には、小矢部市ならびに富山県内の観光案内所の「とやま旅ナビ@おやべ」が設けられているほか、イスラム教徒向けの礼拝室も設置されている。同パーク屋外には、キッズパークと高さ50mの観覧車「NANAIRO WHEEL(ナナイロホイール)」が設置されている[1]。また、照明は同社アウトレットパークとしては初めて全館LEDとなっている。

2013年(平成25年)11月三井不動産は、富山県小矢部市に13か所目のアウトレットモールの建設(開業は平成27年度を予定)を発表した。このアウトレット開業により、アウトレットモールが北陸に初出店することとなり、各地からの来店客の増加が見込まれるとし。店舗数は当初約150店舗で開業する予定であること、北陸の冬の天候を考慮し、2階建てエンクローズドモール(屋内型モール)で計画しているとした。

2014年(平成26年)7月4日に着工し、予定通り2015年(平成27年)7月開業予定と発表。敷地面積は約130,000m2、延床面積約45,000m2、店舗面積約26,000m2となり、店舗数は北陸初のアウトレットモールとなることから出店希望のテナントが多く、当初より10店舗増の約160店舗とし、敷地内には屋外広場を設け、そこに高さ50mの観覧車や遊具を設置するとした[2]。2015年(平成27年)1月22日には、予定店舗数約160店舗の内、129店舗名を発表した[3]

2015年(平成27年)4月23日には、開業日を同年7月16日と発表。また最終出店店舗数は、日本初出店10店舗、北陸初出店81店舗を含むフルラインアップの店舗構成の173店舗となり、当初小規模施設の予定であったが、同社のアウトレットパークの開業時の店舗数としては「三井アウトレットパーク 入間」に次いで全国2番目の店舗数となる。これは主要幹線道路である国道8号沿いにあること、小矢部市内には北陸自動車道東海北陸自動車道能越自動車道が交差しており、近隣には福岡IC(約6分)、小矢部IC(約14分)などがあり、商圏が富山、石川両県だけではなく、福井岐阜愛知新潟など北陸エリア全域を含む広域からのアクセスに優れた立地が考えられる。また、2015年(平成27年)3月14日に開通した北陸新幹線により、北陸エリアを訪れる国内外の観光客の利用も期待されており、年間300万 - 350万人の来場と、年間売上170億円を目指すとしている[2][4][5]

NANAIRO WHEEL(ナナイロホイール)[編集]

パーク内にある24台のゴンドラを備えた高さ50m、一周約10分の観覧車。ゴンドラは冷暖房付きの4人乗りで、ショッピングバック型の台形の形になっている。同パーク開業にあたり観覧車の名称が一般募集され、3,813点の応募から小矢部市内の小学6年生が応募した「NANAIRO WHEEL(ナナイロホイール)」に決定し、開業セレモニーにて発表された。なお命名された名称は、夜間に観覧車を照らす七色のライトアップと開業日の7月(なな)16日(いろ)の語呂合わせからきている[6]

沿革[編集]

  • 2010年(平成22年)頃 - 小矢部市が三井不動産にアウトレットモールの誘致を打診[7]
  • 2013年(平成25年)11月 - 富山県小矢部市に、店舗数約150店舗のアウトレットモールの建設(開業は平成27年度を予定)を発表。
  • 2014年(平成26年)7月4日 - 建設着工。予定店舗数が約160店舗となったことを発表。
  • 2015年(平成27年)1月22日 - 予定店舗数約160店舗の内、129店舗名を発表。
  • 2015年(平成27年)4月23日 - 開業日を同年7月16日と発表。また最終出店店舗数が173店舗となったこと、店舗名171店舗を発表。
  • 2015年(平成27年)7月14日・15日 - プレオープン。
  • 2015年(平成27年)7月16日 - 開業。

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 『小矢部市観光振興プラン 改訂版』 2014年(平成26年)3月 小矢部市観光振興課

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「小矢部アウトレット173店 計画より増加7月16日オープン」北日本新聞 2015年4月24日1面
  2. ^ a b 「160店舗350万人集客へ 小矢部・アウトレット」北日本新聞 2014年7月5日1面、5面
  3. ^ 出店決定店舗一覧
  4. ^ 「小矢部アウトレット173店舗 アクセス絶好の立地 開業時全国2番目規模」北日本新聞 2015年4月24日5面
  5. ^ 「変わるとやま商業地図1 3施設で年間1,150万人 立地・地域性緻密に分析」北日本新聞 2015年7月14日1面
  6. ^ 「観覧車名ナナイロホイール 最優秀 小矢部大谷小6の案採用」北日本新聞 2015年7月17日23面
  7. ^ 「変わるとやま商業地図4 未開の地 北陸の潜在需要に着目 」北日本新聞 2015年7月17日5面
  8. ^ 『三井アウトレットパーク北陸小矢部』へのバス運行について”. 加越能バス. 2015年6月23日閲覧。
  9. ^ 「三井アウトレットパーク北陸小矢部線」の廃止について”. 富山地方鉄道 (2016年12月22日). 2017年2月10日閲覧。
  10. ^ 「高岡 - 三井アウトレットパーク北陸小矢部線」の廃止について”. 加越能バス (2017年2月2日). 2017年7月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]