TOHOシネマズ天神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TOHOシネマズ天神・本館
TOHO CINEMAS TENJIN
Toho tenjin building.jpg
TOHOシネマズ天神本館
TOHOシネマズ天神本館の位置
情報
正式名称 TOHOシネマズ天神
旧名称 天神東宝
完成 1997年
開館 1997年3月15日
開館公演ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』(芝山努監督)
101』(スティーヴン・ヘレク監督)他
閉館 2017年3月31日
最終公演SING/シング』(ガース・ジェニングス監督)他
収容人員 (本館)1,035人
設備 ドルビーデジタル(サラウンドEX)
DLP
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 810-0001
<本館>福岡市中央区天神2丁目6-27
天神東宝ビル内
位置 北緯33度35分21.6秒 東経130度23分47.5秒 / 北緯33.589333度 東経130.396528度 / 33.589333; 130.396528 (TOHOシネマズ天神・本館)座標: 北緯33度35分21.6秒 東経130度23分47.5秒 / 北緯33.589333度 東経130.396528度 / 33.589333; 130.396528 (TOHOシネマズ天神・本館)
最寄駅 <本館>西鉄福岡(天神)駅ソラリア口)及び地下鉄空港線天神駅(2番出口)から徒歩5分
最寄バス停 西鉄天神高速バスターミナル参照
外部リンク TOHOシネマズ天神
テンプレートを表示
福岡宝塚会館
Fukuoka Takarazuka Kaikan
情報
正式名称 福岡宝塚会館
完成 1957年
開館 1957年4月20日
開館公演柳生武芸帳』(稲垣浩監督)
三十六人の乗客』(杉江敏男監督)他
閉館 1997年3月14日
最終公演アラビアのロレンス』(デヴィッド・リーン監督)他
収容人員 (5スクリーン)1,956人
設備 ドルビーサラウンド
35mm映写機
用途 映画上映
運営 東宝九州興行株式会社
所在地 810
福岡県福岡市博多区中洲5丁目5-1
最寄駅 地下鉄空港線・箱崎線中洲川端駅
テンプレートを表示

TOHOシネマズ天神(とうほうシネマズてんじん)は福岡県福岡市中央区天神で、東宝系作品を中心に上映するTOHOシネマズ経営・運営の映画館きらめき通り沿いの天神東宝ビルにある「天神本館」と、ソラリアプラザにある「天神ソラリア館」の2館からなったが、天神本館が2017年3月31日をもって閉館されたため、現在は天神ソラリア館(3スクリーン)のみが営業している。

本項では1997年3月15日から2017年3月31日まで営業した「天神本館」(旧「天神東宝」)及び、前身となった施設「福岡宝塚会館」(ふくおかたからづかかいかん)について扱い、天神ソラリア館については、

沿革[編集]

福岡宝塚会館
  • 1956年12月1日:株式会社福岡宝塚会館設立。
  • 1957年4月20日:福岡市中洲にて「福岡宝塚会館」(宝塚劇場・スカラ座・東宝シネマ・東宝名画座)の営業を開始。
  • 1961年11月1日:合併により(株)福岡宝塚会館が「東宝九州興行株式会社」に改称される。
  • 1977年:東宝シネマ・東宝名画座を「東宝シネマ1・2」に改称。
  • 1986年8月1日:改装により5スクリーン化(宝塚劇場・スカラ座・宝塚シネマ1・2・3)。
  • 1993年:全スクリーン名を「福岡宝塚1・2・3・4・5」に統一。
  • 1997年3月14日:福岡宝塚会館を閉館。
天神東宝→TOHOシネマズ天神
  • 1997年3月15日:天神東宝ビルがグランドオープン。6スクリーンのシネマコンプレックス天神東宝」の営業を開始。
  • 1999年3月1日:東宝九州興行が「九州東宝株式会社」に社名変更。
  • 2008年3月1日:九州東宝がTOHOシネマズに吸収されたことに伴い、天神東宝がTOHOシネマズの運営となる。
  • 2012年1月21日:ソラリアプラザにあった映画館「ソラリアシネマ1・2・3」(2011年11月30日閉館)と統合し、館名を「TOHOシネマズ天神」に改称。天神東宝が「本館」、ソラリアシネマが「ソラリア館」となり、総計9スクリーンのシネマコンプレックスとなる[1]
  • 2016年9月30日:建て替えに伴い2017年3月末をもって本館を閉館することを発表[2]
  • 2017年

データ[編集]

施設 所在地 現況 運営
福岡宝塚会館
(1957 - 1997)
福岡県福岡市
博多区中洲5丁目5-1
三井ガーデンホテル福岡中洲
(2020年7月1日開業)[4]
株式会社福岡宝塚会館
(1957年4月20日 - 1961年11月30日)

東宝九州興行株式会社
(1961年12月1日 - 1997年3月14日)
天神東宝

TOHOシネマズ天神・本館
(1997 - 2017)
福岡県福岡市
中央区天神2丁目6-27
リッチモンドホテル福岡天神西通り
(2019年3月22日開業[3]
東宝九州興行株式会社
(1997年3月15日 - 1999年2月28日)

九州東宝株式会社
(1999年3月1日 - 2008年2月29日)

TOHOシネマズ株式会社
(2008年3月1日 - 2017年3月31日)

概要[編集]

福岡宝塚会館[編集]

1957年4月20日福岡市博多区中洲に「福岡宝塚会館」が開業。1904年から存在した芝居小屋『寿座』の跡地に[5]、宝塚劇場(開業当時の座席数は1302席)、スカラ座(同807席)、東宝シネマ(同675席)、東宝名画座(同252席)の4スクリーンを有する映画館ビルとして建てられた[6]。当時の福岡市内には81スクリーンの映画館が存在し、そのうち中洲には当館4スクリーンを含む21スクリーンがあった[7]

1986年8月1日、東宝シネマと名画座を分割改装し、宝塚シネマ1・2・3としたことに伴い、5スクリーンの映画館ビルになる[6]。更に1993年には全スクリーン名を「福岡宝塚1・2・3・4・5」に統一したが、同ビルの老朽化や中洲地区の治安の悪化、さらに外資シネマコンプレックスAMCシアターズ」の進出(AMCキャナルシティ13、現・ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13)もあり、競合を避けるため1997年3月14日をもって福岡宝塚会館を閉館。『アラビアのロレンス』等の名作映画を特別興行して40年間の歴史を全うした[6]。閉館後の跡地は福岡県の不動産会社福住」が管理・運営する24時間駐車場『ニューパーク中洲』を経て、2020年7月1日に『三井ガーデンホテル福岡中洲』がグランドオープンし、現在に至る[4]

福岡宝塚会館スクリーン詳細[6]
スクリーン 所在階 旧館名 座席数
(閉館時)
1 地下1階 東宝シネマ→東宝シネマ1→宝塚シネマ1 468
2 地下1階 宝塚シネマ3 79
3 2階 福岡宝塚劇場 625
4 5階 スカラ座 556
5 7階 東宝名画座→東宝シネマ2→宝塚シネマ2 228

天神東宝→TOHOシネマズ天神・本館[編集]

天神本館は1997年3月15日にオープンした天神東宝ビル内にあった。天神東宝ビルがあった場所には、1985年から1996年までの11年間『エリア・ドゥ』という商業施設が存在していた。同ビルの立地としては岩田屋本店本館(旧・Z-SIDE)前にあたる。

その後2001年5月にリニューアルオープン。チケット売場は1階にあり、上映されている作品のチケットはここですべて購入できた。2008年2月29日までは、九州東宝株式会社が経営・運営していたが、翌3月1日にTOHOシネマズ株式会社に経営統合された。

TOHOシネマズ天神・ソラリア館があるソラリアプラザ。

そして2012年1月21日には、前年の11月30日を以て閉館したソラリアシネマを改装し「TOHOシネマズ天神ソラリア館」としてリニューアルオープン、天神東宝に関しても同日を以て「TOHOシネマズ天神本館」へと名称を変更した[1]

東宝系のシネコンとしては、旧天神東宝が第1号である(東宝がヴァージンシネマズを買収してTOHOシネマズになる以前も含めて)。なお、天神東宝時代には「vit」及び「シネマイレージ」は対象外であった。

天神東宝ビルは開業から20年が経過し、建て替えの必要性もあったことから2017年3月31日をもってTOHOシネマズ天神・本館をすべて閉館[2]。跡地にはビジネスホテル「リッチモンドホテル福岡天神西通り」が2019年3月22日に開業した[3]。なお、天神東宝時代の2010年から実施していた『午前十時の映画祭』は、本館の閉館を機に大洋映画劇場へと移行された[8]

システム[編集]

全席指定・定員入替制となっている。そのため、前売券・株主券などの券は本館1階及びソラリア館7Fで当日券(時間指定券)に引き替えてから、各劇場に入場するシステムになっている。チケット売場で購入できるチケットは、鑑賞日当日分(当日券の購入)のみと、今後公開の前売券が購入できる。また、他のTOHOシネマズ同様PCと携帯によるチケット販売「vit」及び会員システムの「シネマイレージ」にも対応する。

各館の概要[編集]

各館とも全スクリーンデジタル対応。

天神本館
スクリーン 定員(座席数) 車椅子スペース 3D対応
1 290 2
2 50 1
3 239 2
4 113 1
5 222 2
6 112 1
天神ソラリア館
スクリーン 定員(座席数) 車椅子スペース 3D対応
7 259 2
8 113 2
9 61 1

関連項目[編集]

  • 福岡県内にある東宝系のシネマコンプレックス(いずれもTOHOシネマズ直営)
  • エリア・ドゥ - 天神東宝ビル建設前に同地にあった複合商業施設。
  • ソラリアプラザ - 旧ソラリアシネマであり、現・天神ソラリア館が入っているビル。

脚注リンク[編集]

  1. ^ a b “ソラリアプラザ7階に「TOHOシネマズ天神」が出店” (PDF) (プレスリリース), 西日本鉄道, (2011年12月1日), http://www.nishitetsu.co.jp/release/2011/11_140.pdf 2017年4月5日閲覧。 
  2. ^ a b “TOHOシネマズ 天神 一部閉館のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), TOHOシネマズ株式会社, (2016年9月30日), http://www.tohocinemas.co.jp/news/pdf/2016/160930a.pdf 2016年10月3日閲覧。 
  3. ^ a b c “ビジネス・商業エリアの中心地・福岡天神「リッチモンドホテル福岡天神通り」を'19年春開業” (PDF) (プレスリリース), ロイヤルホールディングス, (2017年2月28日), http://www.royal-holdings.co.jp/release/0bac2a985c9eec9fa8bccafd1c89e2c8.pdf 2017年4月5日閲覧。 
  4. ^ a b “「三井ガーデンホテル福岡中洲」2020年7月1日(水)開業” (PDF) (プレスリリース), 三井不動産ホテルマネジメント, (2020年6月30日), https://www.jnto.go.jp/jpn/news/member_news/m20200708_2.pdf 2022年4月21日閲覧。 
  5. ^ 弧文書資料紹介ol.5 東中洲「寿座」上映 映画チラシ”. 福岡市総合図書館 (2019年5月5日). 2022年4月21日閲覧。
  6. ^ a b c d 『3/14 さよなら 福岡宝塚会館』(レポート)、東宝九州興行株式会社、福岡県福岡市、1997年3月。2022年4月21日閲覧。「『宝塚会館』40年のご愛顧 誠にありがとうございました。」
  7. ^ 昭和30年代、映画全盛期の福岡市の映画館”. 福岡路上遺産. クラウドナイン (2014年4月9日). 2017年4月5日閲覧。
  8. ^ 福岡中洲大洋 戸田奈津子氏トークショー付き「アメリ」上映のお知らせ”. 午前十時の映画祭 (2017年3月15日). 2017年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]