ガース・ジェニングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガース・ジェニングス
Garth Jennings.jpg
生誕 (1972-03-04) 1972年3月4日(49歳)
イギリスの旗 イギリスロンドン
国籍イギリスの旗 イギリス
職業映画監督
脚本家
映画プロデューサー
俳優
作家

ガース・ジェニングス: Garth Jennings1972年3月4日 - )は、イギリス映画監督脚本家映画プロデューサー俳優作家である[1]。監督作品には、『銀河ヒッチハイク・ガイド』『リトル・ランボーズ』『SING/シング』などがある。制作会社Hammer & Tongs英語版を共同設立した。

経歴[編集]

5歳の時に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に影響され、11歳の頃父の友人が売っていたビデオカメラを使って友人と『ランボー』のような映画を作り始めたことをインタビューで語っている[2]。後にセント・マーチン芸術大学英語版に入学したジェニングスは、後に共同作業者となるニック・ゴールドスミス英語版とドミニク・ラングに出会い、1993年、制作会社Hammer & Tongsを設立した[2]。この制作会社は、主にミュージックビデオの演出や脚本を担当していた[3][4][5]レディオヘッドの楽曲「Lotus Flower英語版」のミュージックビデオで、ジェニングスは第54回グラミー賞にノミネートされた。

ジェニングスは、ダグラス・アダムズ原作の同名のメディア・フランチャイズの過去の作品を基にした2005年のSFコメディ映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』など、数多くの映画を監督した[4]

サッチャー政権下の英国の黎明期の夏を舞台にした『リトル・ランボーズ』は、『ランボー』に触発されたアマチュア映画を作ろうとする2人の男子学生の青春物語である。本作は2007年1月22日2007年サンダンス映画祭英語版でプレミア上映された[6]。その後、ニューポート・ビーチ映画祭英語版シアトル国際映画祭英語版トロント国際映画祭グラスゴー映画祭英語版などで上映された[7]。本作は、第51回BFIロンドン映画祭でも上映された。『リトル・ランボーズ』は、2008年4月4日に英国で公開され、同年5月2日に米国で限定公開された[8]

2014年1月、ジェニングスがユニバーサル・ピクチャーズイルミネーションのため、コメディアニメ映画の脚本と監督を務めることが発表された[9]。その結果、2016年12月に『SING/シング』が公開された[10]。また、バスター・ムーンの事務員として働く高齢のイグアナ、ミス・クローリーの声も担当した[11]。続編のタイトルは『SING/シング2』で、2021年12月22日の公開を予定している。

2018年、ジェニングスは『マダム』という短編映画を監督・脚本・共同制作した。本作の舞台は、エレガントな老婦人が暮らすパリの豪邸。そしてその女性の中にはモンスターが住んでいる。

作品[編集]

出演映画[編集]

監督映画[編集]

公開年 タイトル邦題 / 原題 役職 備考
2005 銀河ヒッチハイク・ガイドThe Hitchhiker's Guide to the Galaxy 監督
2008 リトル・ランボーズSon of Rambow 監督、脚本
2016 SING/シングSing
2018 マダムMadame 監督、脚本、制作 短編作品
2021 SING/シング2Sing 2 監督、脚本

監督ミュージック・ビデオ[編集]

公開年 タイトル アーティスト
1997 Hit The Wannadies
Bentley's Gonna Sort You Out Bentley Rhythm Ace
Help the Aged Pulp
1998 A Little Soul
Cancer for the Cure Eels
Last Stop: This Town
The Flipside Moloko
1999 Coffee And TV Blur
Pumping on Your Stereo Supergrass
Right Here, Right Now Fatboy Slim
Summertime Blues Guitar Wolf
2000 Theme from Gutbuster Bentley Rhythm Ace
Disillusion Badly Drawn Boy
2001 Pissing in the Wind
Imitation Of Life R.E.M.
2002 Lost Cause Beck
2005 Hell Yes
Low C Supergrass
2007 Nude Radiohead
2008 A-Punk Vampire Weekend
2009 Cousins
2011 Lotus Flower Radiohead
2013 Ingenue Atoms For Peace

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Garth Jennings - Biography - IMDb”. web.archive.org (2017年3月31日). 2021年5月31日閲覧。
  2. ^ a b Director Garth Jennings Switches to a New Beat With ‘Sing’ | Variety”. web.archive.org (2017年3月31日). 2021年5月31日閲覧。
  3. ^ Jennings, Garth (2010年12月12日). “Garth Jennings: Kanye killed my video” (英語). the Guardian. 2021年5月31日閲覧。
  4. ^ a b Hubert, Andrea (2008年3月29日). “Boys in the mud” (英語). the Guardian. 2021年5月31日閲覧。
  5. ^ Internet picks of the week” (英語). the Guardian (2011年3月12日). 2021年5月31日閲覧。
  6. ^ 2021 Sundance Film Festival” (英語). festival.sundance.org. 2021年5月31日閲覧。
  7. ^ Son of Rambow (2007) - IMDb, http://www.imdb.com/title/tt0845046/releaseinfo 2021年5月31日閲覧。 
  8. ^ Son of Rambow (2007) - IMDb, http://www.imdb.com/title/tt0845046/releaseinfo 2021年5月31日閲覧。 
  9. ^ Team, The Deadline (2016年4月6日). “‘How The Grinch Stole Christmas’ Moves Off ‘Justice League’ Date – Update” (英語). Deadline. 2021年5月31日閲覧。
  10. ^ Idelson, Karen (2016年12月20日). “Director Garth Jennings Switches to a New Beat With ‘Sing’” (英語). Variety. 2021年5月31日閲覧。
  11. ^ Felperin, Leslie (2016年9月11日). “‘Sing’: Film Review | TIFF 2016” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]