イオンモール名古屋みなと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(AとEの合字〈Æ〉)が含まれています詳細
イオンモール名古屋みなと
ÆON MALL NAGOYAMINATO
ÆON MALL Nagoyaminato.jpg
地図
店舗概要
所在地 455-0055
愛知県名古屋市港区品川町二丁目1番6号
座標 北緯35度6分11.4秒 東経136度51分45.4秒 / 北緯35.103167度 東経136.862611度 / 35.103167; 136.862611 (イオンモール名古屋みなと)座標: 北緯35度6分11.4秒 東経136度51分45.4秒 / 北緯35.103167度 東経136.862611度 / 35.103167; 136.862611 (イオンモール名古屋みなと)
開業日 1999年平成11年)11月20日[1]
閉業日 2021年令和3年)2月28日[3]
正式名称 イオンモール名古屋みなと
施設所有者 品川リフラクトリーズ株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
設計者 NTTファシリティーズ
敷地面積 74,168 m²
延床面積 132,118 m² 
商業施設面積 48,650 m²[4]
中核店舗 イオン名古屋みなと店
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
店舗数 120店
営業時間 ÆON/9:00-23:00
ベイシティ専門店街/10:00-22:00
(日曜/感謝デーは9:00-22:00)
レストラン街/11:00-23:00
(ラストオーダーは21:30-22:30と店舗別)
駐車台数 2,800台[5]
前身 ベイシティ品川[1]

イオン名古屋みなとベイシティショッピングセンター[2]
最寄駅 名古屋臨海高速鉄道あおなみ線 荒子川公園駅[5]
最寄IC 名四国道国道23号寛政IC
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール名古屋みなと(イオンモールなごやみなと)は、かつて愛知県名古屋市港区品川町にあったショッピングセンターである。

概説[編集]

1999年平成11年)11月20日に開業し、その時点でのショッピングセンターの名称は「ベイシティ品川」で核店舗の名称は「ジャスコ名古屋みなと店」であった[1]

核店舗の「ジャスコ名古屋みなと店」は2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[6]ことに伴って「イオン名古屋みなと店」に改称し、同年から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一[7]に伴い、同年11月21日よりショッピングセンターの名称も「イオン名古屋みなとベイシティショッピングセンター」から「イオンモール名古屋みなと」に変更された[2]

また、2013年(平成25年)11月からはイオンリテールの運営だった大型ショッピングセンターをイオンモールの運営に委託することになった[7]ことに伴って同社の管理運営に移行している。

大規模小売店舗立地法による届出上の店舗面積(商業施設面積)は48,650m2[4]1993年(平成5年)10月21日に開業し当時港区内最大規模のショッピングモールだったアピタ港店[8](25,729m2[4])を2倍近く上回り、開業時点では名古屋市港区内においては最大規模だったが、2014年(平成26年)6月に店舗面積55,000m2イオンモール名古屋茶屋[9]が開業、2018年(平成30年)9月28日には店舗面積59,500㎡のららぽーと名古屋みなとアクルスが開業したことにより、港区内3位となった。

また、栄地区の松坂屋名古屋店・栄ガスビル(松坂屋・エンゼルビル・栄ガスビル、80,874m2)や名古屋三越栄店・ラシック(75,860m2)、丸栄スカイル・サカエノバ(丸栄本店・栄ビル、58,022m2)名古屋駅前地区のJRセントラルタワーズ(75,065m2)や名鉄百貨店近鉄パッセ(名鉄ビル・名古屋近鉄ビル・名鉄バスターミナルビル・大手町建物名古屋駅前ビル、72,891m2)などの都心部の大型商業施設を大きく下回っている[4]

商業施設棟は4階建てで専門店街は4階まであるが、イオンの総合スーパー部分は3階までが売り場で4階・R階へはエレベーターとエスカレーターが設置されているものの、売り場は配置されていない(イオン棟屋内・屋上駐車場がある。)[10]

専門店街は、屋根の代わりにテントを張っているエンクローズドモールで、オープン当初、店側の広報の怠りによって来店客にはそのコンセプトが伝わらず、また11月下旬にオープンを迎えた事もあり、ベイシティ専門店街が「寒い」との苦情が大量に寄せられる結果となった[11]。また夏は暑い事も同様である。

専門店街は中央入口付近の「スプリングコート」とその奥の「ワールドコート」、東入口前の「フォールコート」といった広場的な空間が設置されている[10]

駐車場についてはシネマ棟・ 5階建て立体駐車場・イオン棟4階・屋上(土日祝日のみ)・平面駐車場があり、駐車台数は2800台である。高さ制限は平面含めすべて2.2m。

2015年(平成27年)3月より、イオンモール名古屋みなととイオンモール名古屋茶屋を結ぶ無料シャトルバスが運行を始めた。毎週土日と祝日のみ運行される[12]

2017年(平成29年)から当施設をまるごと使用したコスプレイベントが開催されていた[13]2020年令和2年)春と夏にも開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、さらに後述のモール閉店も重なり、2019年(令和元年)の開催が最後となった。

最近では、近隣に後から立地したららぽーと名古屋みなとアクルス(東方約2km)やイオンモール名古屋茶屋(西方約3km)等へのテナントの移転や閉店により、開業時の約120店舗から約60店舗へ大幅にテナントが減少、また、それらやインターネット通販への消費者流出に歯止めがかからなくなったため、2021年(令和3年)2月28日午後6時をもって閉店した[14][3]。また、核テナントのイオン名古屋みなと店は同日付で一時休業に入り、施設の建て替えを行う予定である[3]。閉店間近の2021年(令和3年)2月時点においては2階以上のほとんどのテナントは撤退し、デッドモール化していた。空きテナント部分には壁面アートが施されていた。

閉店日翌日の3月1日から解体工事が始まり、当初は翌2022年(令和4年)7月31日まで解体工事が続く予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大と雨天による悪天候の影響が相次いだことにより日によっては解体工事ができない日があったこと、敷地内に土地所有者の品川リフラクトリーズによる廃棄物が埋まっており、完全に撤去するのに時間がかかることから解体完了日が12月31日に延期となり、その後、新店舗の建設工事へと移行する予定である。また、イオンモール名古屋みなと専門店街は閉店、核店舗のイオン名古屋みなと店は一時休業の扱いとしているが、現時点では出店業態、開店予定日、延べ床面積等は不明である。しかし、跡地には三菱地所が物流センターを建設することが決まった。2022年(令和4年)5月9日から7月31日にかけて、イオンモール本館と映画館を結ぶ品川歩道橋の撤去工事が行われた。

テナント[編集]

店舗全体[編集]

最終営業日まで営業していた主なテナント[15]

TOHOシネマズ名古屋ベイシティ[編集]

TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
TOHO CINEMAS Nagoya Baycity
TOHO CINEMAS Nagoya Baycity.jpg
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
情報
正式名称 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
旧名称 ヴァージンシネマズ名古屋ベイシティ
完成 1999年
開館 1999年11月23日
閉館 2020年11月30日
最終公演 きみの瞳が問いかけている
収容人員 (12スクリーン)2,669人
客席数 左記参照
設備 5.1chデジタルサウンドDLPMasterImage 3D
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 455-0055
愛知県名古屋市港区品川町2丁目1-6
イオンモール名古屋みなと内
最寄駅 本文参照
テンプレートを表示

ヴァージンシネマズ名古屋ベイシティ」としてベイシティの同時に1999年平成11年)11月23日に開業した。2004年(平成16年)2月7日より現名称に変更。通常の10スクリーンに2つのプレミアスクリーンを加えた計12スクリーン・2669席で、最大のスクリーン4ではMasterImage 3Dを完備している。

イオンモール名古屋みなと本棟から道路を挟んで東側に位置し、本棟の専門店街2階から連絡橋が設置されていたが、2022年5月9日から7月31日にかけて、撤去工事が行われた。そのため、現在では、道路を横断する際、北側にある品川交差点の横断歩道を利用する必要がある。[10]

午前十時の映画祭』は2010年度(平成22年)[16]から2019年度(令和元年)[注 1]まで10年連続で参加していた。

先述のモールの閉店を前に、2020年令和2年)11月30日をもって閉館することとなり[18]、予告通りに閉館。ちなみに最終上映として『きみの瞳が問いかけている』(三木孝浩監督)がシアターPREMIER2で上映された。21年間の来場者は約1,200万人に及んだ[19]

閉館翌日の12月1日以降も建物はそのまま存続していたが、イオンモール本館の閉店日翌日の3月1日より解体工事が始まり、11月頃で解体工事が終了し、更地になった。また、現時点では、跡地の利用については不明である。

なお、名古屋市港区は1960年昭和35年)時点で5つの映画館が存在していたが、最後まで残ったポートシネマ(旧「築地劇場」)が1990年(平成2年)頃に閉館し、ヴァージンシネマズがオープンするまでの約9年間は映画館が一つもなかった[注 2]

沿革
ヴァージンシネマズ名古屋ベイシティ(1999年11月23日 - 2004年2月6日)→TOHOシネマズ名古屋ベイシティ(2004年2月7日 - 2020年11月30日)
経営・運営
ヴァージンシネマズ・ジャパン(1999年11月23日 - 2003年4月6日)→TOHOシネマズ(2003年4月7日 - 2020年11月30日)
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
スクリーン詳細
スクリーンNo. 座席数 車椅子席
1 203 2
2 334 2
3 239 2
4 488 8
5 203 2
6 334 2
7 239 2
8 97 2
9 176 2
10 176 2
PREMIER 1 54 2
PREMIER 2 98 2

交通アクセス[編集]

自動車[編集]

  • 駐車場:2,800台[5]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

無料シャトルバス[編集]

近隣店舗[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年3月26日まで[17]
  2. ^ 名古屋市西部の映画館「消えた映画館の記憶」を参照した[20][21]

出典[編集]

  1. ^ a b c “ジャスコ、街づくり基本に展開、名古屋みなと店を開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(1999年11月8日)
  2. ^ a b 『11月21日 (月) モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します』 イオン (2011年10月27日)
  3. ^ a b c “〜みらいに向かって新たに出発します〜「イオンモール名古屋みなと」2021年2月28日(日)営業終了のお知らせ 核店舗「イオン名古屋みなと店」は一時休業し、生まれ変わります” (日本語) (PDF) (プレスリリース), イオンリテール/イオンモール, (2020年12月28日), オリジナルの2021年1月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210117185817/https://www.aeonmall.com/files/management_news/1500/pdf.pdf 2021年1月17日閲覧。 
  4. ^ a b c d 『大規模小売店舗一覧 大規模小売店舗立地法による届出店舗(平成24年1月現在)』 名古屋市、2014年1月。
  5. ^ a b c d e f g イオンモール名古屋みなと アクセスガイド”. イオン. 2014年7月24日閲覧。
  6. ^ “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞(日本経済新聞社).(2011年3月2日)
  7. ^ a b “イオン、大型SCの運営を一元化 イオンモールに集約へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社).(2013年10月24日)
  8. ^ “ユニー、アピタ港店オープン、初年度90億円見込む”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(1993年10月27日)
  9. ^ 『25-4(新設):平成25年6月14日届出 イオンモール西茶屋:港区茶屋新田(縦覧期間:平成25年10月28日まで)』 名古屋市、2014年2月13日。
  10. ^ a b c イオンモール名古屋みなと フロアマップ”. イオン. 2018年5月9日閲覧。
  11. ^ 『中日新聞』1999年(平成11年)10月21日ベイシティ品川開業
  12. ^ a b イオンモール株式会社. “無料シャトルバス運行のご案内”. 2015年4月26日閲覧。
  13. ^ コスモール公式サイト
  14. ^ “「イオンモール名古屋みなと」営業終了のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), イオンリテール/イオンモール, (2020年10月7日), オリジナルの2020年12月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201221110736/https://www.aeonmall.com/files/management_news/1454/pdf.pdf 2021年1月17日閲覧。 
  15. ^ ショップガイド│イオンモール名古屋みなと”. www.aeon.jp. 2021年2月28日閲覧。
  16. ^ 第一回・午前十時の映画祭”. 午前十時の映画祭. 2022年4月15日閲覧。
  17. ^ 午前十時の映画祭10-FINAL”. 午前十時の映画祭. 2022年4月15日閲覧。
  18. ^ “TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 閉館のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), TOHOシネマズ, (2020年7月13日), https://www.tohocinemas.co.jp/news/pdf/2020/200713a.pdf 2022年4月15日閲覧。 
  19. ^ 東映公式【名古屋】 [@Toei_nagoya] (2020年12月1日). "昨日、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、最終上映をもってフィナーレされました。21年間で御来場されたお客様は累計で約1200万人。本当に!ありがとうございました" (ツイート). Twitterより2022年4月15日閲覧
  20. ^ 映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年
  21. ^ 『写真アルバム 名古屋の昭和』樹林舎、2015年7月16日、260頁。ISBN 978-4-902731-81-1 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]