有楽町イトシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有楽町イトシア
Yurakucho ITOCiA
有楽町イトシア(高層棟)
情報
用途 店舗事務所駐車場
設計者 三菱地所設計
施工 戸田建設大成建設鹿島清水建設大林組竹中工務店
事業主体 有楽町駅前第1地区市街地再開発組合
管理運営 三菱地所プロパティマネジメント
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 6,808.12 m²
建築面積 5,331.74 m²
延床面積 75,873.94 m²
階数 地上21階地下4階 棟屋1階
高さ 110m
着工 2005年1月
竣工 2007年10月10日
所在地 東京都千代田区有楽町2-7-1
座標 北緯35度40分27.3秒
東経139度45分49.5秒
座標: 北緯35度40分27.3秒 東経139度45分49.5秒
備考 総事業費:約410億円
テンプレートを表示
有楽町イトシア
Yurakucho ITOCiA
有楽町イトシア(低層棟)
有楽町イトシア(低層棟)
店舗概要
開業日 2007年10月12日
施設管理者 三菱地所ビルマネジメント
商業施設面積 23,605 m²
中核店舗 有楽町マルイ18,500m²
店舗数 45
駐車台数 287台
最寄駅 有楽町駅
外部リンク イトシアウェブサイト
Mitsubishi Estate Japanese logo.png

有楽町イトシア(ゆうらくちょうイトシア)は、東京都千代田区有楽町二丁目の有楽町駅前に所在する丸井を核店舗とするオフィスペースを兼ね備えた複合商業施設である。

イトシア(ITOCiA)の由来は「愛しい + ia(場所を表す名詞語尾)」[1]

概要[編集]

有楽町イトシアは「有楽町駅前第1地区第一種市街地再開発事業」の一環として建設された。事業は長い間休止状態となっていたが、地元の意向などを反映した上で、2002年から再開発組合による計画が再開され、発掘作業(後述)を経て2005年に着工、2007年10月12日に開業に至った。施工は戸田建設が担当。

ビル区画の多くは地権者の一つである東京交通会館第三セクター)が、駐車場についてはパーク24が所有し、共有区画の運営は権利者組合有楽町駅前開発へ委託している。

江戸時代には南町奉行所が置かれた場所にあり、着工前に埋蔵文化財の発掘調査が実施され、遺物遺構が発見された。

商業テナントは周辺のプランタン銀座有楽町西武は30歳代以上の女性(ミセス層)をターゲットとしているのに対して、丸井の出店により、20歳代の男女をターゲットとしたことで客層の棲み分けがある程度出来ている他、有楽町と周辺の銀座日比谷地区において若年者層の引き寄せにも寄与している。

施設構成[編集]

地上21階建ての高層棟と地上5階建ての低層棟が地下4階でつながる。

  • 延べ面積 - 約7万5900m2(店舗:約4万2600m2、オフィス:約2万5000m2、駐車場:約8300m2
    • 店舗ゾーンが占める面積は約4万2600m2で、衣料や飲食など45店舗が入居する。

主な入居店舗[編集]

有楽町イトシアは有楽町マルイを中核店舗とする。地下1階の「イトシアフードアベニュー」にはクリスピー・クリーム・ドーナツ有楽町イトシア店をはじめとする飲食店が入居している。11階以上はオフィススペースとなっている。別棟の「イトシアプラザ」には東京テアトル経営のミニシアター映画館ヒューマントラストシネマ有楽町」(2009年12月4日より「シネカノン有楽町2丁目」から経営・館名変更)が入居している。

徒歩3分のところのマロニエゲートはほぼ同時期にオープンしている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]