大手町フィナンシャルシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大手町フィナンシャルシティ(手前:ノースタワー、奥:サウスタワー)

大手町フィナンシャルシティ(おおてまちフィナンシャルシティ、英称:Otemachi Financial City)は、東京都千代田区大手町に位置する超高層ビルである。

概要[編集]

大手町連鎖型都市再生プロジェクトの一環である「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」として開発され、2012年(平成24年)10月に竣工した[1]。ノースタワーとサウスタワーの2棟からなり、両棟は低層部のアトリウムで接続している。連鎖再開発の一環であり、JAビルなどに次ぐ2次再開発地区に位置付けられている。日本橋川沿いに建っていた三菱総合研究所ビルヂングは当地区への容積率移転のために取り壊され、広場として整備された。

延床面積は約24万2500m2。敷地面積は約1万4100m2で、全域が都市再生特別地区の指定を受けている。代表施行者は都市再生機構、共同施行者は三菱地所、特定建築者は三菱地所、NTT都市開発東京建物サンケイビルである。

サウスタワーの地権者である日本政策投資銀行(DBJ)、および、ノースタワーの地権者である日本政策金融公庫(JFC)がそれぞれ本店を置くほか、特定建築者が賃貸事務所、賃貸店舗として運用している。

ノースタワーの規模は地下4階地上31階、延床面積は約11万0000m2、高さは154mである。設計をNTTファシリティーズ三菱地所設計、施工を清水建設がそれぞれ担当した。

サウスタワーの規模は地下4階地上35階、延床面積は約13万2500m2、高さは177mである。設計を日建設計と三菱地所設計、施工を戸田建設が担当した。

テナント[編集]

サウスタワー
ノースタワー

出典・脚注[編集]

  1. ^ 大手町再開発 事業について(UR都市機構 大手町連鎖型都市再生プロジェクト)2013年(平成25年)2月22日閲覧

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分16.9秒 東経139度45分57秒 / 北緯35.688028度 東経139.76583度 / 35.688028; 139.76583