大手町プレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大手町プレイス
OtemachiP.jpg
Otemachi PLACE
情報
用途 オフィスビル
設計者 日本設計、大林組
施工 竹中工務店、大林組
事業主体 NTT都市開発、都市再生機構
管理運営 JPビルマネジメント
敷地面積 19,900 m²
延床面積 354,000 m² (容積率1779%)
階数 West: 35階/地下3階(約178 m)
East: 32階/地下3階(約163 m)
竣工 2018年8月
所在地 東京都千代田区大手町二丁目
備考 日本郵政NTTコミュニケーションズ住友商事入居
テンプレートを表示

大手町プレイス(おおてまちプレイス)は、大手町再開発により誕生した新街区[1]

概要[編集]

2013年8月31日をもって閉館した逓信総合博物館(逓信ビル)及び旧東京国際郵便局舎跡地に「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」により建設された街区の名称であり、「ウエストタワー」及び「イーストタワー」の2棟の高層ビルで構成される。大手町における連鎖型土地区画整理事業の一環。古くは福井藩邸の跡地[2]

大手町エリア最大級となる約750平方メートルのカンファレンスホールが設けられ、ウエストタワー低層部には、約6000平方メートルのデータセンターが整備されている。

防災備蓄倉庫(約3000人分を3日分備蓄)を完備し、災害発生時には低層部を帰宅困難者の一時滞在施設として開放。大手町地域の蒸気ネットワークにも接続し、非常時冷温水システムからの排熱はエリア内のホテル・オフィスへ供給される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]