トール・ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トール・ホールディングス
Toll Holdings Limited
Toll Group Logo.png
市場情報 ASXTOL
本社所在地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ビクトリア州メルボルン
設立 1888年
業種 運輸業
代表者 Michael Byrne (取締役社長)
John Mullen (取締役会長)[1]
売上高 A$88億(2014年)[2]
従業員数 40,000人(2014年)
主要株主 日本郵便 100%
主要子会社 トールエクスプレスジャパン
外部リンク www.tollgroup.com
テンプレートを表示

トール・ホールディングス(Toll Holdings Limited)は、航空機を主体とした国際宅配便、運輸、ロジスティクスサービスを扱うオーストラリアの国際輸送物流会社。2015年5月に日本郵便により買収され同社の子会社となり、日本郵政グループの一員となる[3]。アジア太平洋地域を中心に、50カ国1200拠点のネットワークを運営している。

トールのEVトラック
ボーイング737

営業部門[編集]

トール・ホールディングスには5つの事業部門がある。

トールグローバルフォワーディング[編集]

トールグローバルフォワーディングは、複雑なサプライチェーン・サービスから拠点間貨物輸送に至るまでの範囲の国際貨物輸送およびサプライチェーン管理サービスを提供する。

トールグローバルロジスティクス[編集]

トールグローバルロジスティクスは、専門的なロジスティクス・サービスを担っており、貨物輸送、倉庫、クロスドッキング、港湾物流、サプライチェーンおよび製造などの分野で、輸送、倉庫保管などの付加価値サービスを提供する。

トール資源・政府物流[編集]

トール資源・政府物流は、オーストラリア、アジア、アフリカの石油・ガス、鉱業、エネルギー、並びに政府及び防衛部門に対して物流、サプライチェーン・サービスを提供する。

トールグローバルエクスプレス[編集]

トールグローバルエクスプレスは宅配便などを担う会社であり、サービス範囲は宅配事業、域内および州間の基幹輸送、集荷、梱包および配送、並びに文書管理、データウェアハウスおよび印刷管理などのデータ・ドキュメントサービス、並びに航空輸送および関連する荷役などを行う。

トール国内フォワーディング[編集]

トール国内フォワーディングは、オーストラリアとニュージーランド内の道路、鉄道、海上貨物輸送を担う。

関連項目[編集]

脚注[編集]