オリックス生命保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリックス生命保険株式会社のデータ
英文社名 ORIX Life Insurance Corporation
種類 株式会社
略称 オリックス生命
本社所在地 東京都港区赤坂2-3-5
赤坂スターゲートプラザ
設立 1991年4月12日
代表者 片岡 一則 (代表取締役社長)
資本金・基金 590億円
保険料等収入 1,730億89百万円
(2015年3月期)
保有契約高 7兆5,728億円
(2015年3月末)
SM比率 746.4%
(2015年3月末現在)
従業員数 942名
(2015年3月末現在)
主要株主 オリックス 100%
外部リンク http://www.orixlife.co.jp/
テンプレートを表示

オリックス生命保険株式会社(オリックスせいめいほけん、英語名:ORIX Life Insurance Corporation)は、東京都港区に本社を置く、オリックス傘下の生命保険会社

概要[編集]

オリックスとユナイテッドオブオマハ生命保険会社(米国)の合弁会社として設立され、1992年11月にオリックスグループ全額出資となった。

営業職員による販売は行わず、保険代理店チャネルによる販売と、ダイレクト(通信販売)チャネルによる直接販売を行っている。「保障ニーズにしっかりと応え、合理的で保険料が適正であり、シンプルでわかりやすい保険商品を提供する」との方針。

沿革[編集]

  • 1991年 4月 - オリックス・オマハ生命保険株式会社設立。
  • 1991年 6月 - 営業開始。
  • 1992年11月 - オリックスグループが全額出資会社となる。
  • 1993年 2月 - オリックス生命保険株式会社に社名変更。
  • 1994年 8月 - 保有契約高(個人保険)1兆円を突破。
  • 1997年 9月 - 通信販売専用商品『オリックスダイレクト保険』発売。
  • 1999年 1月 - 『オリックスダイレクト保険』インターネットでの保険契約申込予約と第1回保険料決済を開始。
  • 1998年 9月 - 保有契約高(個人保険)2兆円を突破。
  • 2001年 3月 - 保有契約高(個人保険)3兆円を突破。
  • 2005年10月 - 定期保険「Fine Save(ファインセーブ)」発売。
  • 2006年 5月 -「医療保険CURE(キュア)」発売。
  • 2008年 5月 - 女性専用「医療保険CURE Lady(キュア・レディ)」発売。
  • 2010年 3月 -「がん保険Believe(ビリーブ)」発売。
  • 2010年 7月 -「収入保障保険Keep(キープ)」発売。
  • 2010年10月 - 引受基準緩和型「医療保険CURE Support(キュア・サポート)」発売。
  • 2011年 5月 - オリックス生命ダイレクト公式サイトにて、インターネットによる保険申込みサービスを開始。
  • 2011年 5月 - 「インターネット申込専用定期保険Bridge(ブリッジ)」発売。
  • 2012年 7月 - 本社を新宿区西新宿から港区赤坂へ移転。
  • 2012年10月 - 保有契約高(個人保険)5兆円を突破。
  • 2013年12月 - 個人保険の保有契約件数200万件突破。
  • 2015年 7月 - オリックスが買収し子会社化した米国ハートフォードの日本法人であったハートフォード生命保険を合併[1][2]

主力商品[編集]

医療保険CURE(キュア)シリーズ[編集]

  • 医療保険 新CURE(新キュア)
  • 医療保険 新CURE Lady(キュア・レディ)
  • 医療保険CURE Support(キュア・サポート)

Fine Save(ファインセーブ)<定期保険>[編集]

解約払戻金をなくし、保険料を抑えた定期保険

Bridge(ブリッジ)<ネット専用定期保険>[編集]

インターネット申込専用の定期保険

脚注[編集]

外部リンク[編集]