ニユートーキヨー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ニユートーキヨー
NEWTOKYO RESTAURANT CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0022
東京都中央区日本橋室町4-3-18
東京建物室町ビルB1F
設立 1945年8月6日
1937年6月9日 (創業)
業種 サービス業
法人番号 1010001026001
事業内容 飲食店、給食、貸席、宴会場の経営
代表者 櫻井耕造(代表取締役社長)
資本金 3億6千万円
従業員数 約700人
主要子会社 新星苑
エヌティー・トレーディング・コーポレーション
横浜ソフトデベロップメント
外部リンク newtokyo.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ニユートーキヨーは、日本の外食産業の企業で1937年(昭和12年)6月9日に創業。本社所在地は東京都中央区日本橋室町4-3-18。「ユ」「ヨ」は小書き文字ではないが、ニュートーキョーと読む。本社ビル(二代目)には映画館「TOHOシネマズ有楽座」(旧称「ニュー東宝シネマ1」)が入居していたことで知られる[1]

沿革[編集]

  • 1937年6月9日 - 新宿区百人町に本社を設置し創業(同社創業)[2]
    • 同年10月1日 - 合名会社ニユートーキヨーを設立[2]
  • 1945年8月6日 - 株式会社ニユートーキヨーを設立(同社設立)[2]
  • 1949年5月1日 - 料飲禁止令解除。全国で飲食店があいつぎ開店。外食産業の夜明けとなる。 当社も関東、関西10店のビヤホール再開を果たす。
  • 1969年4月25日 - ㈱新星苑を設立。
  • 1976年5月17日 - コンピュータ導入。経営管理資料ならびに機構等の効率的運用を推進。
  • 1979年11月21日 - ニユートーキヨー商事㈱を設立。
  • 1991年4月19日 - ㈱沖縄リック・ユ経営によるパブレストラン、「リック・ユ」を開店。
  • 1991年5月9日 - 経営コンサルタント業務等を目的とした ㈱横浜ソフトデベロップメントを設立。
  • 1991年8月1日 - ㈱エム・エヌ・エス経営による大型シーフードビヤレストラン「ピア晴海」をウォーターフロントに開店。
  • 1992年6月7日 - 宇都宮イーストウッド・カントリークラブの食堂運営受託を開始。
  • 1993年7月16日 - 横浜みなとみらい21ランドマークプラザ内に新タイプのビヤホール「ビヤ・ドック」を開店
  • 1993年年10月9日 - 東京競馬場常設スタンド内にレストランと売店を開店。
  • 2009年10月12日 - 千代田区有楽町へ本社機能移転[2]
  • 2010年5月1日 - 数寄屋橋本店ビルを所有していたニユートーキヨー不動産株式会社を合併[2]
  • 2015年3月8日 - 数寄屋橋本店ビル、老朽化と再開発のため閉店。東京建物室町ビルB1Fへ本社機能移転。

概要[編集]

「庄屋」、「いっさい」、「ななは」、「VINO VITA」、「五香路」、「百干」、「河岸番外地」などのチェーン店を経営している。グループ会社の新星苑(東京都渋谷区)では、札幌市の「サッポロビール園」、恵比寿ガーデンプレイス内で「ビヤステーション 恵比寿」を運営する。子会社には新星苑のほか、エヌティー・トレーディング・コーポレーション(東京都杉並区)、横浜ソフトデベロップメント(東京都千代田区)がある[3]

ニユートーキヨー本店[編集]

ニユートーキヨー本店
Newtokyo
ニユートーキヨー本店(2015年閉店)
ニユートーキヨー本店(2015年閉店)
店舗概要
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町二丁目2番3号
座標 北緯35度40分22.7秒 東経139度45分41.8秒 / 北緯35.672972度 東経139.761611度 / 35.672972; 139.761611座標: 北緯35度40分22.7秒 東経139度45分41.8秒 / 北緯35.672972度 東経139.761611度 / 35.672972; 139.761611
開業日 1957年10月9日
正式名称 数寄屋橋本店ビル
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線銀座駅C1出口すぐ
有楽町センタービル向い
ニユートーキヨー
テンプレートを表示

ニユートーキヨー本店(にゆーとーきよーほんてん、別名:数寄屋橋本店ビル)は東京都千代田区有楽町二丁目2番3号にあったビヤホールビヤガーデン映画館が入居していたニユートーキヨー管理の本社ビル。

沿革[編集]

  • 1937年6月9日 - 東京都千代田区有楽町二丁目2番3号に地下1階・地上5階建のスキヤ橋本店ビル(初代)を竣工して開業(同社創業)[2]
  • 1952年5月26日 - スキヤ橋本店の接収解除[2]
  • 1957年10月9日 - 地下2階・地上9階建の本社ビル完成[2]
  • 1972年5月 - スキヤバシ映画がニュー東宝シネマ2に改名。
  • 1978年 - 外装をレンガ造りに改装。
  • 1989年11月6日 - 本店再オープン。
  • 1990年3月9日 - 本店1階増床オープン、地下に「バー・B」を開店。
  • 1995年6月 - ニュー東宝シネマ2閉館。
  • 1996年6月11日 - 本店地下にヨーロッパテイストの本格的ビヤホール「ビヤケラー」を開店。
  • 2015年3月8日 - 数寄屋橋本店ビル、老朽化と再開発のためこの日で営業終了。ビヤホールは有楽町電気ビル店に移る。

概要[編集]

1958年(昭和33年)に埋め立てられるまでは、同社本店ビルのそばに江戸城外濠と数寄屋橋があった[2]。1937年(昭和12年)6月9日に初代の本店ビルが建つ前、大正末年には有楽タクシー(現在の日本交通)の営業所があった[4]

フロア案内[編集]

初代
フロア概要
5F 事務所
4F 喫茶&ビアテラス
3F すきやき
2F 和食堂
1F 大ビアホール
B1F ドイツ風ビアホール
2代目
フロア概要
9F イタリアンダイニング ラ・ステラ
8F 高尾
7F 桃杏樓
6F ロチェスター
5F 事務所
4F
3F TOHOシネマズ有楽座(後述)
2F さがみ
1F
B1F ヴィノヴィータ有楽町店
B2F ビヤケラー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 有楽座、港町キネマ通り、2005年8月取材、
  2. ^ a b c d e f g h i ニユートーキヨーの歴史、ニユートーキヨー、2014年2月11日閲覧。
  3. ^ グループ企業、ニユートーキヨー、2014年2月11日閲覧。
  4. ^ 東京のタクシー100年史東京ハイヤー・タクシー協会、2014年2月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『映画年鑑 1961 別冊 映画便覧』、時事通信社、1961年発行
  • 『映画年鑑 1967 別冊 映画便覧』、時事通信社、1967年発行
  • 『映画年鑑 1975 別冊 映画便覧』、時事映画通信社、1975年発行
  • 『映画年鑑 1999 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1999年発行
  • 『映画年鑑 2006 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、2006年発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]