セイ!ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セイ!ヤング』は、1969年から1994年にかけて、文化放送で放送されていた深夜放送ラジオ番組

「セイ!ヤング」 (1969-1981)[編集]

1969年6月2日より放送開始。放送時間は平日深夜24:30-27:00(1978年4月から、平日深夜25:00-27:00に変更)。

生放送でパーソナリティの話、聴取者からのはがき、リクエスト音楽によって構成されていた。

若き日の土居まさるみのもんた橋本テツヤ落合恵子吉田照美といった歴代の文化放送の人気アナウンサーを筆頭に、1970年代後半には、当時の人気アイドルである郷ひろみなどもパーソナリティーに起用したり、東京へ本格進出する以前に、地方(特に大阪名古屋地区)の深夜放送での人気ぶりを背景に、笑福亭鶴瓶兵藤ゆきをいち早く起用するなど、バラエティー豊かなパーソナリティー陣を擁し、同じ時間に放送されていた裏番組「オールナイトニッポン」や「パックインミュージック」と共に深夜放送全盛の時代を支えた。

若者たちは、両親、教師よりもパーソナリティーの言葉を信じ、パーソナリティーはアイドル化していった。

セイ!ヤングでは、特に土居まさる、橋本テツヤが多くのファンに支持され、リクエストはがき枚数を競っていた。後に、土居、橋本は深夜放送の人気を背景にテレビ司会者に転向し、成功をおさめた。

末期は、放送時間が30分短縮され、完全に「オールナイトニッポン」と「パックインミュージック」の裏番組となっていった。

歴代パーソナリティー[編集]

期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1969.4 1969.12 みのもんた 橋本テツヤ なかにし礼 小島まこと 土居まさる 金原亭桂太
1970.1 1970.3 加藤諦三 桂竜也
1970.4 1970.9 はしだのりひこ 桂竜也 橋本テツヤ
1970.10 1971.9 土居まさる みのもんた かまやつひろし 落合恵子 加藤諦三
1971.10 1972.9 かまやつひろし
はしだのりひこ
野末陳平
1972.10 1973.3 谷村新司

谷村新司
ばんばひろふみ
せんだみつお みのもんた 黒沢順一
1973.4 1973.9 中田秀作 落合恵子 せんだみつお
1973.10 1974.9 せんだみつお 落合恵子 土居まさる 黒沢順一 下田逸郎
1974.10 1974.12 落合恵子 グレープ せんだみつお なべおさみ
水沢アキ
梶原茂
1975.1 1975.9 せんだみつお グレープ 山本雄二
水沢アキ
1975.10 1976.3 山本雄二 (放送終了)
1976.4 1977.3 甲斐よしひろ 井上順
1977.4 1977.9 なぎら健壱 山本雄二
1977.10 1977.12 佐々木功
1978.1 1978.3 (週替わり)
1978.4 1979.3 かぜ耕士 笑福亭鶴瓶 吉田照美 長谷川きよし 吉田拓郎
1979.4 1979.9 岸田智史 ふとがね金太
1979.10 1979.12 (不明)
1980.1 1980.3 浜田省吾
1980.4 1980.9 兵藤ゆき 吉田照美
1980.10 1981.3 桜田淳子[1] 郷ひろみ
アン・ルイス

郷ひろみ
ピンク・レディー
大友康平
1981.4 1981.9 やしきたかじん 郷ひろみ ぽん太
(小林寛子)
[2]
大友康平 ザ・ぼんち

「さだまさしのセイ!ヤング」 (1981-1994)[編集]

さだまさしのセイ!ヤング
ジャンル トーク番組
放送方式 生放送(録音の場合もあった)
放送期間 1981年10月10日 - 1994年4月2日
放送時間 毎週土曜23:00-24:30(90分)
放送回数 648
放送局 文化放送
ネットワーク 東海ラジオ放送MBSラジオIBC岩手放送
パーソナリティ さだまさし
出演 廣田泰永、山下純二ほか
テンプレートを表示

概要[編集]

1981年9月をもって、帯番組としての「セイ!ヤング」は終了し、後番組はそれまでのような若者向け深夜放送ではなくなった。 グレープ時代にパーソナリティーを務めていたさだまさしは終了の方針を聴き、「若者向けの深夜番組が復活するまで、俺が(文化放送の)深夜放送の灯を守り続ける」と「セイ!ヤング」の名を引き継ぐ形で同年10月10日より土曜深夜に「ナイト&ラブ さだまさしのセイ!ヤング」の放送を開始した(後に「さだまさしのセイ!ヤング」と改名)。さだの話芸と、リスナーの投稿ハガキに支えられて、1994年4月2日で終了するまで、放送期間12年半、放送回数600回を越える長寿番組となった。また、さだがハガキを読む際に「**の**さんから。いらっしゃーい」と言って土鈴を鳴らすことでも知られていた[3]

生放送[編集]

さだは年間百数十公演という多忙なコンサートツアーやレコーディングをこなしながら(さだはソロコンサート4000回超という日本人という記録を持っている)、原則として生放送で放送した。このため、自宅最寄の信越放送諏訪放送局やツアー先の最寄りの放送局、時には宿泊先のホテルから放送が行われることも多かった。1986年1月18日の放送は、群馬県での公演を終えてすぐ、移動途中からでも生放送が出来るように中継車に乗って文化放送に向かったが、23時の時点で到着できず、文化放送まであと数百メートルという所で急遽イタリア料理店に入って生放送を始め、小声での内容のはがきを読み始めた。しかしゲストの堀内孝雄が既にスタンバイしているとあって、改めてスタジオに向かうことにし、6分53秒の曲『もーひとつの恋愛症候群』(アルバム『自分症候群』収録)を流し、これとCMの間にさだはスタジオに入り改めて生放送を開始した[4]

1988年8月6日長崎市内で行われたコンサート『夏 長崎から さだまさし』の終了後、長崎放送からの生放送だったが、さだが遅れて間に合わなかったため、当番組で月1回映画情報を担当していたおすぎと当時のさだのマネージャー・廣田泰永がつないだ。23:30前にさだが到着し、コンサートのお礼などを話し始めたが、この日のコンサートの出演者だった松山千春も入り、さだ・松山・おすぎによる暴露のし合いなどトークが盛り上がり、結局この日は1枚もはがきを読めずに番組が終わり、はがきコミュニケーションラジオをモットーとする当番組にとって珍しい回となった[4]

「諸般の事情」[編集]

なお、レコーディングやコンサートツアーなどの都合上どうしても生放送で放送できない時は「諸般の事情」と称して録音放送を行っていた(録音だとは言わずあくまでも「諸般の事情」としか言わなかった)。この際には、後述する通常の生放送とは違う企画で放送されることが多かった。

通りがかりの人々[編集]

公開番組ではなかったのだが、文化放送からの放送時には「通りがかりの人々」としてファンがスタジオに入っていたこともある。これは入り待ち・出待ちのリスナーが、住宅街である新宿区若葉にあった当時の文化放送局舎前に深夜たむろすることによる周辺への影響を懸念した局側の特別措置で、公式に「番組中はスタジオを開放して見ることができます」と明言してしまうとリスナーが集まりすぎ収拾がつかなくなるために、番組上は(半ばネタの意味合いも込めつつ)「文化放送内に入って第1スタジオの中を通るルートで移動中だったが、ふと脇を見るとさだまさしが番組をやっていたので」見て笑っている、あくまでも通りがかっただけの人たちである、という設定がとられた。番組が終了する24時半は終電も出てしまった時間ということもあり、来ること自体や帰路についてもリスナー個々の自己責任での行動が求められた。局やスタッフ側のリスナーへの信頼と、その信頼に応えるべくマナー遵守を徹底したリスナー側、双方の関係が極めて良好であったからこそ可能になった稀有な例と言える[3]。後の「セイ!ヤング21」月曜日でも文化放送から公開を行ったが、情勢の変化による局舎保安上の問題や録音が多かったことなどから、「通りがかりの人々」の名前を残しつつも事前申込制となった(2010年現在においても、このような措置をとる局は存在しないといってよい)。

さだ企画スタッフの出演[編集]

  • 廣田泰永 (ひろた やすなが) 京都府出身。本職はさだのマネージャー。さだ企画内の芸名は「広田カス」。
さだのアシスタント(というよりは相方)を、なぜかマネージャーである彼が務め、そのとぼけたキャラクターでリスナーの人気を得ていた。廣田はコンサートツアー中に宿泊先が火事になった際、さだを置いて浴衣に革靴、両肩にショルダーバッグ姿で1人で逃げてしまったり(挙句、報道映像にその様子が映っていた)、とある新幹線の駅で乗車位置を間違え、乗るべき列車がまさし一行の前を通過してしまったなど、コンサートでも話のネタにされやすい人物である。「セイ!ヤング」終了後は「-大世界社」でもアシスタントを担当。2005年リリースのさだのシングル『がんばらんば』のプロモーション・ビデオにもバックダンサーとして出演している。
  • 山下純二 (やました じゅんじ) 長崎県島原市出身。さだのデビュー当時以来の事務所スタッフである。
『深夜の句会』では、彼が「山下暗庵」の号で独特の暗いギャグを放っており、彼のファンも多かった。さだとの「好きな作家は?」「太宰です」「好きな花は?」「彼岸花です」「好きな色は?」「ドドメ色です」というやりとりが恒例になっていた。
(出典:[5]

放送していたラジオ局[編集]

  • 文化放送(土曜23:00-24:30)

以下の局は飛び乗り

  • 東海ラジオ放送(土曜23:30-24:30 同時ネット 開始当時は24:00までの同時ネットで新聞のラテ欄では「さだのヤング」と表記。)
  • IBC岩手放送(土曜24:00-24:30 同時ネット)
  • MBSラジオ(土曜24:30-25:30 東海ラジオ放送分を時差ネット。録音素材の特性によるものか、同局放送分は小さくハムノイズが入っていた)
    • それ以外の局については、時期によるネットの有無や時間帯の変更があったものの、プロ野球シーズンオフ編成では概ね日曜21時からの60分、あるいは月曜21時半からの30分に編集したものが遅れ放送されていた。なお、さだの出身地であるNBCラジオでは日曜深夜に60分に編集したものが遅れ放送されていた。
    • 「-大世界社」は毎日放送ではなくABCラジオにネットされた。

主なコーナー[編集]

ここでは主に番組末期の1990年代初頭のものを記す。さだは1枚でも多くリスナーの葉書を紹介することを優先していたため、シンガーソングライターがやっている番組なのにもかかわらず、歌がほとんどかからない回も多かった。また、さだの妹の佐田玲子がゲストとして来ることも多かった。

23:00-23:30[編集]

(23時台提供はヤクルト→東鳩製菓(現東ハト)。)

  • オープニング
    • ネットの関係で番組は3つのゾーンに分かれていたが、テーマ曲『夜明けが来る前に』はここでのみ流れた。なお、さだはオープニングトークをほぼ必ず『夜明けが来る前に』が終わるのと同時に終わらせていた(後にさだが担当した「セイ!ヤング21」月曜日でも同様)。彼の話芸が発揮された一つの例である。
  • あなたも文化放送広報部 新聞発表のコーナー
    • 新聞の番組欄に掲載されるサブタイトルを公募するコーナー。作品はたった1行(9文字)なのに採用者には4千円分の図書券(1ヶ月の新聞代相当)とその日の番組欄の超拡大コピーがプレゼントされるという太っ腹なコーナーだった。コーナー名にちなんで、グレープ時代の楽曲『朝刊』のイントロがオープニングに使われていた。採用されたネタは「幸か不幸か甲府から」「人生楽ありゃQRさ」(QR=文化放送)のようにさだが放送を行う地名や放送局を絡めた駄洒落が多く、時には「頭にまだKRY」(KRY=山口放送)のようなさだの自虐ネタも採用されていた。最終回に至っては当時大流行していたサントリーモルツのCMソングの「うまいんだな、これが」に掛けて「終わるんだなこれが」という他のラジオでは考えられないようなサブタイトルが採用されていた。
  • 廣やんのすぐそこで見てきたようなプロ野球ニュース
    • タイトルの通り、廣田が当日のプロ野球の試合結果を伝えるコーナー。さだはヤクルトスワローズのファンで、優勝時にはスワローズの選手が電話で出演したこともある。
  • おハガキ大紹介
    • 「普通のお便り」紹介コーナー。コーナーのオープニングは、さだの楽曲『絵はがき坂』のイントロでスタート。
このコーナーのあと、『天までとどけ』のピアノ演奏が流れ、さだが「大阪、名古屋の皆さんを待ちましょう」と言って23:30となる。

23:30-24:00[編集]

  • 飛び乗りの東海ラジオ・MBSラジオリスナー向け挨拶
    • 番組アタック(ジングル)に続けて「大阪・名古屋の皆さんいらっしゃーい、さだまさしです。」と始まっていたが、後に「大阪・MBSラジオ(時期によっては「毎日放送」と読んだこともある)、名古屋・東海ラジオでお聴きの皆さんいらっしゃーい」に改められる。両局のエリアはそれぞれ近畿と中京の広域圏であり、大阪市(大阪府)、名古屋市(愛知県)のリスナーだけではないこと、他の地方のリスナーも韓国局の混信が強い文化放送を避け両局を聴いていた人がいた関係とみられるが、理由については特に明言されていない。
  • お茶飲み話笑科大学(後に「国際ハーベスト大学」へ移行)
    • 通称「お茶笑大」。毎月テーマを決めたネタはがきコーナー。初回採用時は葉書に「入学希望」と記し、葉書の採用と入学許可を得たら(ごく稀に不許可になる場合もある)、2回目の葉書から「1回生 単位無し」「2回生 1/3」などと自分の回生(学年)と取得単位数を自己申告する。1回採用されると単位が1/3もらえ、3/3で次の回生に進む。一般大学同様に進級していき、「4回生 3/3」で卒業試験を受ける。大学院も設定されていて、学部卒業試験に合格すると修士課程に進み、さらに優秀な成績を修めると博士課程に進める。
    • 定番だったテーマには、会話ネタや一言ネタで笑いをとる「3秒笑劇場」や、普通・明るい・暗いという3段オチを作る「陰陽THEワールドin○○(収録地)」などがあった。これらのテーマは、後の「ハー大」「国技館」にも引き継がれた。
  • 国際ハーベスト大学(後に「お笑い国技館」へ統合)
    • 通称「ハー大」。「ハーベスト」とは東鳩のビスケットの製品名である。「お茶笑大」を受け継いだネタはがきコーナー。「入学希望」から卒業まで目指すところは「お茶笑大」と同様だが、1回生からの単位取得方法は内容の面白さでの「松(10点)・竹(5点)・梅(3点)」の得点形式となった。10点獲得のたびに次の回生に進級するが、端数は持ち越されない(例えば梅を2回取得(6点)し、次に竹(5点)を取得しても余った1点は切り捨て)。4回生修了時に卒業試験を行ない、晴れて卒業となったら後述の「お笑い国技館」に「幕下付出し」として異動となる。
    • 普段は「梅」「竹」が多かったが、佐野量子がゲストのときは普段は「竹」相当の作品でも「松」評価となった。これは佐野が当時武豊との交際が報道されたばかりだったため、「たけ」を避けたのだが、採点役の廣田が最後の作品の時に「竹」と京都弁で言ってしまい、スタジオを騒然とさせた。
  • お笑い国技館
    • 「ハー大」同様ネタはがきコーナー。こちらは相撲になぞらえた昇進システムを取り、「入門希望」から「横綱」を目指す。フォッサマグナを境界とする東日本および九州のリスナーは「佐田ヶ嶽部屋」に、九州を除く西日本のリスナーは「カス野部屋」に所属という設定があった。また、十両に昇進したリスナーは出身地にちなんだ四股名を与えられ、以降はこのコーナーに限り四股名で投稿することが義務付けられ、その代わりに住所の省略が可能となった。ちなみに横綱は、番組の最終回に1人誕生したのみで終わった。

これらネタはがきコーナーは、後の「セイ!ヤング21」月曜日でも江戸落語の昇進システムを用いた「お笑い三流亭」、料理人としてシェフを目指す「お笑いリストランテ」が放送された。

  • ほほえみポスト さだの「案山子」のインストゥルメンタル・ヴァージョンがBGM
    • 主に子供にまつわるほのぼのエピソードのコーナー。採用記念品は東鳩製品の詰め合わせ。

コーナーの後は何枚か普通のハガキを読んだり、廣田マネージャーやゲストなどとフリートークをしていた。その後『主人公』のピアノ演奏が流れ、さだが「岩手の皆さんを待ちましょう」と言って24:00となる。

24:00-24:30[編集]

(一時期この枠は消滅するがリクルート提供(クレジット上は海外旅行情報誌「AB-ROAD」名義)で「さだまさしのセイ!ヤングアネックス」として復活。ここで紹介するのは主に「アネックス」時代のコーナー。なお、番組末期のスポンサーは当時さだがテレビCMのキャラクターを務めていたダスキン。)

  • 飛び乗りの岩手放送リスナー向け挨拶
    • 当初は23:30の挨拶同様に「岩手の皆さん―」だったが後に「岩手放送でお聴きの皆さん―」に改められる。
  • ラジオドラマ『グレープ物語』『天正少年使節』など(不定期)
  • かつさんのクイズ「いっすよー」
    • リクルートが当時出資していた岩手県の安比高原リゾートにあるホテル安比グランドの支配人、勝マサユキ(さだの友人でもある)をクイズ出題者として電話出演させて、同じく電話出演のリスナーに回答させたもの。岩手放送へのアネックス枠のみのネットはこのコーナーがある関係。
  • 八十秒間世界一周
    • クイズ「いっすよー」に替わって開始。リクルートの海外旅行情報誌「AB-ROAD」にちなみ、テーマに沿った海外旅行エピソードなどを募集したコーナー。
  • セイ!ヤングアタック
    • いわゆるジングルを文化放送ではアタックと称す。「深夜の句会」前のCM明けアタックのみ、主にさだの曲や過去の番組内容から編集してリスナーが作ったネタテープをオンエアしていた。採用記念品は番組オリジナルテレホンカードと新品のカセットテープ
  • 深夜の句会
    • 名物コーナー。毎回お題に合わせたリスナーの俳句(というより川柳)を紹介する。暗いネタ担当選者の山下暗庵、下らないネタ担当の廣田御免、そして佐田我慢(さだ)が主要な選者だった。初期には山下らと同じさだ企画のスタッフである金山たかしが「金山裸丼」の号で選者を務めていた。
  • さだまさし総合文化研究所
    • 通称「さだ総研」。月ごとの研究テーマに対し、リスナーから自由投稿によるレポートを紹介。深夜の句会と入れ替わって開始。若干内容を変えつつ、後の「大世界社」「21」でも放送された。
  • ちょっといっぷく(後にディレクターの名を取った「神蔵のくれた5分」(さだの『神様のくれた5分』のもじり)、「青山カフェ」などに変わった。
  • ウヒョヒョヒョのコーナー
    • 「ハー大」や「国技館」でも活躍した葉書職人で当時東大生だった畑中隆爾(現在は弁護士となっている[1])が書いてきた葉書(東大で飼っている鶏の鶏冠の触感が思わず「ウヒョヒョヒョ」と言ってしまいたくなるという内容)が発端となり、「ウヒョヒョヒョ」と言いそうになるものをテーマにしたコーナー。元々レギュラーコーナーとするつもりはなく数週で終了。
  • ラストレター さだの『セロ弾きのゴーシュ』のインストゥルメンタル・ヴァージョンがBGM
    • 最後のハガキは基本的にしんみりしたり、感動したりするような、真面目な内容のハガキが多かった。ちなみにさんざんギャグを言ったあと、真面目なハガキでしめる、というのは中島みゆきの深夜番組などでも行われていたスタイルである。
  • 今週のピカイチと大たわけ
    • その週で読まれた投稿や話題になった人物から、もっとも秀逸なものには「ピカイチ」として記念品が、もっともくだらないものには「大たわけ」として味噌が贈られた。味噌を送るのは、味噌汁で顔を洗って反省しなさい、ということだったが、これはさだ流の冗談であり、たまに「実行しないように」とたしなめていた。
  • 今週の大分合同新聞「ミニ事件簿」のコーナー
    • 大分合同新聞の夕刊に連載されているミニ事件簿(小規模の事件や警察官・記者の身の回りの出来事など、通常は記事とならない程度の事柄を取り上げたコラム 全国紙でこれに相当するものに、朝日新聞の「青鉛筆」)。文章の最後に、「怒り心頭の警官はプリプリ!」など、およそ新聞では表現しない文体に魅せられたさだが毎週取り寄せて朗読。「セイ!ヤング」終了後は「-大世界社」でも取り上げられていた。また、コンサートネタになることもしばしば。一連のさだの功績により全国的にも一定の知名度を持つコラムとなった。

「プルタブを集めて車椅子」企画[編集]

1987年頃、当時はアルミニウムの価格が比較的高かったので、捨てられているアルミ缶を集め、廃品回収・リサイクル業者に売却し、その売却益で車椅子を購入し寄付しようというボランティア企画が番組内で行われた。当時はまだアルミ缶が少なく、またアルミニウムのリサイクルはアルミニウムを生産するよりも電力消費量が格段に少なく済むため環境に優しいという配慮もあった。東京都新宿区内のさだまさしの関係する施設(店舗)が一時集積場所とされたが、遠隔地在住の番組リスナーに対してはアルミ缶を宅配便などで送ることは送料等がむしろ高コストになることからしないよう呼びかけ、どうしても協力したいリスナーは番組に対するメッセージを送る封書にプルタブ(プルトップ)を同封することで余計な送料をかけずに参加するよう呼びかけられた。当時のプルタブは缶から外れる構造だったため、プルタブの散乱も社会問題となっていた背景もあった(1990年代以降は缶から外れにくいステイオンタブ式が主流となったため、プルタブが散乱する問題はほとんどなくなった)。やがて番組企画は終了したが、現在も小学校を中心に番組企画と同様にアルミ缶を回収、あるいは短絡的に捉えプルトップのみの回収を行うボランティア活動が行われることがある[6][7]。また一部では「プルトップを集めれば車椅子に交換してもらえる」といった都市伝説が生まれることにもなった。

シリーズの中断とその後[編集]

Come on FUNKY Lips!』スタートによって、若者向け深夜放送が帯番組で復活する事となりさだの公言していた目的が達成された事、また『大学受験ラジオ講座』が平日から土日のみの放送になることで「セイ!ヤング」枠の消滅や、さだが生放送でのスタイルで喋り続けることが年齢的にきつくなり、本業である歌手活動に差し支えるおそれがあったこともあいまって降板を示唆。結果1994年4月をもって終了。1969年6月の帯番組時代と合わせて24年10ヶ月の放送に一旦幕を降ろした。

なお、さだはこの番組終了後の1994年4月〜1998年3月にこの番組のコンセプトを応用した録音番組「(有) さだまさし大世界社」(土曜15:00 - 15:55)を担当した。また、2006年元日未明にNHK総合テレビで放送された『新春いきなり生放送!!「年の初めはさだまさし」』は、この番組をテレビ上で再現しようというコンセプトであり、その後も「今夜も生でさだまさし」として月1回ペースで放送されている(詳細は同番組の項目を参照のこと)。2009年末にさだが年越しコンサートを開始して以降は文化放送はコンサートの中継を行うようになり(東海ラジオにも同時ネット)、一部時間帯はコンサート終了後に生放送を行う『年の初めはさだまさし』との同時放送を行うこともある。

一方、「セイ!ヤング」シリーズの方は、2001年10月に『セイ!ヤング21』が放送されるまで7年半中断されることとなった。

セイ ヤング 40th Anniversary[編集]

セイ!ヤング放送開始から40年を記念して、文化放送では聴取率調査週間である2009年6月12日夜に「さだまさしのセイヤング」[8]6月19日夜には「泉谷しげるのセイヤング」。[9]として久々に放送が行われた。

テーマソング[編集]

夜明けが来る前に』(作詞:なかにし礼、作曲:鈴木邦彦、歌:スクールメイツ。別名:セイ!ヤングのテーマ)

この曲は2種類のバージョンがある。

  • 1つは「歌」を重視したゆっくりとした速さのバージョンで、歌詞も4番まである。
  • もう一つは、ロック調のアレンジバージョンであり、歌詞も1番のあとカラオケが入りすぐに終わる2分間のバージョンである。
  • ロック調のアレンジバージョンについてはCD化されている。
    • 「SHOW WA!ギャグ・ジャンボリー」(「セイ!ヤング」末期から「さだまさしのセイ!ヤング」を経て「セイ!ヤング21」まで使用されているバージョンを収録)
    • 「ベスト・オブ・スクールメイツ」(3番まである、およそ3分弱の長さのものを収録)


夜を横切る君には』(作詞:松本隆、作曲:吉田拓郎、歌:滝ともはる。(1979年4月? - ))[10]

当番組終了後の「セイ!ヤング」シリーズ[編集]

レギュラー放送
  • セイ!ヤング21 - 「セイ!ヤング」の21世紀版。現在は「甲斐よしひろのセイ!ヤング21」として放送中。
その他
テレビ番組
  • 吉田照美のラジオなテレビ〜伝説のラジオ番組「セイ!ヤング」が一夜限りでBSに復活!〜 - 2016年9月25日(21:00-22:24)にBS日テレで放送された特別番組で、本番組を初めてテレビ番組として放送した。吉田照美がMC(パーソナリティ)を担当し、ばんばひろふみ松本伊代早見優なぎら健壱といったゲストが登場。この他、VTRゲストとして所ジョージが出演した[11][12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桜田の代理として、ジューシィ・フルーツがパーソナリティーを務めたことがあった。
  2. ^ 金曜日の『ミスDJリクエストパレード』も続投。
  3. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1987年6月号「DJが熱く語るTALKスペシャル さだまさしの巻『寂しい時ボクを救ってくれたのが深夜放送だった』」
  4. ^ a b 『なつかしラジオ大全』(三才ブックス)80~83ページ「さだまさしのセイ!ヤング」のページより。
  5. ^ 月刊ラジオパラダイス 1990年4月号 48~49ページ
  6. ^ NHKネットクラブ 番組詳細(所さん!大変ですよ「リサイクル業者悲鳴!?“プルタブ取るのはやめて”」”. 日本放送協会. 2017年9月12日閲覧。
  7. ^ [所さん!大変ですよ 【リサイクル業者悲鳴!?“プルタブ取るのはやめて”】 の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)]”. goo番組表. 2017年9月12日閲覧。
  8. ^ さだまさしのセイヤング
  9. ^ 泉谷しげるのセイヤング
  10. ^ Twitter / tim1134: 夜を横切る君には~で始まる歌、知ってる?
  11. ^ 吉田照美のラジオなテレビ~伝説のラジオ番組「セイ!ヤング」が一夜限りでBSに復活!~ BS日テレ
  12. ^ “『セイ!ヤング』復活 吉田照美が語る深夜放送の魅力”. NEWSポストセブン (小学館). (2016年8月5日). http://www.news-postseven.com/archives/20160805_435115.html 2016年9月20日閲覧。 
文化放送 月 - 土→月〜金24:30 - 27:00枠
前番組 番組名 次番組
みのもんたのミッドナイトトレーラー(24:35 - 24:50、月〜土)
スポーツハイライト(24:50 - 25:00、月 - 土)
あなただけ今晩は(25:00 - 25:30、月 - 金 25:00 - 25:15、土)
スターハイライト(25:15 - 25:30、土)
日替わり番組(25:30 - 26:00)
夜の歌謡アルバム(26:00 - 26:10、月 - 金)
みみずく君起きてるかい?(26:10 - 27:00、月 - 金)
真夜中の夜明け(26:00 - 27:00、土)
セイ!ヤング
月〜金:ミスDJリクエストパレード
土24:30:大学受験ラジオ講座(→土曜23:00枠から移動)
25:30:百万人の英語(→土曜24:00枠から移動)など
文化放送 土曜23:00 - 24:30枠
前番組 番組名 次番組
アニメトピア(23:00 - 23:30)
(→「さだのセイ!ヤング」開始に伴い日曜21:00へ移動)
アニメNOW!(23:30 - 24:00)
(→〃土曜21:00へ移動)
土曜の夜だぜ!八木誠(24:00 - 24:30)
(→〃土曜22:30へ移動)
さだまさしのセイ!ヤング
大学受験ラジオ講座生ワイド「Jランド」
(23:00 - 26:00)