ダイナソー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイナソー
Dinosaur
監督 エリック・レイトン
ラルフ・ゾンダグ
脚本 ジョン・ハリソン
ロバート・ネルソン・ジェイコブス
製作 パム・マースデン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
編集 エイチ・リー・ピーターソン
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション
配給 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年5月19日
日本の旗 2000年12月9日
上映時間 82分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $127,500,000[1]
興行収入 $349,822,765[1]
50億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ダイナソー』(原題:Dinosaur)は、2000年に公開されたディズニーアニメ映画。製作国はアメリカ合衆国。ディズニー社は本作のために「ザ・シークレット・ラボ」を建設した。

作品概要[編集]

恐竜達と彼らの生きる時代の一幕を描いたCGアニメーション作品。製作にあたり、古生物学者古生物画家アドバイザーとして招かれた。恐竜達は“人間のような感情表情を持ち、言葉を話す”と設定され、「恐竜をモチーフとしたいつものディズニー映画」となっている。

あらすじ[編集]

舞台は6500万年前の白亜紀末期。の状態で巣からさらわれたイグアノドンアラダーは、キツネザルの一家の手により育てられ、青年期を迎えた。古生物達の楽園とも言える同時代の地球であったが、巨大な隕石の衝突によって環境は激変。未曾有の大災害を生き延びたアラダーとキツネザル一家は、多数のイグアノドンを中心とした草食動物の大群に合流し、豊饒な緑に溢れるという「命の大地」を目指して旅立つ。だが、彼らの背後には、群れを付け狙う肉食恐竜達が迫っていた。

登場キャラクター[編集]

アラダー
本作の主人公。オスのイグアノドン。森に落ちた卵から生まれ、キツネザル一家に育てられる。隕石の落下による爆発からキツネザルの一家と共に辛くも難を逃れ、「命の大地」へと向かう草食恐竜の群れと遭遇、行動を共にする。弱者を切り捨てる冷酷さを持つクローンとは当初から対立しており、捩じ伏せられる事や、群れからはぐれてしまった事もあったが、次第にクローンに代わって草食恐竜達を先導する存在になっていき、カルノタウルスに襲われた際も勇猛果敢に立ち向かい、群れを守り抜く等、リーダー的存在となるまでになっている。崖の上でカルノタウルスに襲われるクローンを助けようとカルノタウルスにニーラと共に立ち向かい、崖の底へ突き落として撃破した。
ニーラ
アラダーが恋に落ちるメスのイグアノドン。草食動物の群れのリーダーであるクローンの妹。当初はアラダーの事は歯牙にも描けていなかったが、旅を通してクローンとは違い、弱者に対しても優しく接して助けようとする態度を見て次第に彼に惹かれていき、最終的にはクローンとアラダーの争いに対し、アラダーの肩を持つに至った。その後はカルノタウルスに襲われるクローンを助けに入り、アラダーと共に退けた。
プリオ
キツネザルのリーダーであるヤーの娘。アラダーの母親のような存在。
ヤー
プリオの父で、キツネザルのリーダー。当初はアラダーを育てる事には反対だったが、娘のプリオに説得される形で受け入れる事になり、隕石によって島が崩壊した後は、アラダーや家族と行動を共にする。
ジーニー
陽気なキツネザルで、アラダーの親友。メスのキツネザルへの求愛の日では毎年、失敗している。
スーリ
プリオの娘。アラダーの遊び相手。
クローン
イグアノドン。ニーラの兄で、草食動物の群れのリーダー。弱者は置き去りにするという冷酷な性格。新しく群れに加わったアラダーが気に入らず、度々攻撃的な態度を取る。アラダーの意見や考えを最後まで受け入れず、頑なな態度が災いし、命の大地へ繋がる岩壁を一人で登っていた際、カルノタウルスに目を付けられて襲われ、交戦したが歯が立たず、やられ掛けていた所をニーラやアラダーに助けられるも、カルノタウルスに致命的なダメージを喰らったことで死亡した。
ブルートン
イグアノドン。クローンの忠実な部下。途中で重傷を負い、群れからはぐれてしまっていたが、アラダー一行に助けられ、暫く行動を共にする。2頭のカルノタウルスに襲われた後、勇猛果敢に立ち向かい、アラダー達を先に行かせ自らの犠牲と引き換えにカルノタウルス1頭を仕留めた。
ベイリーン
ブラキオサウルスのお婆さん。高齢と言うこともあって、群れの一番後ろ側にイーマとともに着いてきていたが、アラダー達一行と出会い、行動を共にするようになる。途中、群れからはぐれてしまったものの、洞窟を通じて「命の大地」へと繋がる出口へたどり着き、岩の壁を破壊して大地へと抜ける道を切り開くなどの活躍を見せる。当初はやや後ろ向きな発言が目立っていたが、アラダーと共に行動をするに従い、前向きな心境に変化し、洞窟の岩の壁が崩れて塞がった事で諦め掛けていたアラダーを叱咤して壁の破壊に積極的に手を貸した。
イーマ
スティラコサウルスのお婆さん。
アール
アンキロサウルス。ベイリーンとイーマにとっては孫のような存在。

キャスト[編集]

役名 英語版声優 日本語吹替
アラダー D・B・スウィーニー 袴田吉彦
ニーラ ジュリアナ・マルグリーズ 江角マキコ
プリオ アルフレ・ウッダード 高島雅羅
ヤー オジー・デイヴィス 渡部猛
ジーニー マックス・カセラ 中尾隆聖
スーリ ヘイデン・パネッティーア 須藤祐実
クローン サミュエル・E・ライト 中田譲治
ブルートン ピーター・シラグサ 玄田哲章
ベイリーン ジョーン・プロウライト 島美弥子
イーマ デラ・リース 磯辺万沙子

登場恐竜他[編集]

ゲーム[編集]

PlayStation 2版が2001年2月15日に発売された。発売元はユービーアイソフト

脚注[編集]

  1. ^ a b Dinosaur (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年5月1日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)610頁

外部リンク[編集]