リラクタント・ドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リラクタント・ドラゴン
The Reluctant Dragon
監督 アルフレッド・L・ワーカー(実写)
アブ・アイワークス(アニメ)
ハミルトン・ラスク(アニメ)
ジャック・カッティング(アニメ)
ジャック・キニー(アニメ)
脚本 テッド・シアーズ
アードマン・ペナー
ウィリアム・コトレル
製作 ウォルト・ディズニー
音楽 フランク・チャーチル
ラリー・モーリー
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年6月20日
日本の旗 1956年3月21日
上映時間 73分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 空軍力の勝利
テンプレートを表示
グーフィーの乗馬教室
How to Ride a Horse
監督 ジャック・キニー
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ジョージ・ジョンソン
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年6月20日
上映時間 約7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 グーフィーのトランク騒動
次作 グーフィーのスキー教室
テンプレートを表示

リラクタント・ドラゴン』(原題:The Reluctant Dragon)は1941年6月20日に公開された、ディズニー初の実写&アニメ合成映画モノクロ(オープニングのみ)、カラースタンダード。上映時間は73分。「魔法のアニメ王国 ディズニー・スタジオ ~フル・アニメのできるまで~」という名前でポニー及びバンダイでビデオが発売され、後に「魔法の王国 なつかしのディズニー・スタジオ探訪記」という名前でWOWOWで放送されたこともある。

日本での公開は1956年3月21日(日本での劇場公開時タイトルは「ディズニー撮影所御案内」)。

内容[編集]

実写パート[編集]

脚本家ロバート・ベンチリーが自身の脚本の映画化のためウォルト・ディズニーに売り込みにやってくる。ディズニースタジオのスタッフはアニメーション制作に大忙し。ウォルトに会うまでの間、ベンチリーはアニメーション制作の現場を見学させてもらう。

アニメーションパート[編集]

アニメーションパートは、長編である『おちゃめなドラゴン』のほかに『Baby Weems』『Goofy's How to Ride a Horse』の2本の短編が収録されている。アニメーションパートのうち、『おちゃめなドラゴン』のパートの原作は、ケネス・グレアムが1898年に出した『おひとよしのりゅう』である。

 キャラクター紹介 [編集]

ケイシー・ジュニア
スクリーンに映し出されたユニークな蒸気機関車。動物達を愛するところがあり、かなり優しいが、船が通ろうとしているときに汽笛で威張り散らすなど、ちょっと生意気なところもある。早い列車が前方に来ると、すぐにポイントを切り替えてもらった。大嵐が発生して橋がガラガラ崩れ落ちてしまい、渡りきれずに、とんでもない大事故を起こしてしまうが、『魔法の王国 なつかしのディズニー・スタジオ探訪記』の評判が良かったため、修理され、その後『ダンボ』に登場してから、サーカス列車としてテーマソングと共に走る。『ダンボ』での出演が有名だが、『リラクタント・ドラゴン』の出演の方が早いので、本作がデビュー作である。
ドラゴン
丘に住むドラゴン。非常に大きいが、心は優しい。音楽とポエムが大好きで、嫌いなことは「痛いことと怖いこと」。平和主義者であり、戦いは好まない。普段は噴かないが、火を噴くこともできる。
男の子
ドラゴンと騎士についてとても詳しい男の子。名前は不明。父親は羊飼いである。
ジャイルズ
ドラゴン退治の騎士だが、非常に高齢である。ドラゴンと同じようにポエムを作っていて、お互いの作品を褒めあった。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]