101匹わんちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
101匹わんちゃん
One Hundred and One Dalmatians
監督 ウォルフガング・ライザーマン
ハミルトン・ラスク
クライド・ジェロニミ
脚本 ビル・ピート
原作 ドディー・スミス
製作 ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー
製作総指揮 ケン・ピーターソン
出演者 下記参照
音楽 ジョージ・ブランズ
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ・ディストリビューション
日本の旗 日本RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1961年1月25日
日本の旗 1962年7月27日
上映時間 79分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4 million[1]
興行収入 $215.8 million[2]
配給収入 3億2009万円[3] 日本の旗
次作 101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険
テンプレートを表示

101匹わんちゃん』(ひゃくいっぴき わんちゃん、原題:One Hundred and One Dalmatians)は、1961年1月25日に公開したアメリカウォルト・ディズニー・プロダクションが製作したアニメーション映画である。日本での初公開から1981年再公開時までのタイトルは『101匹わんちゃん大行進』であった。

沿革[編集]

本作はディズニーのアニメーション史においても重要な、作業工程上の大きな変革があった作品である。それは映画としては初めて、全面的にトレスマシンが導入されたことである。これによりアニメーターが紙の上に描いた原画を、そのニュアンスのままセルに転写することが可能になった。この手法は、以降はディズニー作品のみならず、アニメーション制作におけるスタンダードとなっていく。

原作は1956年イギリスウィリアム・ハイネマン社から刊行されたドディー・スミス(Dodie Smith)著の「The Hundred and One Dalmatians」(日本での刊行は『ダルメシアン 100と1ぴきの犬の物語』、文溪堂)。同書には、「The Starlight Barking」(日本での刊行は『続・ダルメシアン 100と1ぴきの犬の冒険』、文溪堂)という続編がある。

この映画の主人公はポンゴ(Pongo)とパーディタ(Perdita[4])の2匹のダルメシアンである。彼らの飼い主のロジャーとアニータとの結婚式のときに同時に正式に夫婦になった。2匹はある恐ろしい事件に巻き込まれ、99匹もの子犬たちを授かることになる。

1996年には、これを基にした実写映画『101』も製作された。また、2000年にはその続編である『102』が製作された。ブチのない102匹目のダルメシアン、オッド・ボール(CG技術によってブチを消している)が主人公として兄弟たちを救うため大活躍する。

密接なストーリーの関連がある続編として『101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険』(2003年)も公開された。

なお、アニメ版は1995年10月6日ビデオで、2000年11月17日DVDで発売された。さらに番外編の『101匹わんちゃん Go Go! ダルメシアン!!』のVHS1998年9月18日に。日本でのセルビデオ出荷本数は185万本[5]。本作と同じ名のTVアニメシリーズ『101匹わんちゃん』も放送された。

名作小説の翻訳を手掛けている作家・橘高弓枝が完全ノベライズ化であり、1997年3月1日偕成社よりこの映画と同じ名の小説版が発売されている。

ストーリー[編集]

ロンドン の外れにあるフラット(アパート)に住む売れない作曲家ロジャー・ラドクリフの飼い犬のポンゴは、ある日退屈を持て余して自分と飼い主の伴侶探しを始める。すると、パーディタというメス犬とその主人のアニータに一目ぼれし、ロジャーを散歩に連れ出してパーディタたちを追いかける。その結果起きたトラブルがきっかけで、ロジャーとアニータ、ポンゴとパーディタは結婚することになり、都内の新居へ移り住むと同時にメイドのナニーがやって来る。そこへアニータの旧友のクルエラ・ド・ヴィルが現れ、子犬が生まれたらすぐに知らせるよう告げて立ち去っていく。元々クルエラが大嫌いなパーディタの不安そうな表情に、ポンゴは大丈夫だと励ましながらも胸騒ぎを覚える。

数ヵ月後、ポンゴとパーディタの間に待望の子犬が15匹も生まれた(うち1匹はすぐ死んだと思われたが、奇跡的に息を吹き返した)。だが、その時クルエラが再びやって来て生まれたばかりの子犬を購入しようとする。実は彼女はダルメシアンの毛皮でコートを作ろうと目論んでいたのだが、ロジャーの毅然とした拒絶に捨て台詞を吐いて帰っていく。

一安心する一家だったが数ヵ月後、ポンゴとパーディタがラドクリフ夫妻と夜の散歩に出掛けている間に、クルエラの手下であるジャスパーとホーレスが、電気会社の社員で「火災盗難防止法」という新法律が施行されたので取り締まりがうるさいため電気の配線を無料で検査しに来たと称して、必死に断るナニーを横目に押し入り、子犬達を誘拐してしまう。このニュースを知ったポンゴ達は早速、夕暮れの遠吠えで仲間たちに子供の捜索を求める[6]。その結果、遠吠えはロンドンはおろか遠い田舎にまで伝わった。知らせを聞いたチブス[7]たちは、外れにある不審なぼろ屋敷に誘拐された15匹の居場所と、彼等以外の子犬たちも合わせて99匹も居ることを確認し、話を聞きつけたポンゴとパーディタは早速、子供たちを救出しに田舎へ向かう。

その頃チブスたちは、ジャスパーとホーレスが『私の罪は何でしょう』というテレビ番組を見ている隙を突いて子犬たちを部屋の外へ誘導していた。しかし、チブスたちの努力の甲斐もむなしくあと一歩のところでジャスパーとホーレスに追い詰められてしまう。しかしその時、ポンゴとパーディタが到着してジャスパーとホーレスを撃退し、チブスたちはその隙に子供たちを逃がす。99匹の子犬を救出したポンゴとパーディタは遠吠えで知り合った仲間達の力を借りてロンドンに向かって走り始め、さらに煤で黒い犬に変装したうえでトラックに乗って逃げす。しかし、諦めきれないクルエラは車を暴走させて執拗に追いかけるが、たまたま別のルートで追跡していたジャスパーとホーレスがドジを踏んだおかげでクルエラの車とジャスパーとホーレスの車が大破したため[8]、無事振り切ることができた。

その頃家にいたロジャー達3人は、犬たちがいない寂しさを紛らわすかのようにクリスマスの装飾をしていたが、ポンゴ達がたくさんの子犬を引き連れて帰って来た事に驚き、「なんて素敵なクリスマスだ!」と狂喜した。そこでロジャーは田舎の広い土地を購入して、あちらで99匹の子犬とポンゴとパーディタの2匹、合計101匹を飼う決意をする。

登場キャラクター[編集]

ポンゴ(Pongo)
本作の主人公で語り手。赤い首輪をした雄のダルメシアン。当初は飼い主の影響からか欠伸ばかりするのんき者だったが、後半からはしっかり者で頼りになる父親となる。
パーディタ(Perdita)
ポンゴの妻。青い首輪をした雌のダルメシアン。時に優しく、時に厳しく接する良妻賢母な母親だが、少々心配症な所がある。
実写映画では名前がパーディに変更されている。
ロジャー・ラドクリフ(Roger Radcliffe)
ポンゴの飼い主。アニメ映画では作曲家、実写映画ではゲームデザイナー。ポンゴの計画でアニータたちに出会い、結婚する。
アニメ・実写ともに、第一作の劇中で作品[9]が大ヒットし、貧乏暮らしから一転、資産家になる。子犬達が誘拐された上に、ポンゴ達までもが理由もなく家出したことで寂しくなっていたが、前よりも大勢の子犬達を連れて帰ってきたことで大喜びした。
アニータ・ラドクリフ(Anita Radcliffe)
パーディタの飼い主。ファッションデザイナー。ポンゴの計画でロジャー達と出会い、結婚する。勤務中や読書時は眼鏡をかけている。二匹が連れてきた大勢の子犬達に驚き、ロジャーの全員を飼おうという提案に「 (この家では) 狭くて無理よ」と最初は滞ったが、田舎への引っ越し案を聞いて「素敵な思い付きね!」と同意した。悪人と知りながらも友達のクルエラを庇護するお人好しな一面もある。実写映画ではパーディタと共に自身も妊娠し、ラストで無事に女の子を出産した姿を見せている。
クルエラ・デ・ビル(Cruella De Vil)
本作品のディズニー・ヴィランズ。アニメ映画ではアニータの大学時代の旧友、実写映画ではアニータの働くファッションデザイン会社「HOUSE OF DEVIL」の社長。毛皮に目が無く、ダルメシアンの子犬を毛皮にしようと企む。
クライマックスでは偶々別のルートで追跡していたジャスパーとホーレスがドジを踏んだお陰でクルエラの車とジャスパーとホーレスの車が大破した事で自滅し、ジャスパーとホーレスに泣きながら怒声を浴びせたと同時に号泣した。
ナニー(Nanny)
ラドクリフ夫妻の新居の家政婦。実写映画では、アニタが子供の頃からの古い付き合いを持つ。子犬たちが帰ってきた後、子犬たちをハタキできれいにした。
ジャスパー(Jasper)
クルエラの部下で泥棒コンビの一人。ホーレスの兄貴分。ガリガリにやせ細っている。2人乗りのボロ車を所持。短気な性格でホーレスの間抜けぶりに悩まされているが、実はジャスパーも結構間抜けで、その事に自覚がない。しかし、ホーレスと比べると彼の方が少しマシな方である。灰かき棒を武器にする。ホーレスと共に打たれ強い模様で、一緒に大尉に蹴飛ばされても無傷だった。
最後は自滅した際、ホーレスと共にふてくされていた。
ホーレス(Horace)
クルエラの部下で泥棒コンビの一人。ジャスパーの弟分で、小太り体型。結構間抜けだが、子犬達が足跡を残さない為に凍った氷の池を歩いて逃げた事や子犬達が黒犬に変装した事を見抜く等、時折鋭い一面を見せる。しかし、その事をジャスパーに伝えても、ホーレス自身が間抜けな事から全く信用してもらえなかった。椅子の足の1本を抜き取り武器にする。ジャスパーと共に打たれ強い模様でジャスパーと一緒に大尉に蹴飛ばされても無傷だった。
以前はジャスパーと共に、バダン兄弟と呼ばれることが多かった。
最後は自滅した際、ジャスパーと共にふてくされた。
ラッキー(Lucky)
ポンゴとパーディタの子供。生まれてすぐに死んだと思われたが、ロジャーの手で生き返ったことからこの名前が付いた。テレビ好き。本作では父親に首輪をくわえられて吊られているシーンが多い。
パッチ(Patch)
ポンゴとパーディタの子供。片目の周りが黒い斑で覆われているのが特徴。子犬達のリーダー格。父親の影響で言葉遣いは乱暴であり、よく母親に怒られている。
ローリー(Rolly)
ポンゴとパーディタの子供。いつもお腹をすかせている食いしんぼうで、よく見ると他の子犬たちよりかなり太っている。
ダニー(Danny)
ハムスターの家に生まれたロンドンのサトン通りのグレート・デン。ポンゴたちに子犬の居場所を教え、子犬を探しに向かった際に激励を送った。
チブス軍曹[7]
馬小屋に住む怖がりな野良猫アビシニアン。子犬たちを屋敷の外まで誘導した。その後、ポンゴ達を裏口経由で牧場へ逃がし、大尉たちとともに馬小屋に殴り込んだホーレスとジャスパーを追放している。
大佐[10]
馬小屋に住むムクなモジャモジャにしたカタロニアン・シープドッグ。一人称は「わし」で「駆け足!」が口癖。老犬故に耳が少し遠いのか、時々ことばを聞き間違る[11]。住んでいる小屋近くのぼろ屋敷から子犬の鳴き声がする事から調査に向かい盗まれた子犬達を発見。その後合流したポンゴ達を逃がした後、チブスたちとともに馬小屋に殴り込んだホーレスとジャスパーを追放している。
大尉
馬小屋に住む馬。タウザー通信兵とは知り合いで、緊急通信を聞き取りチブスを起こして大佐に知らせるよう命ずる。その後、チブスたちとともに馬小屋に殴り込んだジャスパーとホーレスを蹴飛ばして追放している。
コリー
牧羊犬をしているコリー。ポンゴたちを牛小屋へと案内した。その時、ポンゴとパーディタにサンドイッチをごちそうした。その後、ディンスフォードへの道のりを教えてくれた。
牛たち
コリー犬が住んでいる牧場にいる雌牛。子犬たちにミルクを提供した。
ラブラドール
黒いラブラドール。ディンスフォードに住んでおり、彼の主人が食料品店を経営している。一人称は、「私」。ポンゴたちをロンドン行きのトラックへと案内し、[12]煤をかぶって黒犬に変装した子犬達を二匹と交代でトラックに誘導する。その時変装を見抜いてトラックに駆けつけようとしたクルエラたちを妨害している。
整備士
ポンゴたちが乗ったトラックエンジンを修理した整備士口ひげをはやしている。
トラック運転手
ポンゴたちがロンドンに帰るべくこっそり乗り込んだ引越しのトラックの運転手。口ひげをはやしている。クルエラたちの妨害に遭い苦しむが、クルエラたちが自滅したことで解放された。
ルーシー(Lucy)
タウザーの友人のアヒル。大佐たちのこともよく知っている。
タウザー(Towser)
レッドボーン・クーンハウンド通信局。大佐からは「タウザー親父」と呼ばれている。ロンドンからの夕暮れの遠吠えを聞いてチブスたちに伝えた。

挿入歌[編集]

  • 町のクルエラ (Cruella De Vil)
  • ケイナイン・クランチス・コマーシャル (Kanine Krunchies)
  • ダルメシアン・プランテーション (Dalmatian Plantation)

キャスト[編集]

役名 原語版声優 日本語吹き替え
1962年初公開版 1981年再公開版
ポンゴ ロッド・テイラー 田の中勇 池水通洋[13]
パーディタ ケイト・バウアー 香椎くに子 松金よね子
ロジャー・ラドクリフ 台詞:ベン・ライト
歌:ビル・リー
真木恭介 台詞:納谷六朗
歌:早川史郎
アニータ・ラドクリフ リサ・デイヴィス 水城蘭子 一城みゆ希
クルエラ・ド・ビル ベティ・ルー・ガーソン 財部宏子 平井道子
ミセス・バードウェル[14] 瀬能礼子
ルーシー マーサ・ウェントワース
ナニー 牧野和子
クイーニー 沼波輝枝
ジャスパー・バタン J・パット・オマリー 熊倉一雄
大佐 寺田彦右 早野寿郎
ホーレス・バタン フレデリック・ワーロック 佐山俊二 山田康雄
ラッキー ミミ・ギブソン 宮川陽介
パッチ ミッキー・メイガ 橋本隆之 富士圭一
ローリー バーバラ・ビアード 村上あつみ 林泰文
ペニー サンドラ・アボット 川崎真子
スポーティ リッキー・ソレンセン 田付貴彦
チブス軍曹[7] デヴィッド・フランカム 阪脩 小宮山清
スコッティ 作間功
パーシバル・フォウンスウォーター チューダー・オーウェン 八代駿
タウザー 梶哲也
大尉 サール・レイブンズクロフト 安原義人
ダニー ジョージ・ペリング 作間功
プリンセス クイニー・レナード 島美弥子
ダッチェス マージョリー・ベネット 頼慶子
ラブラドール ラムゼイ・ヒル 作間功
TVアナウンサー 朝戸鉄也
ラバー バーバラ・ルディ 細谷泉
コリー トム・コンウェイ 村越伊知郎
クイズマスター[14] 安原義人
TVCMの歌手 ルシール・ブリス 田中加奈子
ダーティー・ドーソン ポール・フリーズ 原語版流用
吠える犬 ダラス・マッケノン
  • 1962年版での公開:1962年 (日本RKO)、1970年 (ブエナ・ビスタ)
  • 1981年版での公開:1981年 (東映)、1986年 (東宝)、1991年 (ワーナー)、1995年 (ブエナ・ビスタ・ジャパン)
  • VHS、DVD、BDには1981年再公開版の吹き替えを収録。

スタッフ[編集]

日本語字幕制作[編集]

日本語吹き替え制作 (1981年再公開版)[編集]

東映まんがまつり[編集]

逸話[編集]

  • 製作するにあたり、ウォルト・ディズニーは『101匹わんちゃん』の原作者であるドディー・スミスに献本を送ってもらい、『眠れる森の美女』の制作が完成するとすぐにアニメーション制作に着手し、度々、話の意向などをウォルト・ドディー両者間で手紙をやりとりしたという。
  • 美術監督として制作に携わっていたケン・アンダーソンとウォルトは、この作品内における背景の書き方に意見が割れてしまい、ウォルトは死ぬ間際までケンを許さなかった。しかし、ウォルトが死ぬ2週間ほど前にスタジオへ訪れた際に、ケンは大歓迎しウォルト自身もこれに大感激していたという。このことに対してケン本人は「あの時のウォルトは私に対して何も言わなかったが、あの瞳を見て許されたのだとわかった」と語っている。
  • クルエラ・ド・ビルを描いたマーク・デイビスは「とても楽しく描かせてもらった。彼女は悪役なのに描いていてとても楽しい」というほど、マーク本人もクルエラを気に入っている。アニメーターとして入っていたミルト・カールは人を褒めないことで有名だが、マークのクルエラに感銘を受けたという。また、マークのアニメーターとしての仕事は本作品を持って終了(=引退)しているので、最後の作品で「クルエラのキャラクターデザインが花道」を飾ったとされている。
  • 直前に公開した「眠れる森の美女」の興行収入が530万ドルと予想に反して低かったので、本作品に関しては制作コストを抑える必要があった。そこで、アブ・アイワークスゼログラフィー(現在のコピー機に近い複写技術)を導入し、用紙や人員の削減に成功した。
  • 上記のゼログラフィーを、撮影した動画を直接原画になる紙へと焼き付けるのに使う実験が行われ、これに成功したスタッフはクルエラが乗っているスポーツカーをもとにして、実際に厚紙で手作りの「車」を作った。この車には本物の車と同様にエンジンを掛けた時に、震えるのを撮影する為に指で押すと上下するように細工も施されていた。そして撮影された映像を原画に焼き付けた「絵」に色が塗られ上映された。

DVDエディション[編集]

2008年3月19日ウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメントより『101匹わんちゃん プラチナ・エディション』(原題:101 Dalmatians 2-Disc Platinum Edition)と『101匹わんちゃん スペシャル・エディション』(原題:101 Dalmatians Special Edition)というタイトル2種類のDVDが同時に期間限定発売されている。

プラチナ・エディション映像特典

ハイクオリティな仕様で豪華映像特典、スペシャル・ケース(ブックカバータイプケース)を付きのDVD2枚組。ディズニー・ファストプレイ(Disney's FastPlay)という機能があるディスク。

Disc1
  • ゲーム&アクティビティ
    • ポップアップ・トリビア
  • 音楽の世界
Disc2
  • ゲーム&アクティビティ
    • ダルメシアンと遊ぼう!(DVD-ROMコンテンツ)
    • ダルメシアンと遊ぼう!
    • きみはどんな犬?
    • ファン・ファン・イングリッシュ!
  • 製作の舞台裏
    • メイキング・オブ『101匹わんちゃん』
    • 悪女クルエラの誕生
    • ウォルトの手紙
    • 予告編集(劇場&テレビ/ラジオ)
    • アート・ギャラリー
  • 音楽の世界
    • ♪March Of The One Hundred And One(未発表曲)
    • ♪Cheerio, Good-Bye, Toodle -oo, Hip Hip!(未発表曲)
    • ♪Don't Buy A Parrot From A Sailor(未発表曲)
    • ♪ダルメシアン・プランテーション(ロング・バージョン他)
    • ♪町のクルエラ(デモ・レコーディング他)
    • ♪ケイナイン・クランチス・コマーシャル(未使用テイク)
スペシャル・エディション映像特典
  • ゲーム&アクティビティ
    • ポップアップ・トリビア
  • 音楽の世界

脚注[編集]

  1. ^ Magical Kingdoms”. Magical Kingdoms (1961年1月25日). 2016年8月13日閲覧。
  2. ^ 101 Dalmatians”. Box Office Mojo. 2016年8月13日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)191頁
  4. ^ ディズニーの国』では「パディータ」という表記もある。
  5. ^ 日経BP社技術研究部 『進化するアニメ・ビジネス―世界に羽ばたく日本のアニメとキャラクター』日経BP社、2000年、42頁。ISBN 4822225542
  6. ^ 警察では子犬たちの行方が分からないため。また、パーディタは当初遠吠えのプランを聞いて「それって単にゴシップを伝えるだけでしょう。」と消極的だったが、ポンゴの「ニュースも伝達できるじゃないか」という手段に同意した。
  7. ^ a b c 字幕版、エンディング後の日本語吹き替え版における声の出演テロップ、DVDのパッケージ付属の取扱説明書では「ティブス軍曹」と表記されていた。
  8. ^ クルエラたちは柔らかい雪の上に放り出されたため、けがはなかった。また、大破の際に電柱を1本損壊している。
  9. ^ アニメ・実写ともに、クルエラをモデルにしており、アニメ映画では「町のクルエラ」という曲、実写ではクルエラが悪役として登場する子犬が主人公のゲーム。
  10. ^ ディズニー絵本では『コロネル』とルビがふられている。
  11. ^ 作中では子犬達を「パチンコ」、ポンゴを「ビンゴ」と間違えている。
  12. ^ ちょうど車の修理を行っていたため。
  13. ^ エンディング後の日本語吹き替え版における声の出演テロップ、DVDのパッケージ付属の取扱説明書では「池通洋」と誤記されていた。
  14. ^ a b ジャスパーとホーレスが見ていたテレビ番組『私の罪は何でしょう』の出演者である。

外部リンク[編集]