ムーラン (1998年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムーラン
Mulan
監督 バリー・クック
トニー・バンクロフト
脚本 リタ・シャオ
クリストファー・サンダース
フィリップ・ラゼブニク
レイモンド・シンガー
ユージニア・ボストウィック=シンガー
原案 ロバート・ディー・サン・サウチ
製作 パム・コーツ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
マシュー・ワイルダー
編集 マイケル・ケリー
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション
配給 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年6月19日
日本の旗 1998年9月26日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90 million[1]
興行収入 $304,320,254[2]
次作 ムーラン2
テンプレートを表示

ムーラン』(Mulan)は、1998年6月19日アメリカ合衆国より公開されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。古代中国を舞台にした物語で、中国の伝説『花木蘭』をモデルとしており、ストーリーは一部異なるものの豫劇「花木蘭」に基づいている。主題歌の『Reflection』はクリスティーナ・アギレラが歌唱、サブキャラの声優としてエディ・マーフィが出演した。2004年12月には続編のビデオ作品『ムーラン2』も発売されている。アメリカ本国では、ディズニー長編アニメーションとしては最後のレーザーディスク版発売作品となった。

日本では興行成績が振るわず知名度は高くないものの、ミュージカル場面の軽快さや圧巻のヴィジュアルセンス等、ディズニー・ルネサンスと呼ばれるに相応しい評価を得ている。アニー賞作品賞受賞。

LUNA SEAが歌う「Breathe」が、日本語版のイメージソングとなっている。

本作の実写映画化が進められており、2018年11月2日に全米で公開予定だったが[3]、製作に遅れが生じたため2020年に延期されている。

ストーリー[編集]

昔々のある日、中原侵略を目論む北方騎馬民族、フン族が侵攻してきたため、国中に各家男子一人の徴兵令が下った。これによりファ(花)家も男子一人を軍に入隊させなければならないが、ファ家の男性は高齢で足の悪い父のファ・ズーしかいなかった。親想いの一人娘・ムーランはそんな父に代わり、大事な髪を切り落として男装し従軍する。訓練で失敗も多く、仲間たちの意地悪もあったが、努力によって力をつけ、周囲の仲間たちもムーランに一目置くようになる。行軍を続ける中、ムーランは司令官シャン隊長に淡い憧れを抱くようになる。

しかし、シャン隊長の父リー将軍が率いていた別働隊がフン族によって全滅したことで、事態は風雲急を告げる。フン族に雪山で襲撃された軍は、ムーランの奇策によって勝利を収めるが、交戦中に負傷したムーランは気を失い、手当てを受ける間に女であることが発覚してしまう。軍規違反だとして処刑を迫る文官に対し、シャン隊長は彼女に「追放」を言い渡し、命を救う。

傷心のムーランは故郷へ帰ることを余儀なくされるが、その途中、シャン・ユー率いるフン族の残党が都に向かったことを知り、馬を走らせ皇都へ急ぐ。その頃、都と王宮は勝利の祝宴に酔っていたが、そこへ潜伏していたフン族が急襲、皇帝を捕らえて王宮を制圧してしまう。この緊急事態に、ムーランはシャン隊長や戦友たちとともに、皇帝奪還作戦を行う。作戦は見事に成功し、フン族の首領との凄絶な一騎討ちも、ムーランが制した。真相を知った皇帝は、女性でありながら勇敢に戦ったムーランを公正に褒め称え、累代の秘宝を下賜する。

こうして、大功を挙げたムーランは帰郷、父に誇りと愛情をもって迎え入れられる。そしてシャン隊長も彼女に想いを寄せ、木蘭の花咲く庭に訪ねてくる。

登場人物[編集]

ファ・ムーラン(花木蘭)
本作のヒロイン。ファ家の一人娘。着飾るよりも草原を駆け抜ける方が好きな男勝り。明るく正義感に溢れ、父親想いの優しい性格。母に見合いを奨められるが、仲人の家で大失敗をする。やがて戦乱の気配が近づき、父に軍からの招集命令が来ると、身代わりとして長い毛髪を切り落とすと男装して「ピン」と名乗り、黒馬のカーンに騎乗して討伐隊の入隊に成功する。訓練でめざましい成長を遂げ、男装露見後も大活躍する。飼い犬のチビちゃんにニワトリのエサやりをさせている。
ディズニープリンセスの一人に加えられているが、王家の生まれではなく、王家に嫁いでもいない。
ムーシュー(木鬚)
赤竜。ファ家の守り神だったが、失敗してファ家の一人を死なせてしまい、ファ家の先祖の霊などを起こす銅鑼叩きに降格する。ムーランを英雄にすることで再び守り神になろうと企む。ムーランと旅を共にし、いつも傍で支えては、茶目っ気いっぱいである。火を吐ける。クリキーの言葉がわかるようである。
クリキー(蟋蟀)
ムーランの祖母が「お守り」と持たせてくれた幸運のコオロギ。ムーランと仲人を仲違いさせた張本人。幸運のコオロギとしてムーシューについていくが、実はただのコオロギ。しかし最終的には、ムーランに次々と幸運をもたらす。ムーシューとは名コンビ。
ファ・ズー(花弧)
ムーランの父。家のしきたりを重んじ、また娘想いの厳格な人物。先の戦争で足を負傷し、杖を突いている。
ファ・リー(花李氏)
ムーランの母。おてんばな娘を心配している。
リー・シャン(李翔)
ムーランが配属された隊の隊長。正義感が強く、自信過剰な面もあるがリーダーシップのある頼れる男。寄せ集めの兵を一人前の兵士に鍛え上げ、シャン・ユーに挑む。ムーランの正体を知り、軍紀違反で処刑されそうになった彼女を隊から追放する形で救う。シャン・ユーとの戦いを通じてムーランへの信頼を取り戻し、やがて女性としての彼女にも惹かれていく。続編『ムーランII』ではムーランと結婚する。ムーランと共に、女児に人気である。
シャン・ユー(単于
フン族の頭目。本作のディズニー・ヴィランズ。外見はプリスクスの所伝を参考にされた。万里の長城を越え、中原侵略を企む。残忍な性格で、必要のない者や気に入らない者は迷わず始末する。雪山でムーランの見事な作戦で痛手を受け、剣を奪われ馬を失うが、本人は無傷という強靭な体の持ち主。フン族の生き残り5人と共に宮殿を制圧し、剣を奪い返すも、ムーランたちに阻止され再び剣を奪われる。黒いハヤブサを飼っていて、物の運搬や偵察をさせるが、ムーシューに焼かれ乗っ取られる。
ヤオ(堯)
フン族討伐隊員。ムーランの策で女装もする。小柄でヒゲ面の男。力持ちで「岩のように強い」と言いふらしている。
チェン・ポー(金宝)
フン族討伐隊員。ムーランの策で女装もする。巨漢でハゲの男。食べることが大好き。温厚で、人間も馬も軽々持ち上げられる。
リン(林)
フン族討伐隊員。ムーランの策で女装もする。細身の男。おしゃべりが好き。
皇帝
中国の皇帝。フン族の人質になるが、ムーランたちに助けられる。国を守ったムーランに勲章とシャン・ユーの剣を与える。
チ・フー(賜福)
皇帝の側近。自己中心的で厳格な男だが、兵士にバカにされている。最後はムーランに代わりクビにされる(ただしその後、ムーランは実家へ帰った)。

キャスト[編集]

役名 原語版声優 日本語吹き替え 中国語吹き替え
標準語 広東語 台湾国語
ムーラン ミン・ナ
(歌:レア・サロンガ
すずきまゆみ
(歌:伊東恵里
許晴
(歌:叶蓓
陳慧琳 ココ・リー
ムーシュー エディ・マーフィ 山寺宏一 陈佩斯 葛民輝 呉宗憲
シャン B・D・ウォン
(歌:ダニー・オズモンド
園岡新太郎 ジャッキー・チェン
シャン・ユー ミゲル・フェラー 藤岡弘 李建义 周志輝 胡大衛
ファ・ズー スーン=テック・オー 大塚周夫 勞力 朱克 胡立成
皇帝 パット・モリタ 小林修 周志強 關海山 佟紹宗
チ・フー ジェームズ・ホン 安原義人 田二喜 龍天生 孫中台
ヤオ ハーヴェイ・ファイアスタイン 小田豊 张潮 梁灼彬 楊少文
リン ゲディ・ワタナベ 中尾隆聖 郭政建
(歌:張涵予
羅君左 李勇
チェン・ポー ジェリー・S・トンド 塩屋浩三 邵峰 施介強 張立威
ファ・リー フリーダ・フォー・シェン 一城みゆ希 謝月美
ファ家の祖母 ジューン・フォーレイ
(歌:マーニ・ニクソン
京田尚子 馮憲珍 黎宣 崔幗夫
リー将軍 ジェームズ・シゲタ 玄田哲章 李立宏 盧家煒 康殿宏
仲人さん ミリアム・マーゴリーズ 片岡富枝 魯芬 姜瑰瑾
初代のご先祖様 ジョージ・タケイ 大平透 雷威遠
クリキー フランク・ウェルカー 原語版流用
カーン
チビちゃん
ハヤブサ

挿入歌[編集]

  • 家に名誉を」(歌:一城みゆ希、京田尚子、伊東恵里)
  • リフレクション」(歌:伊東恵里)
  • 闘志を燃やせ!」(歌:園岡新太郎、中尾隆聖、小田豊、塩屋浩三、山寺宏一、伊東恵里)
  • 愛しき女(ひと)よ」(歌:中尾隆聖、小田豊、塩屋浩三、すずきまゆみ、安原義人 - コーラス:ミュージック・クリエイション)

スタッフ[編集]

日本語版制作スタッフ[編集]

備考[編集]

  • この映画の公開後、映画の原作である木蘭の悪役が、トルコ人の先祖の一つだと考えられている突厥であったため、トルコ政府はこの映画を「我々の先祖を悪役に仕立て挙げる不当なものである」と非難した。
  • ムーシュー役を演じたマーフィーは、映画『ホーリーマン』の撮影とうまくスケジュールを調整しながらアフレコを行った[4]

脚注[編集]

  1. ^ Mulan”. The-Numbers. Nash Information Services. 2016年8月18日閲覧。
  2. ^ Mulan (1998)” (英語). Box Office Mojo. 2010年5月1日閲覧。
  3. ^ “実写版『ムーラン』2018年11月公開!『ジュラシック・ワールド』脚本家も参加”. シネマトゥデイ. (2016年10月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086508 2016年10月5日閲覧。 
  4. ^ ムーランの製作秘話より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]