東京テレビセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社東京テレビセンター
The Tokyo Television Center Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 東京テレビセンター
本社所在地 日本の旗 日本
103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-62-6
品川不動産浜町ビル
設立 1953年(昭和28年)7月1日
業種 情報・通信業
法人番号 1010001061485
事業内容 ポストプロダクション
代表者 崎濱弘康 (代表取締役社長)
資本金 4,500万円
従業員数 35名
特記事項:2016年5月31日現在。同年9月1日、建物管理部門の「品川不動産株式会社」に吸収合併され消滅。
テンプレートを表示
株式会社PANDASTUDIO.TV
PANDASTUDIO.TV INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-62-6
日本橋浜町Kビル
設立 2016年(平成28年)2月22日
業種 情報・通信業
法人番号 5010001173830
事業内容 ポストプロダクション
代表者 西村正宏 (代表取締役社長)
資本金 15,000万円
主要株主 株式会社キバンホールディングス
株式会社フルブリッジ
テンプレートを表示

株式会社東京テレビセンター(とうきょうテレビセンター)は、日本でテレビ放送が始まった1953年に創業した、映画テレビ番組などに関する業務を行うポストプロダクション

2016年6月1日付で別法人に事業譲渡された(詳細は後述)。

沿革[編集]

黎明期[編集]

創業時の東京テレビセンターは進駐軍との交流施設であった「中央クラブ」の施設を利用して開業、同じ建物の中には料亭宴会場結婚式場からなる「水光苑」があった、そのため老年層には水光苑として親しまれた。

ダンスホールを前身としたスタジオには当時としては珍しい冷暖房を完備し、録音スタジオ1室、撮影スタジオ3室で撮影機・録音機・光学録音機・自動現像機を保有、円谷英二監督の助言によってスクリーンプロセス装置を導入した。羽仁進監督作品やATG作品など独立系プロダクションの映画作品にも数多く関係している。

1956年から1973年まで日本テレビが「日本テレビ浜町スタジオ」を東京テレビセンター内に開設し『ダイヤル110番』などの番組を生放送で行った。当時の日本テレビの人気番組『ディズニーランド』の日本語版吹き替えも行っている。その後1978年に撮影スタジオ部門を「株式会社浜町スタジオ」として分社化しており、その関係から現在もこの地を「浜町スタジオ」と呼ぶ業界人は多い。

近年[編集]

1984年(昭和59年)2月1日未明の火災によって一部施設を消失したが1986年(昭和61年)にはスタジオ(1~5階)とオフィス(6~14階)の複合ビルを建築し再始動。映画『となりのトトロ』をはじめスタジオジブリ作品の多くを担当している。

設備は録音スタジオ6室、ビデオ編集スタジオ3室、デジタル光学録音とその現像設備、関連会社・浜町スタジオが運営する撮影スタジオ2室からなり、映画録音スタジオの407スタジオは日本で最初のルーカスフィルムTHX認定映画録音スタジオでもある。

ポストプロダクションとして長い歴史を誇ることから、戦後間もない時期から現在に至るまでの貴重な映画・テレビ関係の機材を現在も数多く保有し、その中には国内で数台しか現存しない2インチVTRアンペックス社製)なども含まれている。関連会社として、機材レンタル会社「ティスマン・サービス」(1974年設立)がある[1]

経営譲渡および現況[編集]

2015年3月31日にて浜町スタジオの営業が終了していたが、eラーニング事業を行う企業「キバンインターナショナル」による買収・リニューアルが行われる。

グループ会社「株式会社パンダスタジオ」(クロマキー専用のレンタルスタジオ)と、愛知県豊橋市の印刷会社「株式会社フルブリッジ」との共同出資で「株式会社PANDASTUDIO.TV」を設立。浜町スタジオをフルハイビジョン・4K60P仕様の設備にリニューアルし、2016年2月22日に同社の運営で新装開店した。これまでのテレビ番組のほかに、ネットコンテンツ制作およびライブ配信にも対応する設備を整える。

2016年6月1日付けで、東京テレビセンターと浜町スタジオの事業がPANDASTUDIO.TVに移管され、正式に「株式会社PANDASTUDIO.TV」の経営となる。運営は同社の「東京テレビセンター事業部」「浜町スタジオ事業部」が行う。また、OA機器のレンタル・リース会社「株式会社クラフティ」がPC機材協力で参加しており、同社のレンタルスタジオ部門「越後屋スタジオ浜町」としても運用している。

スタジオのビルは建物管理部門の「品川不動産」が保有していたが、2017年4月鹿島建設に売却。ビル名称が「日本橋浜町Kビル」と変更されている。

録音スタジオ[編集]

101ARスタジオ = アフレコスタジオ
301MAスタジオ = 番組用MAスタジオ
302MAスタジオ = 番組用MAスタジオ
303MAスタジオ = 番組用MAスタジオ
304ダビングステージ = 映画ダビングスタジオ兼番組用MAスタジオ
407THXダビングステージ = THX認定映画ダビングスタジオ
305デジタル光学録音 = デジタル光学録音設備

編集スタジオ[編集]

401HDリニア/ノンリニア編集室 = HD用リニア編集設備
403HDノンリニア編集室 = Smoke HD
503DCPスタジオ

撮影スタジオ[編集]

Aスタジオ(128坪)
Bスタジオ(58坪)

担当した主な作品[編集]

映画[編集]

 東京テレビセンター作品履歴より抜粋]

テレビ番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2017年現在も、資本を分離して同地で営業中

外部リンク[編集]