ディズニープリンセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディズニー作品 > ディズニープリンセス

ディズニープリンセスは、ディズニー作品に登場する主人公であるプリンセスキャラクターの総称。またそれをテーマとしてかつて日本で発行されていた河出書房新社の女児向け雑誌。

本頁では、両者についてそれぞれ説明を行う。

ディズニーキャラクター[編集]

ディズニープリンセスとは、ディズニー作品のお姫様キャラクターを集めた一種のブランド名。多種の企画、商品展開が行われている。共通項としては従来の「お淑やかで気品があり、落ち着いている」というイメージが強いプリンセスとは違い、行動的で芯の強さを合わせ持ち、時として困難にも勇敢に立ち向かっていく強さが強調されている性格である事が多い。

米国公式サイトによれば、固定・公式にディズニープリンセスとされているのは以下の11人である。他のディズニーキャラクター(例:エロウィー姫キーダ姫)はこのブランドの陣容から除外されるという。

英語の「王女」と「(プリンスの配偶者の)」は同じ「Princess」と表現する。

作品名(米国公開年) 生まれ 恋人
白雪姫 白雪姫 (1937年) 王女 王子
シンデレラ シンデレラ (1950年) 非王女 プリンス・チャーミング
オーロラ姫 眠れる森の美女(1959年) 王女 フィリップ王子
アリエル リトル・マーメイド(1989年) 王女 エリック王子
ベル 美女と野獣(1991年) 非王女 野獣(アダム王子)
ジャスミン アラジン(1992年) 王女 アラジン(農民)
ポカホンタス ポカホンタス(1995年) 首長の娘[1] ジョン・スミス(映画)(冒険家)
ジョン・ロルフ(続編のOVA)(イギリス貴族)
ファ・ムーラン ムーラン(1998年) 非王女 リー・シャン(隊長)
ティアナ プリンセスと魔法のキス(2009年) 非王女 ナヴィーン王子
ラプンツェル 塔の上のラプンツェル(2010年) 王女 フリン・ライダー/ユージーン・フィッツ・ハーバート(泥棒)
メリダ メリダとおそろしの森(2012年) 王女 不明

このうちムーランとポカホンタスは米国でディズニープリンセスに加えられた。ムーランは本来プリンセスではない(王子の恋人等でもない)キャラクターである。実写映画のプリンセスはディズニープリンセスの扱いを受けないことが多い。

白雪姫からジャスミンまでの6人は特に商品展開が活発で、日本では6姫と総称されている。河出書房新社の雑誌(『ディズニープリンセス おはなしブック』ISBN 978-4-309-95157-7)の表紙にも「6姫ベストセレクション」という言葉が使われている。その後新たにラプンツェルが加わり、日本でディズニーを代表するプリンセスは彼女を含めた7人と扱われている。反対に「アナと雪の女王」のアナとエルサ姉妹はディズニープリンセスと表記されているものの、ディズニープリンセスシリーズには登場していない。

その他のディズニープリンセス[編集]

上述した固定のプリンセスとは別に、アニメーション作品に登場する女性キャラクターは(ポカホンタスやムーランのように、実際にプリンセスか否かを問わず)流動的にディズニープリンセス扱いをされていることがある。以下はその代表的な例である。

経緯[編集]

ディズニー映画に登場するお姫様という分類は古くからあったが、日本においては商品企画としてディズニー・ジャパンが各メーカーに提案する形で、2002年春ごろからディズニープリンセスがスタートした。ディズニープリンセスの関連グッズの売れ行きが急増したのは2002年冬頃で、2001年度比で8割増の売上があった。マーケティング戦略の成功例と言われている[3]

プリンセスアカデミー[編集]

プリンセスアカデミーは、ウォルト・ディズニー・ジャパンが手がける小児[4]とその保護者を対象に開催するイベント。

姫になるための授業といった趣旨で、小児と保護者を対象にテーブルマナーやダンスなどの講習を開催する。

2001年夏にディズニーアンバサダーホテルで実験的に開催された際には、のべ9000人が参加。2002年以降は、ブルボンの協賛を得て、会場を5都市に広げて開催されている。

雑誌[編集]

河出書房新社よりKAWADE夢ムックのシリーズとして、2002年6月28日に発売。季刊誌として6巻(2003年9月11日発売)まで刊行された。

2003年11月10日の発売号を創刊号とし、以降、隔月刊誌として出版された。2010年1月で休刊した[5]

読者対象は、3歳から7歳までの女児とその母親。読み聞かせの話から、クッキング、ファッション、歌やダンス、マナーレッスンなど幅広い話題と取り扱う。また、付録としてアクセサリー類のおもちゃなどが付く。判型はA4。

脚注[編集]

  1. ^ ポカホンタスは首長の娘であるためプリンセスとみなすことが可能である。映画の製作中もグレン・キーンによって彼女はプリンセスに属する者とされた。OVA『ポカホンタスII/イングランドへの旅立ち』でもプリンセスであると紹介されている。
  2. ^ MERISSA MARR、Disney Reaches to the Crib To Extend Princess Magic ウォールストリート・ジャーナル2007年11月19日配信
  3. ^ ニューヨーク・タイムズHow Disney Turned 'Frozen' Into a Cash Cow「『アナ雪』ブランドの魔法』(朝日新聞2014年12月21日GLOBE)でディズニーがプリンセスものに注力するようになったのは2000年で、新しい幹部がディズニー・オン・アイスで、多くの女の子が手作りのプリンセス衣装を着ているのを見て衝撃を受けてからだという。
  4. ^ 趣旨の性質上女児向けではあるが、男児も参加は可能である。
  5. ^ ディズニープリンセスとは、コトバンク、2015年1月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]