木蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
木蘭と父の像(新郷市

木蘭(もくらん、繁体字: 木蘭; 簡体字: 木兰; ピン音: Mùlán; ウェード式: Mu4-lan2、ムーラン)は、中国における伝承文芸・歌謡文芸で語られた物語上の女性主人公。木蘭のは「花」「朱」「木」「魏」など一定していないが、京劇では「花木蘭」とされる。

概要[編集]

老病の父に代わり、娘の木蘭が男装して従軍、異民族(主に突厥)を相手に各地を転戦し、自軍を勝利に導いて帰郷するというストーリーである。

の釈智匠『古今楽録』に収められた『木蘭詩』(木蘭辞とも、作者)が記録された最も古い文献とされる。

楽府詩集[1]25巻橫吹曲辭5の「鼓角橫吹曲十二首」に木蘭詩2首が収められている[2]南北朝時代の北朝の民間民謡に由来するとされる。その注に「古今楽録曰 木蘭不知名 浙江西道観察使兼御史中丞韋元甫續附入」と『古今楽録』の記事が記載される。

木蘭従軍故事は後代、詩歌や戯曲小説の題材となった。戯曲では、徐渭が編んだ雑劇『雌木蘭』などがある。また現在の京劇などでは『花木蘭』の題で演じられている。小説では初の褚人獲中国語版隋唐演義[3]にも含まれている。

木蘭を題材とした現代の作品[編集]

映画
テレビドラマ
小説, 漫画

注・出典[編集]

  1. ^ Wikisource reference 郭茂倩. 樂府詩集. - ウィキソース. 
  2. ^ 2首のうち1首目の日本語訳は、『中国名詩選 中』松枝茂夫 編 1984年 岩波文庫 ISBN 978-4003203323 、南北朝時代の歌謡〔北朝の歌謡〕 p.196-204 がある。もう1首は後の時代に追加されたもので、()韋元甫(中国語版) 作のものである。
  3. ^ 単に『木蘭従軍』の逸話を取り込んだもので史実とは無関係であり、作品の主要な要素ではない。
  4. ^ 新華影業公司英語版、日本の占領期間に唯一残った映画会社。

関連項目[編集]