松枝茂夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松枝 茂夫(まつえだ しげお、1905年9月25日 - 1995年9月23日)は、日本の中国文学者。東京都立大学名誉教授。

佐賀県西松浦郡有田町に生まれる。幼時から母方の姓である松枝を名乗る。1930年、東京帝国大学支那文学科を卒業、竹内好武田泰淳周作人らと交わる。1939年、九州帝国大学専任講師、1941年、助教授。1940年から岩波文庫で『紅楼夢』の刊行を始めるが、三冊で戦争のため刊行中止。1947年、東京大学文学部助教授となるが、翌年、妻の病没に衝撃を受け、退職して九州に帰り、1950年、小倉市北九州外国語大学教授となり、『紅楼夢』の訳を完成させる。1952年、東京都立大学教授となり、再婚し翌年生まれたのが文化史学者の松枝到である。1969年、定年退職、名誉教授となり、早稲田大学教授となる。1976年、定年退職、1985年、『紅楼夢』の改訳を完成する。

著書[編集]

  • 『鏡花縁の話』 生活社, 1946
  • 『中国の小説』 白日書院, 1948
  • 陶淵明-隠逸詩人』 和田武司共著
    「中国の詩人 その詩と生涯2」、集英社, 1985
  • 『中国文学のたのしみ』岩波書店, 1998
  • 『松枝茂夫文集』研文出版全2巻, 1998-99
    • 1は「紅楼夢 ほか作品論」、2は「周作人 ほか作家・研究者論」

訳書[編集]

参考[編集]

  • 『松枝茂夫文集』附載年譜