増田渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
増田 渉
人物情報
生誕 (1903-10-12) 1903年10月12日
日本の旗 日本島根県松江市
死没 1977年3月10日(1977-03-10)(73歳)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 中国文学
研究機関 大阪市立大学関西大学
テンプレートを表示

増田 渉(ますだ わたる、1903年10月12日 - 1977年3月10日)は、日本中国文学者

経歴[編集]

1903年、島根県八束郡恵曇村(現:松江市鹿島町)生まれ[1]東京帝国大学文学部を卒業。

1931年に上海で、晩年の魯迅に会い師事した。『中国小説史略』などの講義を受けた。佐藤春夫と『魯迅選集』を訳・刊行し、本格的に作品紹介を行った。松江高等学校(現:島根大学)、大阪市立大学関西大学教授を歴任した。

盟友竹内好の葬儀で弔辞を述べている最中に倒れ、数日し後を追うように逝去した。多くの貴重書を集めた蔵書は、関西大学に収蔵された。

交友・業績[編集]

生涯にわたり竹内好武田泰淳松枝茂夫らと交流した。芥川龍之介佐藤春夫の影響で支那文学に傾倒(佐藤名義の訳『平妖伝』は下訳もしたと、本人が『中国古典文学大系 平妖伝』月報で経緯を明かしている)。 本人の著作・業績については『中国の八大小説 中国近世小説の世界 増田渉教授還暦記念』(大阪市立大学中国文学研究室編、平凡社, 1965年)に詳しい紹介がある。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 『魯迅選集』佐藤春夫共編訳、岩波文庫, 1935
  • 魯迅『支那小説史』サイレン社, 1935、天正堂, 1938、岩波文庫(上下), 1941
  • 『魯迅作品集 第1巻』東西出版社, 1946。第2巻「朝花夕拾」松枝茂夫訳
  • 聊斎志異 中国千夜一夜物語』蒲松齢 新流社, 1948、角川文庫, 1952
各・全2巻で「中国古典文学全集」、改訂版「中国古典文学大系」、他に単行版、普及版「奇書シリーズ」
  • 『魯迅の言葉』創元社, 1955
  • 『魯迅選集』松枝茂夫・竹内好共編訳、岩波書店 全12巻別巻1, 1956、改訂版・全13巻, 1964
  • 史記物語』司馬遷 講談社, 1956
  • 『新・十八史略物語』全12巻別巻2、奥野信太郎・佐藤春夫共編訳 河出書房, 1956-1957
  • 『世界名作全集33 老舎飯塚朗共訳、平凡社, 1960 
  • 阿Q正伝 他八篇』角川文庫, 1961 のち改版、新版2018
  • 『中国現代文学選集 3 五・四文学革命集』編集委員、平凡社, 1963。全20巻
  • 『中国の革命と文学 2 五・四文学革命集』編訳代表、平凡社, 1972。全13巻

参考[編集]

脚注[編集]