伊藤漱平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 漱平(いとう そうへい、1925年10月20日 - 2009年12月21日)は、日本の中国文学者東京大学二松學舍大学名誉教授。

愛知県碧海郡に生まれる。刈谷中学校、第一高等学校を経て東京帝国大学支那哲文学科を卒業、大学院に進む、1949年北海道大学助手となり退学、1955年島根大学講師、1960年大阪市立大学助教授、1970年北海道大学中国文学科教授、1977年東京大学中国文学科教授。1986年、定年退官し二松學舍大学教授。2002年春、勲三等旭日中綬章受勲。

紅楼夢』の訳者として知られ、『伊藤漱平著作集』全5巻がある。

著書[編集]

  • 『兒戯生涯 一讀書人の七十年』 汲古書院、1994年
  • 伊藤漱平著作集(全5卷)』 汲古書院 
    • 第1・2・3卷 「紅樓夢編」(2005年 - 2008年)
    • 第4卷 「中國近世文學編」(2009年12月)
    • 第5卷 「中國近現代文學・日本文学文學編」・「著者自訂年譜」・ 「著訳論文目録」 (2011年2月)

翻訳[編集]

編著[編集]

  • 「中国の古典文学」 (編著)  東京大学出版会 1981年
  • 魯迅・増田渉師弟答問集」 中島利郎と共編 汲古書院 1986年
  • 増田渉 「雑書雑談」、(編・解題) 汲古書院 1983年
  • 「連城璧」 李漁、 「照世盃」 酌玄亭主人 汲古書院(全3巻、影印解題) 1988年

記念論集[編集]

  • 「中国学論集 伊藤漱平教授退官記念」 同刊行委員会編 汲古書院 1986年

論文[編集]

  • 〈《紅樓夢》成書史臆說―圍繞七十回本存在的可能性〉 國外社會科學、1994年9月
  • 〈論曹雪芹晚年的〞佚著〞―圍繞《廢藝齋集稿》等真偽問題的札記〉 紅樓夢研究集刊、1981年10月
  • 〈李笠翁の像画(上)〉 汲古、1988年12月
  • 〈李笠翁の像画(下)〉 汲古、1990年6月
  • 伊藤漱平〈′九七北京國際紅樓夢學術研討會開幕式上的致詞〉 紅樓夢學刊、1997年增刊
  • 〈近世食文化管窺――『金瓶梅』『紅楼夢』を”材料“として―〉 株式会社コミュニケーション、1992年4月15日
  • 〈二十一世紀紅學展望―一個外國學者論述《紅樓夢》的翻譯問題〉 紅樓夢學刊、1997年增刊
  • 〈《紅樓夢》在日本的流傳―江戶幕府末年至現代〉 紅樓夢研究集刊、1989年10月
  • 〈日本における『紅楼夢』の流行―幕末から現代までの書誌的素描〉、《中国文学の比較文学の研究》、1986年
  • 〈漫談日本《紅樓夢》研究小史〉 首屆國際紅樓夢研究會論文集、1983年3月
  • 〈曲亭馬琴と曹雪芹と―和漢の二大小説家を對比して論ず―〉 二松、1994年3月
  • 〈紅楼夢八十回校本について〉 大安、1958年7月
  • 〈紅樓夢圖畫――改琦『紅樓夢圖詠』を中心に――〉 二松学舎大学東洋学研究所集刊、1996年3月

研究[編集]

外部リンク[編集]