石川忠久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 忠久(いしかわ ただひさ、1932年〈昭和7年〉4月9日 - )は、中国文学者二松学舎大学名誉教授・顧問、桜美林大学名誉教授日本中国学会顧問、全国漢文教育学会会長、斯文会理事長、六朝学術学会顧問、全日本漢詩連盟会長、漢字文化振興会会長。漢詩の著書・編著多数。号は「岳堂」。

略歴[編集]

東京出身。1955年東京大学中国文学科卒業、同大学院修了、1962年同大学院博士課程満期退学[1]、1992年「陶淵明研究」で文学博士(東京大学)。1966年桜美林大学文学部助教授、1972年教授、1990年二松学舎大学教授、同大学理事長、学長をつとめ、2003年退職。

1980年日本中国学会理事、1995年理事長、2003年顧問。1984年より全国漢文教育学会会長、1989年より斯文会理事長、1997年より六朝学術学会会長など要職を歴任。またNHKの漢詩シリーズでも知られる。2003年全日本漢詩連盟を設立し初代会長に就任。2008年に瑞宝中綬章を受章。

2019年の新元号令和改元の際に、最終候補として示されたうち「文選」典拠の「万和」(ばんな)を考案したと、自身が後に明かしている[2][3][4](他に「和貴」「成教」「正同」「貞文」「貞久」「弘国」「弘大」「泰通」「泰元」「豊楽」「光風」「中同」を合わせ計13案を提出[5][6][7])。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『世界の詩 5 中国』さ・え・ら書房, 1968
  • 『漢詩の世界 そのこころと味わい』大修館書店, 1975
  • 『漢詩の風景 ことばとこころ』大修館書店, 1976
  • 『漢詩のこころ』時事通信社, 1980
  • 『漢詩の楽しみ』時事通信社, 1982
  • 『漢詩への招待』新樹社, 1987/文春文庫, 2005
  • 『漢詩日記』大修館書店, 1989
  • 『長安好日 わが漢詩の日々 石川忠久華甲記念漢詩選集』東方書店, 1992
  • 『漢詩の魅力』時事通信社, 1993/ちくま学芸文庫, 2006
  • 陶淵明とその時代』 研文出版, 1994、増補版2014
  • 『漢詩を作る』大修館書店・あじあブックス, 1998
  • 『桃源佳境 わが詩わが旅 石川忠久古稀記念漢詩選集』東方書店, 2001
  • 『唐詩選のことば』斯文会, 2002
  • 『石川忠久 漢詩の講義』大修館書店, 2002
  • 『漢詩への誘い 人生を詠う 閑吟の巻』日本放送出版協会, 2002
  • 『漢詩への誘い 歴史と風土 長安の巻』日本放送出版協会, 2003
  • 『朗読で味わう漢詩』青春出版社・プレイブックス, 2003
  • 『日本人の漢詩 風雅の過去へ』大修館書店, 2003
  • 『漢詩への誘い 歴史と風土 金陵の巻』日本放送出版協会, 2003
  • 『漢詩への誘い 歴史と風土 成都の巻』日本放送出版協会, 2004
  • 『漢詩への誘い 歴史と風土 杭州の巻』日本放送出版協会, 2004
  • 『石川忠久著作選』 研文出版, 2005-。全5巻、第1巻は未刊
    2 長安の春秋 中国文学論考
    3 東海の風雅 日本漢詩の心
    4 岳堂詩の旅
    5 扶桑の山川 日本の風雅
  • 『漢詩への誘い 季節を詠う 清明の巻』日本放送出版協会, 2005
  • 『漢詩への誘い 季節を詠う 寒露の巻』日本放送出版協会, 2005
  • 『漢詩への誘い 人生を詠う 行遊の巻』日本放送出版協会, 2006
  • 『漢詩への誘い 人生を詠う 閑吟の巻』日本放送出版協会, 2006
  • 『身近な四字熟語辞典』 文春文庫, 2007
  • 『漢詩人大正天皇 その風雅の心』 大修館書店, 2009
  • 『漢詩と人生』文春新書, 2010
  • 『茶をうたう詩 『詠茶詩録』詳解』研文出版, 2011
  • 『江都晴景 わが心の詩 石川忠久八秩記念漢詩選集』研文出版, 2012
  • 『漢詩の稽古』 大修館書店, 2015

選訳著[編集]

訳注・解説・共著[編集]

  • 『漢詩の解釈と鑑賞事典』 前野直彬、旺文社, 1979
  • 『中国文学の女性像』 汲古書院, 1982。編著
  • 『詩経』 明徳出版社〈中国古典新書〉, 1984
  • 玉台新詠』 学習研究社〈中国の古典 25〉, 1986
  • 唐詩選 校注』 東方書店, 1989
  • 『中国の文人 「竹林の七賢」とその時代』 王瑤/松岡榮志共訳, 大修館書店, 1991
  • 『中国の名詩鑑賞 3 古詩』 明治書院, 1993
  • 『漢字とコンピュータ』 松岡榮志共著, 大修館書店, 1997
  • 『名詩の故里 NHK漢詩をよむ』日本放送出版協会, 1997。監修・著
  • 新釈漢文大系 詩経』(上中下) 明治書院, 1997-2000
  • 新書漢文大系 詩経』 明治書院 2002。福本郁子編(抜粋版)
  • 『石川忠久・中西進の漢詩歓談』 大修館書店, 2004
  • 『楽しく使える故事熟語』 文春文庫, 2009。監修・堀江忠道ほか2名
  • 『漢魏六朝の詩』 明治書院(上下), 2009。編著
  • 『漢詩鑑賞事典』 講談社学術文庫, 2009。監修・編著
  • 『書で味わう漢詩の世界 絶句名作選』 二玄社, 2009。書:吉沢鉄之
  • 『林古溪 「平仄字典 漢詩実作必携」』 明治書院, 2013。補訂新版
  • 大正天皇漢詩集』 大修館書店, 2014

参考[編集]

  • 「石川忠久教授略年譜・主要著書論文目録」(石川忠久教授挂冠記念号) 桜美林大学中国文学論叢 1992-03

脚注[編集]

外部リンク[編集]