塩田良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

塩田 良平(しおだ りょうへい、1899年〈明治32年〉5月25日 - 1971年〈昭和46年〉11月28日)は、日本国文学者随筆家。元二松学舎大学学長。近代文学が専門で、代表的な著書に「近代日本文学論」「山田美妙研究」「樋口一葉研究」「明治女流作家論」「明治文学論考」「日本文学論考」、随筆集「妻の記」「おゆき」「夜開花」などがある。また、多くの文庫本に解説を書いている。

略歴[編集]

東京市麹町区隼町(現在の東京都千代田区)に生まれる。府立第一中学校を経て1926年大正15年)、東京帝国大学文学部国文科選科卒。1928年昭和3年)二松学舎専門学校教授、戦時中は日本文学報国会総務部長を務めた。1949年(昭和24年)二松学舎大学学長、1951年(昭和26年)大正大学教授、1960年(昭和35年)立教大学日本文学科長、1967年(昭和42年)ハワイ大学太平洋語科客員教授、1968年(昭和43年)実践女子大学教授などを歴任。この間、1962年(昭和37年)に日本近代文学館設立準備委員となり、1963年(昭和38年)常務理事、1969年(昭和44年)理事長に就任。文部省国語審議会委員や日本近代文学館第3代館長も兼任した。死の直前まで大学受験ラジオ講座の講師をつとめていた。

人物・その他[編集]

著書[編集]

  • 『明治文学史抄』 本文頭註 散文篇, 大鐙閣, 1930
  • 北村透谷』 岩波書店, 1931.6 (岩波講座日本文學)
  • 國木田獨歩』 岩波書店, 1931.12 (岩波講座日本文學)
  • 『日本文體に及ぼしたる西洋文體の影響』 岩波書店, 1932.12 (岩波講座世界文学)
  • 『近代日本文學論』 萬上閣, 1935.5
  • 『平家物語新選』 山海堂出版部, 1936
  • 『概観明治文学』 人文書院, 1938
  • 『近代小説 日本文学大系 第11巻』 河出書房、1938
  • 山田美妙研究』 人文書院, 1938
  • 『枕草子 日本評論社』 1939.2 (日本古典讀本)
  • 『古典の伝統』 育英書院, 1942
  • 『現代日本文芸史』 三笠書房, 1942 (日本現代史叢書)
  • 『明治女流作家』 青梧堂, 1942 (日本文学者評伝全書)
  • 『往日抄』 青梧堂, 1942
  • 『古典と女性』 郁文社, 1943
  • 『明治の作家と作品』 人文書院, 1943
  • 『青春の文學』 晃文社, 1947.8
  • 『近代小説』 福田清人共著, 至文堂, 1950 (日本文学教養講座)
  • 『國文學史の研究』 旺文社, 1950
  • 『鴎外・漱石から現代まで』 金子書房, 1953 (少年図書館選書)
  • 『古文の研究』 旺文社, 1953
  • 芥川龍之介』 学燈文庫, 1954
  • 『現代文の研究』 吉田精一共著, 旺文社, 1954
  • 『明治文学史』 慶應通信, 1954
  • 『明治の文学』 河出文庫, 1955
  • 『文学入門』 青林書院, 1955
  • 『近代文学の展開』 通信教育振興会, 1955
  • 『国語の教室』 慶應通信, 1955
  • 『樋口一葉研究』 中央公論社, 1956
  • 『妻の記』 現代文芸社, 1957
  • 『古典と明治以後の文学』 岩波書店, 1959.5 (岩波講座日本文学史)
  • 『樋口一葉』 吉川弘文館・人物叢書, 1960.7
  • 源氏物語鑑賞 男のすきと女心のあはれ』 新樹社, 1961.1
  • 『おゆき抄』 光風社書店, 1961.10
  • 『王朝文学の女性像』 日本経済新聞社, 1965 (日経新書)
  • 『國語随筆 國字國語の正統を護るために』 雪華社, 1965
  • 『文章の作り方』 明治書院, 1969
  • 『夜開花 随筆』 光風社書店, 1969
  • 『明治文学論考』 桜楓社, 1970.11

記念論集[編集]

  • 日本文学論考 塩田良平先生古稀記念論文集刊行会編 桜楓社 1970.11

参考文献[編集]

  • 人物リファレンス事典(日外アソシエーツ)