今古奇観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今古奇観』(きんこきかん)は、17世紀中国で編纂された白話小説の選集である。

概要[編集]

中国では、11世紀の(960-1279年)の時代から、街頭などで「説話」と呼ばれる、歴史や伝説に材をとった物語の講釈がおこなわれており、その種本が「話本」と呼ばれる。用語としての「話本」に関しては斯界合意の定義は定まっていない[1]が、15世紀の時代(1368-1644年)あたりから、その形式を模して「擬話本」と呼ばれる、読まれることを目的とした作品が書かれるようになった。

明代末期になると印刷技術の躍進によって擬話本流行の風潮と結んで、宋代以来の説話・話本の作品集として、馮夢龍(1574-1646年)が『古今小説』40巻(1621年頃?、後に改編解題『喻世明言』24巻[2])、『警世通言』40巻(1624年)、『醒世恒言』40巻(1627年)、凌濛初[3](1580-1644年)が『初刻拍案驚奇』40巻(1628年)、『二刻拍案驚奇』40巻(1632年)を編纂し、この5書は書名中の文字から「三言二拍」と総称された。

『今古奇観』は、この三言二拍全198編[4]の中から抱甕老人(ほうおうろうじん、ほうよう―、中国語版)と称する蔵書家[5]が、40篇を選択・刊行したものである。なお成立期は、種本の刊行時から考えて、1632年から1644年の明滅亡までの間だとされている。その内訳としては、三言から29編[6]、二拍から11編[7]で、三言からの選択が圧倒的に多い。 また、宋・(1271-1368年)時代の特徴ともいえる霊怪的、神鬼的な作品を概ね除外しており、白話小説として、宋から明時代の庶民の生活や感情をえがいた、中国社会の実相を写す世話物に優れたものものが多い[8]

大塚秀高[9]は、諸版本を比較検討して刻版修正を行ったのは、訂定者を抱甕老人即ち凌濛初、手定者を墨憨齋即ち馮夢龍とみており、二人がそれぞれ編纂した三言二拍の出来栄えに満足しておらず、協力して40編を選び修訂を加え決定版として作ったものが『今古奇観』だと述べている[10]

江戸文学への影響[編集]

『今古奇観』は選集であるので、駄作も少なく手軽に読めることもあって、江戸時代に日本でも流行し、影響を与えた。

日本語訳は江戸時代から行われ、1761年に風流快史[13]〉による、第七卷 『賣油郎獨占花魁』の抄訳『通俗赤縄奇縁』がある[14]

また、第二十七卷 『錢秀才錯占鳳凰儔』は森羅子 作 『月下清談』(1798年)の粉本である。1816年には、淡斎主人 訳 『通俗古今奇観(つうぞくこきんきかん)』という抄訳版本も刊行された。これにも第七卷 『賣油郎獨占花魁』が含まれており、江戸の人気作品だったことが想像される。[15]

日本語訳書籍[編集]

注・出典[編集]

  1. ^ 勝山稔 『白話小説研究における「話本」の定義について:中国白話小説研究における一展望(III)』、国際文化研究科論集、7巻、1999-12-20、p.244-209 pdf
  2. ^ 残存するのは24巻本であるが、廣澤裕介(ひろさわ ゆうすけ、立命館大学 文学部東アジア研究学域 准教授)は、書誌学研究によって、24巻本に先立ち『喻世明言』40巻本が刊行されていたと指摘し、逸書40巻本の復元を試みている。出典:廣澤裕介 《『喩世明言』四十卷本考》 日本中国学会報 Vol. No. 52 2000年 中国・アジア研究論文データベースpdf
  3. ^ りょうもうしょ、字を玄房、号を初成、また即空観主人ともいう。浙江鳥程に生まれ、1591年12歳で秀才となるも1634年55歳にして上海県丞になる。その後1644年、農民の武装蜂起に抗拒し吐血して66歳で死んだ。著書は頗る多く、二拍も編纂と称しながら創作が多いとされる。
  4. ^ 三言120編、二拍78編(『二刻拍案驚奇』に重複1巻と雑劇の戯曲が1巻あるため)で都合198編となる。
  5. ^ 姑蘇(蘇州)の抱甕老人と名乗っているが、本名等は未詳である。
  6. ^ 『古今小説』から8編、『警世通言』から10編、『醒世恒言』から11編の計29編。
  7. ^ 『初刻拍案驚奇』から8編、『二刻拍案驚奇』から3編の計11編。
  8. ^ 『今古奇観 上』 中国古典文学大系 37 解説 p.409-411 。
  9. ^ 大塚秀高、おおつかひでたか、埼玉大学名誉教授
  10. ^ 大塚秀高『抱甕老人と三言二拍の原刻本について』日本アジア研究 Vol.13, (2016. 3) ,p.43- 88 紀要
  11. ^ a b 駒田信二『今古奇観』 解説 各巻の出典と、その江戸文学への影響 (中国古典文学大系 38巻 p.453-461)等による。
  12. ^ 『古今小説』と『喻世明言』参照
  13. ^ 西田維則(にしだこれのり)の筆名、? – 1765年、号は贅世子、口木子、また別名に、口木山人、烟水散人、温海、賢世子を使用。近江に生まれ京都で活動した儒学者。
  14. ^ この翻訳は広く影響を与え、芝居、長咄、戯作、講談などに翻案された。
  15. ^ 淡斎主人 訳『通俗古今奇観 五巻』 1814年 3編の抄訳:第二十卷 莊子休鼓盆成大道、第三十八卷 趙縣君喬進黃柑子、第七卷 賣油郎獨占花魁。日本国内刊行物としては『通俗古今奇観 付 月下清談』 青木正児 校註 1932年 岩波文庫 ISBN 978-4003203613 。また、『通俗古今奇観』《近世白話小説翻訳集 第5巻》に収録、中村幸彦 編 1985年 汲古書院 ISBN 9784762932083 、その解題で淡斎主人を佐羽淡斎(さばたんさい、1772-1825年)に擬している。