阿Q正伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿Q正伝』(あきゅうせいでん)は、中国の作家魯迅によって1921年から新聞『晨報』の週刊付録に一章ずつ発表されたもので、魯迅唯一の中編小説である [1]。阿Qという近代中国の一庶民を主人公とした、他に例を見ない物語として注目を集めた。

評価[編集]

阿Qという、おそらくはこれ以下はないであろう最下層の人間を主人公に設定し、それを縦横無尽に活躍させることにより、巧みな布置の中に農村社会ひいては全体社会のさまざまな人間タイプの思考や行動の様式を、浮き彫りにしている[1]。特にこの作品を気に入った毛沢東が談話でしばしば「阿Q精神」を引き合いに出したため、魯迅の名声が高まった[2]。後に中国の高校教科書に採用され、中国国民の多くが知っている小説である。また外国向けにも翻訳されている。

あらすじ[編集]

時代がから中華民国へ変わろうとする辛亥革命の時期、中国のある小さな村に、本名すらはっきりしない、村の半端仕事をしてはその日暮らしをする日雇いの阿Qという男がいた。

彼は、働き者との評判こそ持ってはいたが、家も金も女もなく、字も読めず容姿も不細工などと閑人たちに馬鹿にされる、村の最下層の立場にあった。そして内面では、「精神勝利法」と自称する独自の思考法を頼りに、閑人たちに罵られたり、日雇い仲間との喧嘩に負けても、結果を心の中で都合よく取り替えて自分の勝利と思い込むことで、人一倍高いプライドを守る日々を送っていた。

ある日、阿Qは村の金持ちである趙家の女中に劣情を催し、言い寄ろうとして逃げられた上に趙の旦那の怒りを買って村八分になり、仕事にもあぶれてしまう。食うに困って盗みを働き、逃亡同然の生活を続けうちに、革命党が近くの町にやってきた事を耳にした彼は、意味もわからぬまま「革命」に便乗して騒いだ結果、革命派の趙家略奪に関与した無実の容疑で逮捕される。 無知ゆえに筋道たてた弁明も出来ず、流されるままに刑場に引き出され、あっけなく銃殺されてしまった阿Qに、観客達は不満を述べ立てるのだった。

背景[編集]

魯迅は日本に留学し、仙台医学専門学校(現東北大学医学部)で解剖学を学んでいた。ある日、教室で日露戦争の記録映画が上映される。その中にロシア側のスパイ容疑で捕まった中国人が銃殺されるシーンがあり、周囲で同胞の銃殺に喝采する中国国民の無自覚な姿に、魯迅は衝撃を受けた。これを契機に魯迅は医学から転じて中国の社会改革と革命に関心を深め、文筆を通じ中国人の精神を啓発する道に入った。

魯迅は本作で、無知蒙昧な愚民の典型である架空の一庶民を主人公にし、権威には無抵抗で弱者はいじめ、現実の惨めさを口先で糊塗し思考で逆転させる彼の滑稽な人物像を描き出し、中国社会の最大の病理であった、民衆の無知と無自覚を痛烈に告発した。物語の最後で、まったくの無実の罪で処刑される阿Q、その死にざまの見栄えのなさに不平を述べる観衆たちの記述は、同胞の死刑に喝采する中国人同胞の姿にショックを受けた作者の体験を反映する。この体験や心境の変化は、魯迅の小説『藤野先生』に描写されている。

阿Qの意味[編集]

「阿Q」は便宜的な名として作者が設定した仮名である。「阿Q」という主人公の名前は奇妙に思えるが、中国南部(魯迅は浙江省出身である。)では、「阿」は姓の前につく接頭辞で親しみの表現であり、「―先生」と同様に、現在でも使われている単語である[3][4]。従って、『阿Q正伝』は阿Qの情けない人物像にもかかわらず、「Qちゃんの伝記」といった意味になる。また「Q」という漢字文化圏ではあり得ない名前については、阿Qは人々から「阿Quei(あくい)」という音で呼ばれていたが、Queiの部分の漢字表記が分からないためやむをえず略称を用いる、と設定している。[5]

書誌情報[編集]

  • 『阿Q正伝・藤野先生』 魯迅 著 / 駒田信二 訳 / 1998年5月10日 講談社文芸文庫 / ISBN 4-06-197616-8
  • 『故郷/阿Q正伝』 魯迅 著 / 藤井省三 訳 / 2009年4月9日 光文社古典新訳文庫 / ISBN 978-4-334-75179-1

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 竹内(1955年)245ページ
  2. ^ 毛沢東の魯迅評価
  3. ^ デイリーコンサイス中日辞典 (三省堂)
  4. ^ 中日辞書 北辞郎
  5. ^ 拼音では「Q」はごく普通に用いられるが、発音は「チ」に似た子音である。この「Quei」はピン音表記ではない。

参考文献[編集]

  • 魯迅作・竹内好訳『阿Q正伝・狂人日記』(1955年)岩波文庫所収、竹内好「『吶喊』について」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]