楽府詩集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楽府詩集』(がふししゅう)は、北宋郭茂倩(かくもせん)による楽府集。

古代から五代までの楽府5290首を分類して網羅的に集めたもの。全100巻。

概要[編集]

郭茂倩は太常博士の郭源明(1022年-1076年)の長男だった[1][2]。郭源明の父の郭勧については宋史に伝がある。『楽府詩集』のほかに『雑体詩集』という著書があったが、失われて今は伝わらない。『楽府詩集』は北宋末までに編纂された[3]

先行する歌謡集には『玉台新詠』があり、また『宋書』楽志や『芸文類聚』などの類書にも楽府を収めるが、『楽府詩集』は楽府と考えられる古今の作品ほとんどすべてを収集し、曲によって分類した点に特徴がある。

郭茂倩の時代には楽府の音楽は伝わっていなかったが、歌辞の由来については(漢)蔡邕『琴操』、(晋)崔豹『古今注』、(唐)呉兢『楽府解題』、(宋)沈建『楽府広題』などを、演奏については(南朝宋)張永『元嘉正声技録』、(南朝宋)王僧虔『大明三年宴楽技録』、(陳)釈智匠『古今楽録』などを引用して述べている。これらの書物の多くは失われているので、『楽府詩集』は貴重な資料にもなっている[4]。中津濱渉によると『楽府詩集』は160種にのぼる書籍を引用している[5]。とくに重んじているのは釈智匠『古今楽録』、呉兢『楽府解題』、沈建『楽府広題』の3書である[6]

構成[編集]

『楽府詩集』では楽府を12門に大別し、その中をさらに細分している。

  • 郊廟歌辞(巻1-12)
  • 燕射歌辞(巻13-15)
  • 鼓吹曲辞(巻16-20)
  • 横吹曲辞(巻21-25)
  • 相和歌辞(巻26-43)
  • 清商曲辞(巻44-51)
  • 舞曲歌辞(巻52-56)
  • 琴曲歌辞(巻57-60)
  • 雑曲歌辞(巻61-78)
  • 近代曲辞(巻79-82)
  • 雑歌謡辞(巻83-89)
  • 新楽府辞(巻90-100)

このうち郊廟歌と燕射歌は宮中の雅楽である。鼓吹曲から雑曲歌までは呉兢『楽府解題』の分類に(多少変更の上)基本的に従っている。近代曲とは隋・唐時代に発生した楽府の総称である。

収録作品[編集]

収録した作品は5290首にのぼり、このうち作者不明のものが1497首、作者の明らかなものは576人による3793首を収録する。作者の明らかな作品の時代ごとの内訳は以下のようになっている[7]

時代 漢以前
作者数 22 16 11 1 1 15 29 17 73 34
作品数 33 21 124 12 1 210 227 171 546 218
時代 北魏 北斉 北周 五代
作者数 3 3 6 29 306 10
作品数 7 7 113 78 1996 29

すなわち以降の作品が345人2103首にのぼり、後の時代に作られた楽府集が隋唐の作品を収録しないのと大きく異なる。また、このことが『楽府詩集』の巻数が多くなる原因ともなっている。南北朝までではのものが突出して多い。

作者別では、南北朝まででは沈約の119首がもっとも多く、ついで庾信傅玄鮑照梁の簡文帝の順に並ぶ。隋以降では李白159首、白居易98首をはじめとして、劉禹錫温庭筠張籍の順に多い[8]

テクスト[編集]

中国国家図書館蔵(傅増湘旧蔵)の宋刊本が現存する。優れた本だが完本ではなく、79巻分が残る[9]。1955年に文学古籍刊行社より影印出版され、中津濱渉『楽府詩集の研究』はこの本をもとにしている。

元刊本には至元6年(1340年)序の至元刊本と至正元年(1341年)の至正刊本がある[10]

毛晋は至元刊本と銭謙益所蔵の宋刊本をもとに校勘を行った(汲古閣本)。四部叢刊はこの本を使っている。

脚注[編集]

  1. ^ 蘇頌職方員外郎郭君墓誌銘」『蘇魏公集』巻59、1084年。「男五人。曰茂倩、河南府法曹参軍。」
  2. ^ 増田(1975) pp.433-435
  3. ^ 増田(1975) p.436
  4. ^ 岡村(2000) p.19
  5. ^ 中津濱(1970)の「本書の構成」による
  6. ^ 増田(1975) pp.439-440
  7. ^ 増田(1975) p.448 注9
  8. ^ 増田(1975) pp.441-442
  9. ^ 唱春蓮 『宋刻本《楽府詩集》(善本掌故)』 人民網、2007年12月3日http://paper.people.com.cn/rmrbhwb/html/2007-12/03/content_33656150.htm 
  10. ^ 増田(1975) p.445

参考文献[編集]

  • 岡村貞雄『古楽府の起源と継承』白帝社、2000年。ISBN 4891744359
  • 中津濱渉『楽府詩集の研究』汲古書院、1970年。
  • 増田清秀『楽府の歴史的研究』創文社、1975年。

外部リンク[編集]