建安文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

建安文学(けんあんぶんがく)は、中国の後漢末期、建安年間(196年 - 220年)、当時、実質的な最高権力者となっていた曹一族の曹操を擁護者として、多くの優れた文人たちによって築き上げられた、五言詩を中心とする詩文学。

それまで文学の中心とされていた辞賦に代わり、楽府と呼ばれる歌謡を文学形式へと昇華させ、儒家的・礼楽的な型に囚われない、自由闊達な文調を生み出した。激情的で、反骨に富んだ力強い作風の物も多く、戦乱の悲劇から生じた不遇や悲哀、社会や民衆の混乱に対する想い、未来への不安等をより強く表現した作品が、数多く残されている。

建安文学の文学者[編集]

有名、無名を合わせ、数多くの文学者が建安の文壇に名を連ねてはいるが、中でも著名なのが建安七子と呼ばれる文学者たちである。

孔融陳琳徐幹王粲応瑒劉楨阮瑀ら七人を総称して、建安の七子と呼ぶ。それに加えて、建安文学の擁護者であり、一流の詩人でもあった曹一族の曹操曹丕曹植の3人(三曹と呼ぶ)を同列とし、建安の三曹七子と呼称することもある。

また、繁欽何晏応璩蔡琰呉質といった著名文学者たちも、この建安文学に携わり、大きく貢献した文壇の一員であるとされている。