古文真宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古文真宝』(こぶんしんぽう)は、代から代までの古詩や文辞を収めた書物。宋末か初の時期に成立したとされる。

黄堅の編と言われるが、編者の人となりや具体的な成立の経緯は伝わっていない。前集10巻に、後集10巻に文章を収録する。各時代の様々な文体の古詩や名文を収めており、簡便に学習することができたため、初学者必読の書とされて来た。

日本での受容[編集]

日本には室町時代のはじめごろに伝来した。五山文学で著名な学僧たちの間に広まり、木版で刊行された(五山版)。

江戸時代には数多くの刊本が出されて広く読まれ、注釈書も多く著された。井原西鶴松尾芭蕉も『古文真宝』に言及しており、簡便な教養書として広く読まれていたことが窺える。江戸時代中期以降(荻生徂徠らに批判され)、詩は『唐詩選』、文章では『文章軌範』が用いられるようになるが、『古文真宝』もなお明治時代に至るまで刊行され続け、廃れることはなかった[1]

主な文献[編集]

  • 『古文真宝 (前集) 上・下』 星川清孝注解、新釈漢文大系 9・10 明治書院 初版1967年
  • 『古文真宝 (後集)』 星川清孝注解、新釈漢文大系16 明治書院 初版1963年
    • 『古文真宝』 明治書院〈新書漢文大系〉全2巻、新版・2002年-2003年。詩と辞賦の名品を抜粋。

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 林望『リンボウ先生の書物探偵帖』p263-283(2000年、講談社文庫、『書誌学の回廊』を改題)。