古文真宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古文真宝』(こぶんしんぽう)は、代から代までの古詩や文辞を収めた書物。宋末か初の時期に成立したとされる。

黄堅の編と言われるが、編者の人となりや具体的な成立の経緯は伝わっていない。前集に、後集に文章を収録する。各時代の様々な文体の古詩や名文を収め、簡便に学習することができたため、初学者必読の書とされて来た。

日本には室町時代のはじめごろに伝来した。五山文学で著名な学僧たちの間より広まり、江戸時代には注釈書が多く出された。

主な文献[編集]

  • 『古文真宝 (前集) 上・下』 星川清孝注解、新釈漢文大系 9・10 明治書院 初版1967年
  • 『古文真宝 (後集)』 星川清孝注解、新釈漢文大系16 明治書院 初版1963年
    • 『古文真宝』 明治書院〈新書漢文大系〉全2巻、新版・2002年-2003年。詩との名品を抜粋