全唐詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

全唐詩』(ぜんとうし)は、康熙帝の勅命により、彭定求らが編纂した、唐詩のすべてを収載した奉勅撰漢詩集。900巻、目録12巻、補遺6巻、詞12巻。

概略[編集]

1703年康煕42年)の成立。代のすべてが網羅され、作者の数は2,900余人、作品数は4万8,900余首という。

胡震亨撰『唐音統籤』『唐音癸籤』を稿本に、内府蔵『全唐詩集』を加え、残碑・断碣・稗史・雑書から採録している。

江戸時代日本に輸入されて大評判となったが、市河寛斎は『全唐詩』に漏れた唐詩を集めて『全唐詩逸』3巻(1804年文化元年))を出版している。

構成[編集]

  • 帝王后妃
  • 楽章
  • 楽府
  • 臣下の詩
  • 聨句
  • 逸句
  • 名媛
  • 僧道
  • 外国
  • 仙神
  • 鬼怪
  • 諧謔
  • 諸雑体(題語・判・歌・讖記・語・諺謎・・酒令・占辞・蒙求)

参考文献[編集]

関連項目[編集]