蘇頌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蘇 頌

蘇 頌(そ しょう、1020年12月16日天禧4年11月23日) - 1101年6月18日建中靖国元年5月20日))は、北宋の科学者、宰相。字は子容泉州の人。

生涯[編集]

慶暦2年(1042年)に進士に及第した。北宋で最高の機械学者であったという。哲宗の命を受け、世界最初の天文時計水運儀象台」を設計した(1997年、京都大学で完全復元された)。元祐7年(1092年)に工事が完成し、蘇頌は丞相に任ぜられた。紹聖4年(1097年)、退官した。建中靖国元年(1101年)に死去し、魏国公を追贈され、「正簡」とされた。

徽宗韋賢妃(南宋の高宗の母)は、初め蘇頌の側女を務めたという。

著作[編集]

  • 『本草図経』、1061年。もと20巻だったが失われた。『証類本草』に引用されたものを元に作られた輯逸本がある。
  • 新儀象法要』、1092年(3巻)
  • 蘇魏公文集』。詩文集、72巻

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]