トルコ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トルコ人
Turks
Türkler
Nasreddin (17th-century miniature).jpg
Sultan Gazi ʻUthmān Han I - السُلطان الغازي عُثمان خان الأوَّل.png
Baiazeth. P. IIII.jpg
Gentile Bellini 003.jpg
Yavuz Sultan I. Selim Han.jpg
Pîrî Reis büstü.JPG
Barbarossa Hayreddin Pasha.jpg
EmperorSuleiman.jpg
Sultan Abdülmecid - Google Art Project.jpg
Halide Edib Adıvar b3.jpg
Nazim Hikmet (cropped).jpg
Ahmet Ertegun (cropped).jpg
Fazıl Say during rehearsals in 2011.jpg
Nuribilgeceylan.jpg
Tarkan (9).jpg
Omer Asik.jpg
Arda Turan 2013 Real Madrid.jpg
Mesut Özil (9881761465) Cropped.jpg
総人口
7200万人[1]
居住地域
トルコの旗 トルコ 55,500,000–61,200,000[2][3]
北キプロスの旗 北キプロス 280,000 d[›][4][5]
ドイツの旗 ドイツ 2,800,000–3,000,000f[›]b[›][6][7][8][9]
フランスの旗 フランス 500,000–1,000,000[10][11]
イギリスの旗 イギリス 500,000a[›][12][13][14]
オランダの旗 オランダ 396,414e[›]–500,000c[›][15][16][17][18]
オーストリアの旗 オーストリア 350,000–500,000[19][20]
ベルギーの旗 ベルギー 200,000[21][22][23]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 196,222-500,000 b[›][24][25][26][27]
スウェーデンの旗 スウェーデン 100,000-150,000[28][29]
スイスの旗 スイス 70,440 e[›][30]
オーストラリアの旗 オーストラリア 66,919-150,000 b[›][31][32][33]
デンマークの旗 デンマーク 28,892 f[›]b[›][34]
カナダの旗 カナダ 24,910 b[›][35]
イタリアの旗 イタリア 22,580 e[›][36]
イスラエルの旗 イスラエル 22,000[37]
アルジェリアの旗 アルジェリア 600,000–3,300,000 b[›][38][39][40]
イラクの旗 イラク 500,000–3,000,000[41][42][43]
チュニジアの旗 チュニジア 500,000–2,400,000 b[›][44][45][46]
シリアの旗 シリア 100,000–3,500,000[47][48][49][50][51]
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 150,000–200,000 b[›][44][52]
エジプトの旗 エジプト 100,000–1,500,000 b[›][53][54]
ヨルダンの旗 ヨルダン 60,000[44]
レバノンの旗 レバノン 50,000–80,000[55][56]
リビアの旗 リビア 50,000 b[›][44]
ブルガリアの旗 ブルガリア 588,318–800,000[57][58][59]
ギリシャの旗 ギリシャ 80,000–130,000 g[›][60]-[61]
マケドニア共和国の旗 マケドニア共和国 77,959[62][63][64][65]
ルーマニアの旗 ルーマニア 27,700[66][67][68]
コソボの旗 コソボ 18,738[69]
ロシアの旗 ロシア 109,883–150,000[70][71]
カザフスタンの旗 カザフスタン 104,792-150,000 h[›][72][73]
キルギスの旗 キルギス 40,953-50,000 h[›][74][73][75]
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 38,000-110,000 h[›][76][73][77][78]
言語
トルコ語
宗教

イスラム教スンニ派が大勢[79][80][81][82]


少数は無宗教[79][83] キリスト教[84][85][86] ユダヤ教[要出典]

トルコ人(トルコじん、Türk HalkıあるいはTürkler)は、アナトリア半島バルカン半島アラブ諸国の一部に居住し、イスタンブル方言を公用語・共通語とするトルコ語を話すテュルク系の民族である。アゼルバイジャン人トルクメン人とは民族的に親近関係にある。

概要[編集]

トルコ共和国の主要構成民族であり、そのほぼ全てがムスリム(イスラム教徒)である。人口は7,000万人以上で、トルコの他、ブルガリアギリシャ領のエーゲ海の島々など東ヨーロッパにも居住する。また、西ヨーロッパ諸国に、はじめは出稼ぎが目的だったが次第に移住した者もかなりの数にのぼり、ドイツを中心にオーストリアリヒテンシュタインスイスなどのドイツ語圏の諸国に数百万人が国籍を取得し帰化して定住している。

そのほとんどは、オスマン帝国の支配下にあってトルコ語を母語としていたムスリムの子孫である。もともとオスマン帝国の時代には「トルコ人」という民族意識は薄く、特にイスタンブルを中心とするエリート階層はトルコ語の一種であるオスマン語を共通語としていたものの、血統的な出自は必ずしもトルコ系とは限らず、自称は「オスマン人」であって「トルコ人」またはオスマン帝国以前にあったセルジューク朝を築いた「セルジューク人」は田舎に住み農業や牧畜に従事する人々を指す語であった。アナトリアのトルコ系の言葉を話すムスリムの人々をまとめて「トルコ人」(「セルジューク人」)と呼び、彼らの属すオスマン帝国を「トルコ帝国」と呼んだのは、むしろヨーロッパなどの帝国外部の人々である。

テュルクはもともと中央アジアカザフステップからアルタイ山脈西部に起源を持つ遊牧民族集団であり、外見上はモンゴロイドの特徴を強く持っていたが、長い時間をかけて西へと進んできた中で、アラブやアナトリアなどの住民との混血が進んでいった。さらに、オスマン帝国時代には、東ローマ帝国時代から小アジアバルカン半島に住んでいたギリシャ人アラブ人ロマンス人の一派(ルーマニア人など)、カフカス系諸民族、クルド人アルメニア人スラヴ諸族南スラヴ人)、おなじテュルク系のブルガール人オグール)とクマン人などと混血が進み、コーカソイドの容貌の特徴が濃厚となった現在に至る「トルコ人」が形成されて、コーカソイドとして分類されている。

ところが、19世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパで生まれオスマン帝国に持ち込まれたナショナリズムの思想がキリスト教徒の諸民族の間に広まり、ギリシャを手始めにオスマン帝国からバルカン諸国が独立していき、一方でロシア帝国領のムスリムの間で生まれた汎トルコ主義(汎テュルク主義)がオスマン帝国に流れ込んで、エリート階層の間にも「トルコ人」意識が広まり始めた。

最終的には、第一次世界大戦によるオスマン帝国の最終的な解体と、続くトルコ革命により、アナトリアにトルコ共和国が樹立された結果、アナトリアに住みトルコ語を話すムスリムの間にトルコ人意識が定着する。しかし、元来トルコ語を母語としないクルド人をトルコ人に同化・統合しようとする動きは、トルコに複雑な民族問題を投げかける要因となっている。

遺伝子[編集]

アナトリアは古来より文明の十字路として多種多様な系統の人々が移り住んできたため、遺伝子は多様である。トルコ人のY染色体ハプログループの上位6種の割合[87]を示す。

トルコ語はアルタイ諸語に属すが、アルタイ系C2系統の割合は非常に少ない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://twistedsifter.com/2015/06/proportional-pie-chart-of-the-most-spoken-languages/
  2. ^ Milliyet. “55 milyon kişi 'etnik olarak' Türk”. http://www.milliyet.com.tr/2007/03/22/guncel/agun.html 2011年7月21日閲覧。 
  3. ^ CIA. “The World Factbook”. 2011年7月27日閲覧。
  4. ^ CIA. “The World Factbook”. 2015年6月13日閲覧。
  5. ^ http://www.devplan.org/Nufus-2011/nufus%20son_.pdf
  6. ^ [1] German Statistical Office-Bevölkerung mit Migrationshintergrund
  7. ^ Zensusdatenbank - Ergebnisse des Zensus 2011”. 2015年4月25日閲覧。
  8. ^ Kötter et al. 2003, 55.
  9. ^ Haviland et al. 2010, 675.
  10. ^ Leveau & Hunter 2002, 6.
  11. ^ Fransa Diyanet İşleri Türk İslam Birliği. “2011 YILI DİTİB KADIN KOLLARI GENEL TOPLANTISI PARİS DİTİB’DE YAPILDI”. 2012年2月15日閲覧。
  12. ^ Home Affairs Committee 2011, 38
  13. ^ “UK immigration analysis needed on Turkish legal migration, say MPs”. The Guardian. (2011年8月1日). http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/01/turkish-immigration-possibilities-assessed 2011年8月1日閲覧。 
  14. ^ Federation of Turkish Associations UK (2008年6月19日). “Short history of the Federation of Turkish Associations in UK”. 2011年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月13日閲覧。
  15. ^ "Foreigners in thee Netherlands".
  16. ^ Netherlands Info Services. “Dutch Queen Tells Turkey 'First Steps Taken' On EU Membership Road”. 2008年12月16日閲覧。
  17. ^ Dutch News. “Dutch Turks swindled, AFM to investigate”. 2008年12月16日閲覧。
  18. ^ Türkiye Büyük Millet Meclisi 2008, 11.
  19. ^ “Turkey's ambassador to Austria prompts immigration spat”. BBC News. (2010年11月10日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-11725311 2010年11月10日閲覧。 
  20. ^ CBN. “Turkey's Islamic Ambitions Grip Austria”. 2011年10月16日閲覧。
  21. ^ http://statbel.fgov.be/fr/modules/publications/statistiques/population/population_natio_sexe_groupe_classe_d_ges_au_1er_janvier_2010.jsp
  22. ^ King Baudouin Foundation 2008, 5.
  23. ^ De Morgen. “Koning Boudewijnstichting doorprikt clichés rond Belgische Turken”. 2010年11月15日閲覧。
  24. ^ U.S. Census Bureau. “TOTAL ANCESTRY REPORTED Universe: Total ancestry categories tallied for people with one or more ancestry categories reported 2013 American Community Survey 1-Year Estimates”. 2012年10月3日閲覧。
  25. ^ Encyclopedia of Cleveland History. “Immigration and Ethnicity: Turks”. 2010年2月7日閲覧。
  26. ^ The Washington Diplomat. “Census Takes Aim to Tally'Hard to Count' Populations”. 2011年5月5日閲覧。
  27. ^ Farkas 2003, 40.
  28. ^ Swedish International Development Cooperation Agency. “Turkiet är en viktig bro mellan Öst och Väst”. 2011年4月14日閲覧。
  29. ^ Swedish Ministry for Foreign Affairs. “Ankara Historia”. 2011年4月14日閲覧。
  30. ^ Ständige ausländische Wohnbevölkerung nach Staatsangehörigkeit, am Ende des Jahres Swiss Federal Statistical Office, accessed 6 October 2014
  31. ^ 2011 census
  32. ^ “Old foes, new friends”. The Sydney Morning Herald. (2005年4月23日). http://www.smh.com.au/news/World/Old-foes-new-friends/2005/04/22/1114152326767.html 2008年12月26日閲覧。 
  33. ^ Presidency of the Republic of Turkey (2010年). “Turkey-Australia: "From Çanakkale to a Great Friendship”. 2011年7月14日閲覧。
  34. ^ Statistikbanken. “Danmarks Statistik”. 2015年6月13日閲覧。
  35. ^ Population by selected ethnic origins, by province and territory (2006 Census)”. statcan.gc.ca (2009年7月28日). 2010年9月10日閲覧。
  36. ^ http://www.istat.it/it/archivio/129854
  37. ^ Council of Europe 2007, 131.
  38. ^ Turkish Embassy in Algeria 2008, 4.
  39. ^ Oxford Business Group 2008, 10.
  40. ^ Zaman. “Türk’ün Cezayir’deki lakabı: Hıyarunnas!”. 2012年3月18日閲覧。
  41. ^ Park 2005, 37.
  42. ^ Phillips 2006, 112.
  43. ^ Taylor 2004, 28.
  44. ^ a b c d Akar 1993, 95.
  45. ^ Zaman. “Türk işadamları Tunus’ta yatırım imkanı aradı”. 2013年3月27日閲覧。
  46. ^ Ertan, Fikret (1998), Tunus ve tarih, Zaman, http://arsiv.zaman.com.tr//1998/05/06/yazarlar/11.html .
  47. ^ Phillips, David J. (1 January 2001). Peoples on the Move: Introducing the Nomads of the World. William Carey Library. p. 301. ISBN 978-0-87808-352-7. http://books.google.com/books?id=54gyRnhIugkC&pg=PA301 2012年11月12日閲覧。. 
  48. ^ Özkaya 2007, 112.
  49. ^ International Strategic Research Organization, An Aspect that Gets Overlooked: The Turks of Syria and Turkey, http://www.usak.org.tr/EN/myazdir.asp?id=2784 2013年2月2日閲覧。 .
  50. ^ “A unified Syria without Assad is what Turkmen are after”, Today's Zaman, http://www.todayszaman.com/news-289267-a-unified-syria-without-assad-is-what-turkmen--are-after.html= 2013年2月2日閲覧。 .
  51. ^ ORSAM Report No: 83, The Turkmens of Syria, Quoted from page 16 (in Turkish): "Değişik kaynaklar ve saha çalışmasında elde edilen verilerden yola çıkarak Suriye Türkmenlerinin toplam nüfusu 3,5 milyon civarındadır."
  52. ^ Karpat 2004, 12.
  53. ^ Baedeker 2000, lviii.
  54. ^ Akar 1993, 94.
  55. ^ Al-Akhbar. “Lebanese Turks Seek Political and Social Recognition”. 2012年3月2日閲覧。
  56. ^ Tension adds to existing wounds in Lebanon”. Today's Zaman. 2011年4月6日閲覧。
  57. ^ National Statistical Institute of Bulgaria (2011年). “2011 Population Census in the Republic of Bulgaria (Final data)”. National Statistical Institute of Bulgaria. 2015年3月8日閲覧。
  58. ^ Sosyal 2011, 369.
  59. ^ Bokova 2010, 170.
  60. ^ Demographics of Greece”. European Union National Languages. 2010年12月19日閲覧。
  61. ^ Whitman 1990, i.
  62. ^ http://www.stat.gov.mk/pdf/kniga_13.pdf
  63. ^ Republic of Macedonia State Statistical Office 2005, 34.
  64. ^ Knowlton 2005, 66.
  65. ^ Abrahams 1996, 53.
  66. ^ (ルーマニア語) "Comunicat de presă privind rezultatele definitive ale Recensământului Populaţiei şi Locuinţelor – 2011", at the 2011 Romanian census site; accessed July 11, 2013
  67. ^ Phinnemore 2006, 157.
  68. ^ Constantin, Goschin & Dragusin 2008, 59.
  69. ^ 2011 census in the Republic of Kosovo
  70. ^ 2010 Russia census
  71. ^ Ryazantsev 2009, 172.
  72. ^ Агентство Республики Казахстан по статистике. Этнодемографический сборник Республики Казахстан 2014.
  73. ^ a b c Aydıngün et al. 2006, 13.
  74. ^ Kyrgyz 2009 census
  75. ^ IRIN Asia. “KYRGYZSTAN: Focus on Mesketian Turks”. 2010年3月17日閲覧。
  76. ^ Переписи населения Азербайджана 1979, 1989, 1999, 2009 годов
  77. ^ UNHCR 1999, 14.
  78. ^ NATO Parliamentary Assembly. “Minorities in the South Caucasus: Factor of Instability?”. 2012年1月16日閲覧。
  79. ^ a b Religion, Secularism and the Veil in Daily Life Survey”. Konda Arastirma (2007年9月). 2009年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  80. ^ IHGD - Soru Cevap - Azınlıklar”. 2015年3月18日閲覧。
  81. ^ THE ALEVI OF ANATOLIA: TURKEY'S LARGEST MINORITY”. 2015年3月18日閲覧。
  82. ^ Shi'a”. 2015年3月18日閲覧。
  83. ^ ReportDGResearchSocialValuesEN2.PDF
  84. ^ 35,000 Moslems convert into Christianity each year in Turkey.
  85. ^ TURKEY - Christians in eastern Turkey worried despite church opening”. 2015年3月18日閲覧。
  86. ^ BBC News - When Muslims become Christians”. 2015年3月18日閲覧。
  87. ^ Cinnioglu, C.; King, R.; Kivisild, T.; Kalfoğlu, E.; Atasoy, S.; Cavalleri, G. L.; Lillie, A. S.; Roseman, C. C.; Lin, A. A.; Prince, K.; Oefner, P. J.; Shen, P.; Semino, O.; Cavalli-Sforza, L. L.; Underhill, P. A. (2004). "Excavating Y-chromosome haplotype strata in Anatolia". Human Genetics 114 (2): 127–148. doi:10.1007/s00439-003-1031-4. PMID 14586639. edit[3]