インクレディブル・ファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インクレディブル・ファミリー
Incredibles 2
監督 ブラッド・バード
脚本 ブラッド・バード
出演者 ホリー・ハンター
サミュエル・L・ジャクソン
製作会社 ピクサー・アニメーション・スタジオ
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年6月15日
日本の旗 2018年8月1日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $200,000,000[1][2]
前作 Mr.インクレディブル(Mr.インクレディブルシリーズ)
リメンバー・ミー(ピクサー作品全般)
次作 トイ・ストーリー4
テンプレートを表示

インクレディブル・ファミリー』(原題:Incredibles 2)は、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作によるアメリカ合衆国アニメーション映画。全米で2018年6月15日、日本で同年8月1日公開予定。監督はブラッド・バード[3]。キャッチコピーは「家事!育児!世界の危機!」。

概要[編集]

2004年公開の『Mr.インクレディブル』の続編であり、ピクサーの長編映画としては『リメンバー・ミー』に次ぎ『トイ・ストーリー』から数えて20作目となる。

あらすじ[編集]

人々を救うため街を襲うアンダーマイナーと戦うも、戦いで街を破壊したため警察に事情聴取されることとなったパー一家。そんな中、イラスティガールことヘレン・パーがヒーローの復活が掛かった新たな任務を任される。彼女が任務で家を留守にしている間、ヘレンの夫にして伝説のヒーローであるMr.インクレディブルことボブ・パーは、子守のために留守番をすることとなる。しかし、新たな敵の出現により、ヘレンや街の人々はピンチに陥る。

登場人物[編集]

パー一家[編集]

イラスティガール (Elastigirl)
本名、ヘレン・パー (Helen Parr)。パー家の母親にして、ボブと同様に伝説のヒーロー。ゴムのように伸び縮みさせることのできる身体の持ち主。今回はヒーロー復活を掛かったある任務を引き受け、家のことをボブに任せて外出中。
Mr. インクレディブル (Mr. Incredible)
本名、ロバート・パー (Robert Parr)。通称、ボブ(Bob)。パー家の父親にして、伝説のヒーロー。車を持ち上げる、猛スピードの電車を止められるなど、驚異的な怪力の持ち主。任務で出ているヘレンに代わって家事育児のことを担当するが、悪戦苦闘の日々を過ごすこととなる。
ヴァイオレット・パー (Violet Parr)
通称、ヴァイ (Vi)。パー家の長女。自分らの周りに紫色の強力なバリアを張り身を守ることができる。また、自らを透明化することもできる。
ダッシュ (Dash)
フルネーム、ダッシェル・ロバート・パー (Dashiell Robert Parr)。パー家の長男。10歳。時速300km以上の超音速で走ることができ、その速さはビデオでも捉えられず、水上も走れるほど。
ジャック=ジャック・パー (Jack-Jack Parr)
パー家の次男。前作の終盤でパワーが覚醒し、目からレーザー光線を発射する、全身を炎に包む、怒ると怪物の様な姿に変身する、瞬間移動ができる、分身ができるなど、多数のスーパーパワーの持ち主。

パー一家の関係者[編集]

フロゾン (Frozone)
本名、ルシアス・ベスト (Lucius Best)。ボブの古くからの親友。空気中の水分を瞬時に氷結させることができるパワーを持っている。
エドナ・モード (Edna Mode)
通称、E。スーパーヒーローのスーツを手がける世界的なデザイナー。ボブとヘレンとは旧知の仲。日本人とドイツ人のハーフでもある。

その他[編集]

ウィンストン・ディーヴァー (Winston Deavor)
電気通信会社を率いる実業家。スーパーヒーローの大ファンである。
エヴリン・ディーヴァー (Evelyn Deavor)
ウィンストンの妹。発明家。
スクリーンスレイヴァー (Screenslaver)
本作のディズニー・ヴィランズ。テレビ画面などをジャックして人々の行動を操る。
アンダーマイナー (Underminer)
本作のディズニー・ヴィランズ。誰よりも深い地底に住んでおり、超巨大掘削ドリルに乗って地中から出現し、平和な日々を壊すべく街を襲う。

声の出演[編集]

キャラクター 英語 日本語
イラスティガール
ヘレン・パー
ホリー・ハンター 黒木瞳[4]
Mr. インクレディブル
ボブ・パー
クレイグ・T・ネルソン 三浦友和[4]
ヴァイオレット・パー サラ・ヴォーウェル 綾瀬はるか[4]
ダッシュ・パー ハック・ミルナー 山崎智史
ジャック=ジャック・パー イーライ・フシール
フロゾン

ルシアス・ベスト

サミュエル・L・ジャクソン 斎藤志郎
ウィンストン・ディーヴァー ボブ・オデンカーク
エヴリン・ディーヴァー キャサリン・キーナー
エドナ・モード ブラッド・バード 後藤哲夫
リック・ディッカー ジョナサン・バンクス 小林清志
トニー・ライディンジャー マイケル・バード 鈴村健一
ヴォイド ソフィア・ブッシュ 小島瑠璃子[5]
クルシャウアー フィル・ラマール
ヘレクトリクス サンシャイン池崎[5]
リーフラークス ポール・エイディング
アンバサダー イザベラ・ロッセリーニ
スクリーンスレイヴァー ビル・ワイズ
アンダーマイナー ジョン・ラッツェンバーガー 高田延彦[4]
ハニー・ベスト キンバリー・アデア・クラーク 真山亜子
中田翔[6]
高梨雄平[6]
山川穂高[6]
鈴木大地[6]
安達了一[6]
柳田悠岐[6]

企画[編集]

公開日は、2015年8月に行われた「D23 EXPO 2015」で初めて公表された。当初の公開日は2019年6月21日とされていたが、『トイストーリー4』と入れ替わり2018年6月15日に前倒しされることが、2016年10月に発表された[3][7]

2017年11月18日にYouTubeのピクサー公式アカウントで公開された本作のティザー予告編は、公開24時間で再生回数1億1300万回を記録し、アニメーション映画の予告編としては過去最高の記録となった[8]

興行成績[編集]

全米[編集]

2018年6月15日に全米で公開され、公開3日間の興行収入が1億8000万ドルを突破し、『ファインディング・ドリー』の1億3510万ドルを大きく上回り、アニメーション映画としては歴代1位のオープニング記録となった[9]。そして、公開から24日時点での累計興行収入が約5億438万ドルとなり、アニメーション史上歴代最大のヒット作となった。また、累計興行収入が5億ドルを突破した作品としても初のアニメーション作品となる[10]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Tom Brueggemann (2018年6月17日). “Pixar to the Rescue! ‘Incredibles 2’ Sets Records, and Revives Hope for the Summer Box Office”. IndieWire. 2018年6月18日閲覧。
  2. ^ Anousha Sakoui (2018年6月16日). “'Incredibles 2’ Smashes Record, a Balm for Disney After ‘Solo’”. Bloomberg. 2018年6月18日閲覧。
  3. ^ a b ‘Incredibles 2’ Hitting Theaters a Year Early, ‘Toy Story 4’ Pushed Back to 2019
  4. ^ a b c d “「インクレディブル・ファミリー」三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、高田延彦が続投”. 映画ナタリー. https://natalie.mu/eiga/news/278852 2018年4月20日閲覧。 
  5. ^ a b “「インクレディブル・ファミリー」小島瑠璃子、サンシャイン池崎が吹替キャストに”. 映画ナタリー. https://natalie.mu/eiga/news/286741 2018年6月15日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f “「インクレディブル・ファミリー」で中田翔、柳田悠岐らパ・リーグ選手が声優初挑戦”. 映画ナタリー. https://natalie.mu/eiga/news/287580 2018年6月23日閲覧。 
  7. ^ 「トイ・ストーリー4」公開延期!「Mr.インクレディブル2」が前倒しに 映画.com (2016年10月13日) 2016年10月13日閲覧。
  8. ^ Incredibles 2 is the most-viewed animated movie trailer ever EW.com (2017年11月20日) 2015年12月10日閲覧。
  9. ^ “「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画として全米史上No.1のオープニング成績 : 映画ニュース - 映画.com” (日本語). 映画.com. https://eiga.com/news/20180618/13/ 2018年6月18日閲覧。 
  10. ^ “「インクレディブル・ファミリー」アニメ映画として全米史上No.1の大ヒット達成 : 映画ニュース - 映画.com” (日本語). 映画.com. https://eiga.com/news/20180710/22/ 2018年7月18日閲覧。 

外部リンク[編集]