サッポロファクトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッポロファクトリー
SAPPORO FACTORY
アトリウム(2006年)
アトリウム(2006年)
店舗概要
所在地 060-0032
札幌市中央区北2条東4丁目
座標 北緯43度03分56秒 東経141度21分48秒 / 北緯43.06556度 東経141.36333度 / 43.06556; 141.36333座標: 北緯43度03分56秒 東経141度21分48秒 / 北緯43.06556度 東経141.36333度 / 43.06556; 141.36333
開業日 1993年4月9日[1]
施設所有者 サッポロ不動産開発
施設管理者 サッポロ不動産開発
施工 サッポロファクトリー建設工事JV
商業施設面積 36,773 m²[2]
延床面積 159,975 m²[3]
店舗数 約160
最寄駅 ST Logo.svg Subway SapporoTozai.svg バスセンター前駅
外部リンク サッポロファクトリー
大成建設

サッポロファクトリー (SAPPORO FACTORY) は、札幌市中央区にある複合商業施設

概要[編集]

1876年明治9年)操業の「開拓使麦酒醸造所」跡地であり、サッポロビールの「札幌第一工場」(札幌第1製造所)として1989年平成元年)までビールを生産していたエリアを再開発して複合商業施設にした[4][5][6]。高さ39 m、幅34 m、全長84 mある全天候型のアトリウムを中心にショッピングモール、アミューズメント施設、レストランフィットネスクラブホテルなどの施設があり、それぞれの建物は連絡通路で接続している[4]。アトリウム東側には企業神社の「構内札幌神社」がある。また、屋内外にイベントスペースを設けており[7]、様々なイベントを開催している。11月上旬から12月下旬までアトリウムに十勝の広尾町から運んできた巨大なクリスマスツリーを飾っている[8]

冬の長い北国での巨大空間施設として省エネルギー対策を導入した建築になっており[4]天然ガスを利用したコジェネレーションによって館内で使用する電気を発電し、その際に発生する排熱を冷暖房や給湯、ロードヒーティングに有効利用している[9]。『第6回札幌市都市景観賞』[10]、「サッポロフロンティアタウンズ/サッポロファクトリー&ポプラ館」として『第35回BCS賞[11]、「サッポロファクトリーアトリウム」が『第6回省エネルギー建築賞』を受賞している[12]

第3駐車場を閉鎖して新たな商業施設を建設しているほか[13]創成川東での再開発事業の1つ「北4東6周辺地区」では地区内のマンションや札幌市中央体育館などと3条館を空中歩廊で結ぶ計画になっている[14][15]

沿革[編集]

開業当初は、現在の「ユナイテッド・シネマ札幌」が入居している建物のみを一条館、「ペットランドプラス」などが入居している建物を二条南館、現在の2条館を二条北館と呼称していた[16]

  • 1993年平成05年):「生活工房・サッポロファクトリー」開業[17]
  • 2006年(平成18年):フロンティア館営業開始。これに伴い、二条南館を一条館に統合し、二条北館を二条館と改称。
  • 2007年(平成19年):「サッポロ都市開発」設立[17]
  • 2014年(平成26年):「サッポロ不動産開発」がサッポロ都市開発を吸収合併[17]

施設[編集]

1条館[編集]

キッチンライフを提案するショールーム、ペットショップ、クライミングジム、シネマコンプレックスゲームセンター100円ショップ複合カフェなどが集まっている。芸能事務所の「よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社」が入居している。かつては日産自動車のショールーム[18]北海道電力(ほくでん)の省エネルギー節電に関する情報館があった[19]

ユナイテッド・シネマ札幌[編集]

ユナイテッド・シネマ札幌
United Cinemas Sapporo
Sapporo-fa.jpg
情報
正式名称 ユナイテッド・シネマ札幌
旧名称 パラマウント・ユニバーサルシネマ11
開館 1998年6月20日
開館公演 ディープ・インパクト
ミミ・レダー監督)他
客席数 2,592席(11スクリーン)
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DLP
用途 映画上映
運営 ユナイテッド・シネマ株式会社
所在地 060-0031
札幌市中央区北1条東4丁目 サッポロファクトリー1条館2F
公式サイト ユナイテッド・シネマ札幌
特記事項 略歴
1998年:パラマウント・ユニバーサルシネマ11として開業
2004年1月:ユナイテッド・シネマ札幌に改称
2010年11月:IMAXデジタルシアター導入
2015年7月:4DXシアター導入

1993年(平成5年)に1スクリーンの「サッポロアイマックスシアター」(IMAX 15/70導入)としてオープンし、1998年(平成10年)に11スクリーンのシネマコンプレックス「パラマウント・ユニバーサルシネマ11」になった[20]。2004年(平成16年)に「ユナイテッド・シネマ札幌」と改称した。

スクリーン詳細
シアターNo. 収容人数 備考
1 96人 4DXデジタルシアター[21]
2 216人
3 188人
4 321人 デジタル3Dシネマ
5 190人
6 266人
7 188人
8 167人 デジタル3Dシネマ
9 316人
10 186人
11 2D・IMAX/458人
3D・IMAX/412人
IMAXデジタルシアター[22]

2条館[編集]

2条館(左)と1条館(右)(2008年1月)

札幌市内随一のアウトドア&スポーツのショップはじめ、ファッション、生活雑貨、レストランなどの店舗が並ぶファッション館。4階にはショールーム、医療モール、市税事務所(札幌市中央市税事務所)がある[23]

かつては温泉施設の「サッポロスプリングス」があり、運営会社の変更に伴い「ワンデイスパサッポロファクトリー店」、「温泉リゾート サリア」と改称していったが、2009年(平成21年)2月1日に営業終了した[24]。また、マイセンの名品を集めた「札幌マイセン美術館」があった[25][26]

3条館[編集]

インテリア、生活雑貨、ファッションなどのショップやレストランを展開しているほか、銀行郵便局オフィスなどもある。

フロンティア館[編集]

スーパーマーケットドラッグストアなど生活に密着した店舗をはじめ、インテリアや雑貨ショップ、カフェなどがある。また、「サッポロビール北海道本社・北海道本部」[27]、「在札ドイツ連邦共和国名誉領事事務所」が入居している。

アトリウム[編集]

2条館と3条館を繋いでいるアトリウムは、サッポロファクトリーのシンボル的存在になっている。アトリウム内には1年中緑に包まれた開放感のある屋内庭園が広がって憩いの場になっているほか、様々なイベントの会場に利用している。

レンガ館[編集]

レンガ館(2007年)

北海道内の作家が手がけるアート・クラフトの店舗や工芸品、工芸雑貨の店舗などがあるほか、サッポロビールの歴史を知ることができる施設、地ビールの販売施設や貯酒タンクを配置していたトンネルを改修したビアホールもある[3]。また、芸能事務所の「テアトルアカデミー札幌校」が入居している。「旧札幌麦酒会社工場」として『さっぽろ・ふるさと文化百選』に選定されている。かつては天体博物館の「天体工場」、「ミニワールドミュージアム」[28]、「札幌市写真ライブラリー」があった[29]

西館[編集]

ホテル、レストラン、会員制のフィットネスクラブ多目的ホールがある。

ホテルクラビーサッポロ[編集]

ホテルクラビーサッポロ
HOTEL CLUBBY SAPPORO
Sapporo factory west.JPG
西館外観(2010年3月)
ホテル概要
設計 大成建設[30]
運営 サッポロ不動産開発
階数 地下1階 - 地上6階
延床面積 14,065 m²
最寄駅 ST Logo.svg Subway SapporoTozai.svg バスセンター前駅
所在地 〒060-0032
札幌市中央区北2条東3丁目 サッポロファクトリー西館
公式サイト ホテルクラビーサッポロ 公式サイト
テンプレートを表示

クラビーとは「愛想のいい、人付き合いのいい」といった意味がある[4]

  • 客室
    • デラックスツイン (39.4 m²)
    • デラックスダブル (39.4 m²)
    • スーペリアツイン (39.4 m²)
    • スーペリアダブル (29.3 m²)
    • ワンベッドルーム (29.3 m²)
    • スタンダードツイン (39.4 m²)
    • トリプルルーム (39.4 m²)
    • ファンクションルーム (60.0 m²)
  • 宴会・会議
    • ゲストハウスバーレイ (200 m²)
  • レストラン
    • リストランテ イル・モメント
  • ウェディング

サッポロファクトリーホール[編集]

サッポロファクトリーホール
SAPPORO FACTORY HALL
情報
収容人員 最大660人
用途 コンサート演劇、展示・商談会、会議・セミナー、パーティーなど
運営 サッポロ不動産開発
所在地 060-0032
札幌市中央区北2条東3丁目
公式サイト サッポロファクトリーホール | サッポロファクトリーイベントスペース
  • 1Fホール (578m²、天井高6 m)
  • ロビー (71 m²)
  • 倉庫 (52 m²)
  • パントリー (22 m²)
  • 荷捌室 (21 m²)
  • 2Fキャットウォーク (162 m²、高さ3.5 m)
  • 控室 (55 m²)
  • B1トイレ

アクセス・駐車場[編集]

永山記念公園(旧永山武四郎邸)が隣にある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新名所「サッポロファクトリー」オープン”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1003年4月9日). 2017年4月21日閲覧。
  2. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会. p. 1. 2017年4月21日閲覧。
  3. ^ a b Vol.27 サッポロファクトリー”. WEB.LIBRARY.TAISEI. 大成建設. 2017年4月20日閲覧。 “地図に残る仕事”
  4. ^ a b c d サッポロファクトリー.
  5. ^ コミュニケーションスペースとして(サッポロファクトリー)”. サッポロビール. 2017年4月23日閲覧。
  6. ^ ビール工場跡地地区”. 札幌市. 2017年4月21日閲覧。
  7. ^ サッポロファクトリーイベントスペース”. サッポロ不動産開発. 2017年4月21日閲覧。
  8. ^ 【ビデオ】広尾町のジャンボクリスマスツリー 今年もサッポロファクトリーで輝く”. リアルエコノミー (2016年11月4日). 2017年4月20日閲覧。
  9. ^ ファクトリーアドベンチャーの施設見学”. 北海道ガス. 2017年4月21日閲覧。
  10. ^ 第6回都市景観賞”. 札幌市. 2017年4月21日閲覧。
  11. ^ サッポロフロンティアタウンズ/サッポロファクトリー&ポプラ館”. BCS賞受賞作品. 日本建設業連合会. 2017年4月20日閲覧。
  12. ^ 第6回(平成7年度)省エネルギー建築賞 受賞建築物”. 建築環境・省エネルギー機構. 2017年4月20日閲覧。
  13. ^ “サッポロファクトリー隣地の駐車場跡地に新たな商業施設建設 「(仮称)N3E4プロジェクト」計画概要について” (PDF) (プレスリリース), サッポロ不動産開発, (2016年7月26日), http://www.sapporo-re.jp/news_release/pdf/20160726/20160726.pdf 2017年4月21日閲覧。 
  14. ^ “札幌・北4東6周辺再開発の業務代行者はフジタら4社共同体に”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2016年5月20日). http://e-kensin.net/news/article/9079.html 2017年4月21日閲覧。 
  15. ^ 北4東6周辺地区”. 札幌市. 2017年4月21日閲覧。
  16. ^ 『サッポロファクトリー オフィシャルガイドブック』 サッポロビール開発、1993年、41頁。
  17. ^ a b c 沿革”. サッポロ不動産開発. 2017年4月21日閲覧。
  18. ^ その後「日産札幌ギャラリー」は中央区南1西3の「ラ・ガレリア」1・2階に移転したが、2013年(平成25年)3月31日を以って閉館した。
  19. ^ “「ほくでん住まいの省エネ情報館マドレ」の閉館について” (プレスリリース), 北海道電力, (2014年7月1日), http://www.hepco.co.jp/info/info2014/1189603_1638.html 2017年4月21日閲覧。 
  20. ^ シネコン「シネマ11」20日札幌にオープン*味わえるハリウッドの雰囲気*新たな客層開拓狙う*リアルな3D映画も。”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1998年6月12日). 2017年4月21日閲覧。
  21. ^ “2015年 夏、ユナイテッド・シネマ札幌に、史上最速「初雪」が降る!? 体感型アトラクション・シアター 4DX <札幌・前橋・春日部>同時オープン!!” (PDF) (プレスリリース), ユナイテッド・シネマ, (2015年5月), http://www.unitedcinemas.jp/img/release/2015/2015052089.pdf 2017年4月21日閲覧。 
  22. ^ ““感動”を超える“体験” IMAX?・デジタルシアター ユナイテッド・シネマ4劇場に、今冬オープン決定! 《ユナイテッド・シネマ札幌、浦和、キャナルシティ13ほか》” (PDF) (プレスリリース), ユナイテッド・シネマ, (2010年9月), http://www.unitedcinemas.jp/img/release/2010/2010093021.pdf 2017年4月21日閲覧。 
  23. ^ 中央市税事務所”. 札幌市. 2017年4月21日閲覧。
  24. ^ サヨナラサリア祭2月1日まで毎日500円withゴッドフィッシュセラピー半額”. みつけた♪パカラ探検隊. 札幌100マイル (2009年1月29日). 2017年6月2日閲覧。
  25. ^ 磁器に見るドイツの美*マイセン美術館*きょうオープン*札幌”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1997年2月14日). 2017年4月21日閲覧。
  26. ^ 札幌マイセン美術館の「アートフォーラム」が民事再生法を申請”. 不景気.com (2009年11月28日). 2017年4月21日閲覧。
  27. ^ 事業場一覧”. サッポロビール. 2017年4月22日閲覧。
  28. ^ 50分で世界一周*ミニワールドミュージアム*30日オープン*札幌”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1996年3月22日). 2017年4月21日閲覧。
  29. ^ 札幌市写真ライブラリーの廃止について”. 札幌市. 2017年4月21日閲覧。
  30. ^ 生活工房・サッポロファクトリー ホテルクラビーサッポロ (PDF)”. 大成建設. 2017年4月20日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]