ロードヒーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埋設作業
ロードヒーティングの効果

ロードヒーティングは、道路の融雪及び凍結防止のため路面の温度を上げる施設である。

概要[編集]

車道や歩道の舗装内に埋設し電熱線類やパイプに温水を循環させて路面を加熱する。気象状況や路面状況によって連続運転させたり、断続運転により防雪、凍結防止目的とした運用方法となる。車両用道路だけではなくバリアフリー対策を兼ねて市街地の歩道にも設置されている。高速道路では寒冷地以外でもトンネル出口や橋梁凍結防止等の短距離区間に設置される。

過去事例では施工費が高いため、北海道や山間部のように、気温が低く消雪パイプ凍結により利用できない地域で用いられてきた。運用後もランニングコストが財政を圧迫し、使用を停止する場合も少なくはない。温水を循環させる場合の熱源は、清掃工場の余熱や、ガス灯油などを燃料とした温水ボイラーを用いるものが多い。ヒートポンプや他の廃熱を利用するものもある。

近年では、維持管理費の問題を解決すべく風力発電水力発電や、路床に手を加えて地中の熱を利用可能にした技術や、海水・湖水・温泉の高温排水といった自然エネルギーを利用したロードヒーティングの総合的な取組みでコスト削減が行われている。

家庭用にも普及し、埋設しない小規模なロードヒーティングがあり、電力会社各社による融雪用電力のための安価な料金プランが設定されている地域もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]