札幌インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌インターチェンジ
所属路線 E5 道央自動車道
IC番号 1
料金所番号 05-101(出入口・下り本線)
05-100(上り本線)
本線標識の表記 国道274号標識 札幌 白石
起点からの距離 0.5km(札幌JCT※起点)
札幌JCT (0.5km)
(6.6km) 江別西IC
接続する一般道 国道274号標識国道274号
南7条米里通
供用開始日 1983年11月9日
通行台数 20,043台/日(平成24年度[1]
所在地 003-0873
札幌市白石区米里3条3丁目4-1
備考 旭川方面出入口のみのハーフIC
※札幌JCTは営業路線上の起点
テンプレートを表示
札幌ジャンクション/インターチェンジの概要

札幌インターチェンジ(さっぽろインターチェンジ)は、札幌市白石区米里にある道央自動車道ハーフインターチェンジ。旭川方面への出入口が設置されている。

また、札幌JCTの役割も果たしており、札幌料金所がある[2]。なお、通常の本線料金所と異なり、直進(内)側がIC出口料金所、分岐(外)側が本線料金所となっている。

旭川方面から走行してきた場合、札幌ICを利用して道央道(苫小牧・千歳方面)や札樽道(小樽方面)へ向かう車両は、本線料金所で札幌ICまでの料金と均一区間の料金をまとめて支払う。道央道(苫小牧・千歳方面)や札樽道(小樽方面)から走行してきた場合はすでに均一区間料金を支払っているので、札幌ICから流入してくる車と同じ料金所を利用して通行券授受またはETC流入情報入力を行う[3]

札幌ICから苫小牧方面や小樽方面へは行けない。該当する車両は札幌ICを利用せず一般道を走行し北郷ICまたは雁来ICを利用することになる。

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

札幌本線料金所から見た道央道・札樽道分岐
  • 総ブース数:14
入口(札幌JCTから流入してきた車両と共用)
出口
  • ブース数:5
    • ETC専用:2
    • 一般:3
本線料金所(苫小牧・小樽方向)
  • ブース数:4
    • ETC専用:2
    • 一般:2

[編集]

E5 道央自動車道
(1)札幌IC - (2)江別西IC
E5 道央自動車道上り線(苫小牧・千歳方向)
(2)江別西IC - 札幌TB - 札幌JCT - (1)北郷IC
E5A 札樽自動車道上り線(小樽方向)
(2)江別西IC - 札幌TB - 札幌JCT - (1)雁来IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高速道路車種、インターチェンジ別交通量 Page white excel.png (XLS)
  2. ^ 本線料金所ご利用時の通行料金およびETC時間帯割引について”. ドラぷら. 東日本高速道路(NEXCO東日本). 2014年9月10日閲覧。
  3. ^ 札樽道(小樽IC⇔札幌西)の料金体系・注意事項/均一料金区間(札幌西IC⇔札幌南)の注意事項 (PDF)”. 東日本高速道路(NEXCO東日本). 2014年9月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]