白老インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:インターチェンジ施設の画像提供をお願いします。2016年3月
白老インターチェンジ
所属路線 E5 道央自動車道
IC番号 19
料金所番号 05-008
本線標識の表記 国道36号標識 白老
起点からの距離 80.6 km(札幌JCT起点)
萩野PA (12.7 km)
(4.5 km) 樽前SA
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
北海道道86号標識
北海道道86号白老大滝線
供用開始日 1983年昭和58年)11月30日
通行台数 1,392台/日(2008年6月度)
所在地 059-0913
北海道白老郡白老町緑町
北緯42度33分53.8秒 東経141度19分43.8秒 / 北緯42.564944度 東経141.328833度 / 42.564944; 141.328833座標: 北緯42度33分53.8秒 東経141度19分43.8秒 / 北緯42.564944度 東経141.328833度 / 42.564944; 141.328833
テンプレートを表示

白老インターチェンジ(しらおいインターチェンジ)は、北海道白老郡白老町緑町にある道央自動車道インターチェンジ

歴史[編集]

周辺[編集]

民族共生象徴空間(ウポポイ)、白老駅白老港への最寄ICになっている。また、近くにある白老川河川敷は『白老牛肉まつり』の開催場所となっている。

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:6

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:4

[編集]

E5 道央自動車道
(18)登別東IC - 萩野PA - (19)白老IC - 樽前SA - (20)苫小牧西IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ハイウェイウォーカー北海道版2018年11月号においては従来の番号が記載[3]、2018年12月号では新しい番号が記載されている[4]
  2. ^ うち2ブースは収受ブースが撤去されている

出典[編集]

  1. ^ 白老町の歴史”. 白老町. 2017年3月24日閲覧。
  2. ^ 広報のぼりべつ (PDF)”. 登別市. p. 5 (1985年11月). 2017年3月24日閲覧。
  3. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 11月号(No.38) 北海道エリアマップ (PDF)”. NEXCO東日本. 2019年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月28日閲覧。
  4. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 12月号(No.39) 北海道エリアマップ (PDF)”. NEXCO東日本. 2019年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月28日閲覧。
  5. ^ a b 工業団地のご紹介”. 白老町. 2014年9月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]